アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ティルチラパッリ経由でマドライへ
今日の午前10時頃、マドライへ到着した。
結局、マハーバリプラムのあとはティルチラパッリという町へ行ったんだけど、そこへ行くまでがまた大変だった。

ホントはいったんチェンナイまで戻り、そこからティルチへ行こうと思っていた。
チェンナイからティルチへのバスは一晩中頻発していることを知っていたからだ。
だけど、その話をマハーバリの宿のおじちゃんにしたら「わざわざチェンナイまで戻らなくてもポンディチェリーへ行けば、そこからティルチへも行けるよ」と教えてくれた。
ポンディはインドにしては珍しく、フランスの影響を色濃く受けた町。
去年の夏も訪ねたところだ。
ポンディからティルチへのバスが本当に出ているのか不安だったが、まあ、地元の人が言うんだから出ているんだろ、と3日前の夜の9時過ぎ、これから家へ帰るというおじちゃんと一緒にポンディのバスを捕まえに行った。
(チェンナイからやって来るポンディのバスはマハーバリの町中まで入らない。町の端をかすめるようにしてポンディへ向かうのだ)
すんでのところでバス1台を逃し、次のバスまであと10分くらい待たなくちゃとおじさんと話していたら、そこへおじさんの知り合いらしき人がやってきた。
「え? ポンディからティルチ? バスはないよ」
彼はタミル語で言った(言葉はわからなくてもなんとなく通じる)。
「ティルチへ行くならヴィラプラムで乗り換えなくちゃ、な」
と、通りがかった知人へ同意を求める。
二人目の彼は丁寧にも英語でティルチへの行き方を説明してくれた。
あれだけ自信満々に「ポンディからティルチへ行け」と薦めたおじさんは立場なし。
そっか、仕方ないな、途中で乗り換えていくしかないかと思っていたら、二人目の彼が携帯電話を取り出してどこだかへ電話をかけ始めた。
「そうだ、フォーレナーだ、そう、レディーひとり。え? 間に合うか? オッケー、オッケー、わかった」と電話を切り、私に
「ラッキーだ、今から行けばティルチへダイレクトで行くバスをキャッチできるぞ」と言った。
は? ダイレクト?と思っている間に彼はどこからかバイクに乗った若い男性を連れてきた。
「彼にバスまで送ってもらうといいよ。じゃ、気をつけてよい旅を!」
そう言っておじさんも含め、3人がバイバーイと笑顔で見送ってくれた。
わけもわからずバイクの後部座席にまたがる私。
彼はバイクを発進させてから、自分はスペインの女性と結婚してバルセロナに住んでいること、今は休暇で里帰りしていることなど話してくれた。
休暇中にすみませんねえ、などと思っているうちバイクはあっという間にドライブインらしき建物の前に到着。
そこに止まっていたのはデラックスなエアコン付きバスだった。
「ティルチまで250ルピーだ。(あんたに払えるのか?)」
すぐさま車掌に尋ねられた。チェンナイ経由で行ってもポンディ経由で行っても、おそらく100ルピーほどしかかからないはずだ。250ルピーとは高すぎる!
しかし、バイクで送ってもらった手前いやだとも言えないので、仕方なくそのバスに乗ることにした。
バルセロナに住む彼はお金もチップも要求することなく、「じゃ」と颯爽と帰って行った。

そのバスに揺られながら考えた。
これはダイレクトだし、もしかして真夜中の変な時間にティルチへ着いてしまうんじゃないだろうか。
しかもこういう高級バスだ。インドでは乗ったことがないが、トルコあたりの場合だと、最終目的地以外の地点で降りるときは国道のど真ん中とか町のはずれの辺鄙なところとか、妙な場所で置き去りにされることが多かった。
3時や4時の真夜中に真っ暗な場所で降ろされたらどうしようと心配したが、幸い、そのバスが4時前に到着したのはティルチのバスターミナルのすぐそばにあるバス会社のオフィスだった。
バスを降り、そばにいたインド人に「ここどこ?」と聞いてからその道脇にどかっと座る。
そしてバッグからおもむろに蚊取り線香を3本取り出し、身の回りを固めてからリュックを枕に少し睡眠。
そんな外国人女を見て、まわりのインド人男性はあっけに取られたような顔をしていたような気がしなくもない。

ティルチには結局2泊した。
本当はもう少しいたかったんだけど、なにしろ宿が高かったのだ!
1日は日帰りでタンジョールへも行った。
めずらしくバリバリ観光モードで動いていたこの2日間だった。

そして今日はマドライへやって来た。
ここは6年前にも来たところ。そのときに泊まった宿は改装され、(外側だけだけど)すっかりきれいになっていた。
マドライは男の町だと前回に引き続いてそう思う。
ヒンドゥ寺院のまわりは物乞いと客引きのオンパレードで、歩くのさえ一苦労するほどなんだけど、ここにはほかの南インドの町にはない力強さとたくましさがある。
明日は1日かけてゆっくり寺を見に行こうと思う。

6年前と同じ店でミールスを食べた後で。
カレーのうまさもパロタを焼くおじちゃんも健在だった!

そう。
今日から少しタミル語も勉強することにした。
なんせ食堂のメニューが読めないのが辛いから!
あと1ヵ月でどれだけ進歩するかな。
by asian_hiro | 2005-07-29 20:57 | インド・リアルタイム
<< マドライのジュースの思い出 大好きな食堂と屋台の話 >>