アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
CAFE SHOZOのマドレーヌ
焦らずとも、教えてくれる。
c0001023_20445910.jpg

ひさしぶりに出かけた町は
いつも通り、若い女の子たちでいっぱいで
きらきらオーラが漂っていたけれど、
ヨガマットをななめ掛けしたわたしがずっと考えていたのは
買ったばかりの、フライパンのことだった。

はじめてのフライパンで
なにを作ろうか、あれこれ考えていたけれど、
結局、作ったのはなすの味噌炒め。
ニューヨークにいたときもよく作っていて、
思い通りの仕上がりにならないと
母にメールで作り方を聞いたりした。

この間、友だちと
ニューヨークのことをなつかしく話していたからだろうか、
そろそろあの町に帰ってもいいかな、と思っている。
あの、イーストリバーの近くの家を通りから眺めたい。
可能なら、あの部屋のなかに入って
窓を開け、非常階段からマンハッタンの夜景を眺めたい。

なにごとにおいても、
「そろそろ」という感覚はわたしにとって大切なもので、
先日、富士山に登ると決めたのも
「そろそろいいかな」と思ったからだし、
今度、インドへ行くのも「そろそろだな」と思っている。
焦ってことを急ぐときは、たいていうまくいかなくて、
「そろそろ」という感覚が
ときにひょっこり、
ときに満を持して登場したときは
たいていのことがうまくいく。

写真は、CAFE SHOZOのマドレーヌ。
わたしにとって、悲喜交々のこのカフェへ
ふたたび出かけることができたのも
「そろそろ」という感覚が、ぽんっと現れたからだった。
by asian_hiro | 2012-09-08 20:52 | グルメ | Comments(4)
Commented by mts at 2012-09-09 00:21 x
「そろそろ・・」と云う感覚は近づいてくるからそう感じるのか? それとも自分から理由をつくって、或いは遠い昔に仕掛けておいたタイマーが作動して、「そろそろ・・」を意識させるのか??。

「そろそろ」を感じたり意識した時、同時に「これは本当か?」って想いがそこに並んでいます。

だから慎重にそれを見極めようとしてたらタイミングを遺してしまう不安もそこに並んでいました。(ー。-/

私はよく「その時が来た」と言いますが、ほとんど言い訳です。

けりをつけるために線を引いてるような気がします。
それでも、確実に動き出してるのは間違いないのですけど、、。

    (インドからも更新されるのでしょうか?)


Commented by asian_hiro at 2012-09-09 07:32
>mtsさん
先日のブログにも書いたのですが、
最近のわたしは、自分から何かに手を伸ばすよりも、
伸ばされた手を握り返すほうが大切だと思っていて、
その手が、たとえぼんやりとでも見えたときは
できるだけ躊躇せず、こちらからも手を伸ばし、
触れようとすることを、意識しています。
手が伸びてくるというイメージは
きっと「そろそろ」という感覚に近いもので、
わたし自身、ひとつのことに夢中になってしまうと
他が見えなくなるという性格のせいもあり、
そうして誰かが(あるいは何かが)
わたしにタイミングを気づかせてくれることに感謝しつつ、
「そろそろ」を逃さないようにしたいと思っています。

インドからは更新しない予定ですが、
もしかしたら、するかもしれません。
Commented by みかど at 2012-09-10 17:44 x
NYの話、色々聞きたいです^^
Commented by asian_hiro at 2012-09-11 17:10
>みかどさん
わたしもインドとラオスの話、聞きたいです!
<< ゼロ やさしいうた >>