アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
マインベッカーのドイツパン
南行徳にある「マインベッカー」。
c0001023_95142100.jpg

10月に入り、夏が少しだけ戻ってきたような昨日、「マインベッカー」へ行った。
小ぢんまりとしたお店には、ヨーロッパの民芸調な音楽が流れている。
どれにしようか店員さんと向き合いながら、あれこれ迷う優柔不断な私。
「わー、どうしよう。すみません、少し悩んでいいですか」と言った私に、店員さんは「どうぞどうぞ」とにっこりした。

写真のパンは土曜日限定「ヌスブロート(クルミのパン)」。
店員さんにオススメされて買ったもの。これが大当たり! 
香ばしいクルミとパリパリの皮、もっちりした生地がいいコンビネーションを生んでいる。
c0001023_9561945.jpg

店へ向かう直前に、たまたま友達からメールが来て「絶対にゲットすべし」と押されたプンパニッケル。
開店してすぐというのに、すでにハーフカットがひとつ残っているだけだった。
焼き立て直後は甘味が前面に立っていたけれど、一夜明けた今日はプンパ特有の酸味も加わり、バターをたっぷり置くように塗っていただいた。
これは確かにマストアイテムかも。教えてくれてありがとう!
c0001023_1003780.jpg

酸味のあるドライフルーツが大好物の私、「キルシュ=さくらんぼ」のパンも外せない。
胚芽交じりのこのパンは、クルミパンの生地とはまったくの別物。
ムギューッと頑張ってちぎり、もぐもぐと食べる。
そんな繰り返しであっという間になくなった。

もうひとつ、写真はないけれど「ケーゼモスリン」も私のツボにはまった。
ブリオッシュ生地にクリームチーズをのせたもの。
腰のあるブリオッシュと、甘酸っぱいクリームチーズが最高においしかったけれど、このパン屋さんのあと、いくつかの用事をこなすため持ち歩いていたら、見るも無残に型崩れ…。無念。

代官山とか恵比寿とか六本木とか、おしゃれな町にあるパン屋さんへ出かけるのもいいけれど、こういう住宅地にあるお店へ行くと、そこまでの道のりが意外に楽しい。
ここに住んだら、このスーパーで買い物して、バスはここから乗って、コンビニはここで、あ、郵便局もあるなんて想像しながら散歩するように歩いていく。
東京からそれほど遠くない位置にあるお店でも、「旅」と「パン」のミックスを味わえるような気がして、だからまた出かけて行ってしまうんだろうな。
by asian_hiro | 2005-10-02 10:15 | パンSPECIAL!!
<< 夜行列車 海辺のプージャ >>