アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
浅草、鳥多古
場所は浅草、1日5組までの鳥料理屋さん
なんと、お店のドアはいつも鍵がかかっている! 
全員そろったらドアを叩き、「あけてちょうだいな」とお願いします。
c0001023_028597.jpg

スタートは焼き鳥で。
歯ごたえのあるつくねはタレで、パツンパツンのレバーは塩で、そして食べ応えのある正肉は大根おろしでいただきます。
c0001023_028383.jpg

「肉は生なら生なほどよい」という私にとって、鳥わさはこの上ない大好物!
c0001023_0291097.jpg

3名以上で出される「鶏の酒蒸し」。




下町チャキチャキのおばちゃんに「それじゃ大きすぎ!」と注意されながら、まずは一口大に鳥肉をカット。
それをタルタルのようなソース、キノコのソテーと混ぜ合わせ、バゲットに載せて召し上がれ!
c0001023_0294473.jpg

そう、バゲット。
なんとこのお店は予約の電話で、「必ずバゲットを持参して来てください」と言われるのです。
「パンも好きなら鶏も好き」の私たちにとって一挙両得!
「その人数なら何本くらい…」と指示されるんだけど、私たちは明らかに2倍以上ものバゲットを食べていた。
いや、ホントにおいしかったよ! 鶏も、もちろんバゲットも。
c0001023_0483569.jpg

メインは生卵でいただく「たたき鍋」。
おばちゃんがチャッチャカ手際よくつみれを作って鍋に入れてくれる。
「白菜は上に載せて」「春菊はまだ早い」「手羽先はだしを取るために入れるんだから、絶対に(←強調)先に食べちゃダメよ」などなど、ポンポンと注意が飛ぶけど、それをまったく嫌味に思わせないのが、鍋の味と下町の風情かなあ。
そして、ここでもバゲットを食べ続ける私たち。
だって、「バゲット+生卵+煮汁」のコンビネーションはまさに絶品なんだもの!
これから家でも真似しよう…手羽先でだしを取ることはできなくても、まあ、せめてめんつゆで。
最後にうどんでシメて、ぬかづけで口直し。デザートにはオレンジを。
飲み、食べ、笑い、今日も幸せな晩ご飯。
きっと笑いジワは5本ほど増え、体重は2キロほど増えただろうな…。
by asian_hiro | 2006-06-15 00:58 | グルメ | Comments(15)
Commented by b_nomad at 2006-06-15 01:14
バケット持参の鶏屋さん、おもしろいですね。
一見和風なのに、このソースおいしそうです。
がちゃがちゃした楽しい感じ、写真からも伝わってきて思わず私も満足!ごちそうさま♪
Commented by at 2006-06-15 12:49 x
おいしそうな鶏屋さんですねー。
写真見てるだけでおなかがグゥ~って言っています。笑
僕もバケットに乗せて食べたい!
行けぬなら作ってしまえホトトギス!!
Commented by うるま at 2006-06-15 16:06 x
めっちゃ美味しそう!!
写真だけで美味しさが伝わってくる感じw
いいなぁ~ 仲間に入れて欲しいです。
Commented by aamui at 2006-06-15 17:10
面白いお店ですね 5組そろうまで待つ(;_;)/~~~
やたら威張るのはいやですが 仕事へのこだわりはOKですね
Commented by asian_hiro at 2006-06-15 23:31
>b_nomadさん
和食なのにバゲットというミスマッチがいいですよね!
でもね、最後の鍋にバゲットを突っ込んで食べるのも
またおいしかったんですよー。
シミシミになったお麩みたいで。
これはぜひ自宅でも真似したいです。すき焼きのときなどに。
Commented by asian_hiro at 2006-06-15 23:32
>禅さん
「行けぬなら…」って、本当に禅さんなら実行しそうですね!
近々、鍋+バゲットがブログにアップされるかも。
あ、もちろん生卵も忘れないでくださいね!
できれば鶏の酒蒸しも作って欲しいです。
で、レシピを考案して教えてください(笑)
Commented by asian_hiro at 2006-06-15 23:34
>うるまさん
ぜひぜひどうぞ、お仲間に!
本当においしかったんですよー。
1日しか経っていないというのに、また食べに行きたくなりました。
でも、このお店へ行くなら酒蒸しが付く3人以上というのが必須です!
Commented by asian_hiro at 2006-06-15 23:35
>aamuiさん
いやいや、説明が悪くてごめんなさい。
「5組揃うまで待つ」のではないのですよ。
「MAX5組」ということみたいです。
なんせ、女性おふたりで切り盛りしているので、
それくらいの客数が限界みたいです。
そういうこだわりもいいなって思いました。
Commented by housecar at 2006-06-17 18:46
うわーい!まだそんな店があったんですか。そーゆー骨っぽいとこが
楽しいですよね。いいとこ教えていただきました。ありがとうございます。
Commented by at 2006-06-17 20:56 x
本当に作っちゃいました。笑
我流だから本物には遠く及びませんが、
自己満足とはわかっていながらも、
おいしかったですよ。笑
Commented by at 2006-06-17 20:57 x
事後報告になりますが、
せっかくなのでTBさせてもらいました。
初TB、どうぞ宜しくお願いします^^
Commented by asian_hiro at 2006-06-18 19:41
>housecarさん
いえいえ、こちらこそコメントありがとうございます。
ぜひ、housecarさんも行ってみてくださいな。
骨っぽい雰囲気と、絶品の鶏料理を堪能してください!
Commented by asian_hiro at 2006-06-18 19:42
>禅さん
ご報告、ありがとうございます! 早速ブログにお邪魔しましたよー。
昨日はなぜか見られなかったのです。
でも、今日はバッチリ! おいしそうでしたね!
私からもTBさせていただきますね。
Commented by ippopotamoo at 2006-06-22 17:14
すっごいカルチャーショック。やっぱり料理は、堅苦しい法則にとらわれず、美味しさを追求するものであるべきだな~って思いました。お店のこだわり方は雰囲気からして、バゲットなんてご法度的な感じですよね?(笑)

お店のチェックもしっかりさせていただきましたが(いつか行きたい!)、私も鳥の酒蒸&バゲットやってみようかしら~。
Commented by asian_hiro at 2006-06-22 23:23
>ippopotamooさん
そうですよね、なにも和食にバゲットを合わせちゃダメってことはないんですもんね。
お店の雰囲気には(失礼ながら)ほとんど似合わないような気もするのですが、味は本当に最高でした。
ippopotamooさんもぜひトライしてみてください!
禅さんのように、ユニークなアレンジも期待しています。
<< ameen's ove... ameen's ove... >>