アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
旅先にて
思わず、背筋が伸びるような。
c0001023_22134852.jpg

ほんとうのおにぎり名人は、
ささっと3回握るだけで形を整えてしまうように、
ほんとうの料理名人は、
少しだけ手加減して食べものをこしらえるのだろう。
そんな手加減が心地よい余韻になるから、
また、この朝ごはんを食べるために
あの宿で、長い夜を過ごしたくなる。
by asian_hiro | 2008-09-16 23:04 | | Comments(2)
Commented by tomily at 2008-09-16 23:53
hiroさん、おはようございます。
ついこの間までは同じ挨拶の言葉だったのが、今は反対になっちゃって、そういう時に実感ってわくものですね。

物事に正しい、間違ってるってないんじゃないかなぁと思うんだけど、でも、この朝ご飯を見ると、「正しい食事」と思わずにはいられません。
体を通して、心までが正されるような、そんな食事。
シンプルに、手をかけすぎることなく、自然の流れに沿った食事というものは素敵ですね。
わたしもこんな朝ご飯をごちそうになりたいです^^
Commented by asian_hiro at 2008-09-17 07:23
>tomilyさん
正しいかそうじゃないか、という基準は
きっと人それぞれだと思うけれど、
食べてこころが満足するなら、たぶん「正しい」ほうに
入るのでしょうね。
こんな朝ごはんが毎日食べられたら、
生活のすべての流れが少しだけ変わりそうです。
<< トマト ロシアのパン >>