アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ヨガ
Your face is changing everyday.
c0001023_20361394.jpg

朝は、いつも市場からはじまった。
ひとが、ものを食べる様子を見ながら
わたしのなにかが、少しずつ満たされるのを感じていた。
まだだいじょうぶ、
まだいける、と。
c0001023_20364746.jpg

それから、寺へ行って
お坊さんたちと一緒に、坐禅を組んだ。
歌うようなお経は、
インドで耳にするチベット仏教やヒンズー教のマントラと違うけれど、
すべての宗教の目指すところはすべての人の目指すものと同じなら、
この読経もわたしの願いと同じはずだ。
c0001023_2035248.jpg

いや実際、わたしの願いとはなんだろう。
話したいことなら、たくさんあるが、
そもそも、願うことはなにもない。
c0001023_20362353.jpg

毎日、アシュタンガばかり何時間も練習した。
日によって、8時間くらい練習に費やすこともあり、
まわりのひとから“super yogini!!"と声をかけられた。
ほんとうに、疲れを感じることはなかったのだ。
体を動かしているうちは、心を揺らさずにいられた。
c0001023_20352637.jpg

ヨガとヨガの合間には、いつも茶屋でミロを飲んだ。
ときどき、温泉卵を2つコップに割ってもらい、
シーズニングソースをかけて食べた。
そしてまた、次のヨガクラスへ出る準備をした。
c0001023_20365877.jpg

すべてのクラスを終えると、もう21時頃になっていて、
たいてい、そのあとにはミロや豆乳を飲むくらいだったんだけど、
ときには、屋台で大好きなパッタイを食べた。
お堀のそばの屋台街は、夜遅くまでにぎやかだ。
隣のテーブルから聴こえる、タイ語の会話に耳をすませ、
むかし、ヨガをはじめる前、
純粋に旅を楽しんでいたころのわたしを思い出した。
あのときの旅仲間は、みな、どこに行ったのだろう。
c0001023_2037485.jpg

強くなりたいと思って、ここへ来たわけじゃない。
だけど、“あなたほど、強いひとを見たことがない”
あるひとは、そう言った。
また、あるひとは、
“毎日、顔が変わっていく”と言ってくれた。
その言葉を聞いただけでも、ここへ来た価値があったと思った。
c0001023_20452357.jpg

小学校では、子ども達がエイヤーと空手の稽古。
“ヨガは、人生を escape するためのものじゃない。
人生を prepare するための道具なのだ”
耳にしたことばが胸に刺さる。
c0001023_20361100.jpg

夕方には、ときどきお堀のそばのベンチで昼寝をした。
通りの向こうからプップーと音がするので顔を上げて見てみると、
肉まんを売る屋台のおじさんが、こっちを見て笑っている。
そうか、ここはタイだった、インドじゃないんだ、
道端でこんなふうに昼寝をしているひとはいないんだって
ちょっと恥ずかしく、苦笑い。
c0001023_2121673.jpg

ヨガをして、町を歩いて、部屋に帰ってぐっすり眠る。
大晦日には、108回の太陽礼拝をした。
ジャンプバック、チャトランガ、ハンドスタンド。
ひとつひとつこなしながら、呼吸をする。
木の匂いがただようスタジオには、
ホーホーというふくろうの鳴き声と、
新年を待ち切れず、打ち上げられる花火の音が響いていた。
c0001023_20364038.jpg

夜行バスでバンコクへ帰るという日。
最後のクラスで、ようやく自由が手元に戻ってきたのを実感した。
胸が開き、背中が伸び、
体のあらゆる関節が、気持ちよく呼吸をしている。
この滞在のことを、すべてきれいに消化するには
まだ、ずいぶん時間がかかりそうだけど、
とりあえずは目の前の、
明日といういちばん近い未来のことだけ考えながら
今晩も眠りにつく。

http://www.wildroseyoga.org
by asian_hiro | 2014-01-10 21:12 |
<< 夜道 おしまいとはじまり >>