アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タイのレシピ+エッセイの本、出ます
『スロウなアジア』に続く第2弾はコチラ。
c0001023_201213.jpg

PIE BOOKSから『タイの屋台ゴハン』が発売されます。

*タイ料理およそ30品目のレシピ(日本で作るときに役立つメモつき)
*見ているだけでも目に楽しいスイーツ図鑑
*現地感あふれる写真
*料理にまつわるエッセイ
*料理別おすすめ食堂マップ

眺めてよし。
作ってよし。
読んでよし、の万能選手です。
「へっ、料理なんてしないぜ」という方は、屋台の雰囲気が思う存分味わえる、臨場感たっぷりの旅本としてどうぞ。
「実用的指差し料理帳」も載っているので、タイ旅行のお供にもグッドです。

発売日は6月10日。
さ、カレンダーにマークしましたね? 
当日は本屋さんで緑の表紙を目印に探してください。
by asian_hiro | 2005-05-19 20:12 | 私の本 | Comments(16)
Commented by ヒカリン。 at 2005-05-19 20:30 x
おお、すげー。∩(・∀・)∩
先生、6/10にマークしておきますた♪

ああ、タイの屋台でぶっかけご飯が食べたい(´Д`)ヨー。
Commented by asian_hiro at 2005-05-19 22:20
>ヒカリンさん
早速のマーク、ありがとう!
タイのぶっかけ飯のレシピはありませんが、ほかにもろもろおいしいメニューがあるので、トライしてみてくださいな。
特にオススメなのは「プーパッポンカリー」! リッチなときは蟹で、ちょっと寂しいときはカニカマで(?)、ぜひどうぞ。
Commented by ひぐやん at 2005-05-20 01:38 x
楽しみだね!!
愛読書にさせていただくわ。

それとライフログにB&Bの本をレコメンドしてくれてありがとう!
Commented by はな at 2005-05-20 06:43 x
キレイな色の表紙ですね。美味しそうな匂いもしてきそうっ~。
我が家の食卓や中2の娘の剣道部活の出稽古に持っていくお弁当にもきっと良さそう~!稽古の引率も毎週末あってちょっと多忙気味でした。今からワクワク☆ページをめくる日が楽しみです。ありがとう~~。
Commented by asian_hiro at 2005-05-20 06:51
>ひぐやんさん
ありがと~。ぜひ愛読してやってください。
ライフログにアップして、「~初公開」までが全部タイトルなんだって初めて知りました。

>はなさん
引率、お疲れ様です! 私も大学1年のとき体育で剣道を取っていたのですが、先生によく足を蹴っ飛ばされたことを今、ふと思い出しました…。
おいしそうな匂いをかぎつつ、ぜひお弁当つくりにご活用ください!
Commented by かすみ at 2005-05-20 08:52 x
初めまして!の書き込みになります、かすみと申します。
遅ればせながらブログの開設おめでとうございます!
そしてお知らせをいただきましてありがとうございました。
さっそくお邪魔させていただきましたー。
スロウなアジアの大ファンにとって嬉しいお知らせですねっ。
タイの屋台ゴハンですかー。楽しみです!
私は米に甘いココナッツミルクが混ざったものとマンゴーを一緒に
食べるデザートが忘れられません~。
Commented by asian_hiro at 2005-05-20 10:42
>かすみさん
コメント、ありがとうございます!
こちらこそ前回のHPに引き続き、ブログもご覧いただいてうれしいです。
タイのもち米+ココナツミルク+マンゴ=「カオニャオマムアン」ですねー。
これについても本のなかでチラリと書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね!
私も数あるタイスイーツのなかで、「カオニャオマムアン」は「タプティム」(くわいのデザート)と並んで大好物です。
Commented by かすみ at 2005-05-20 17:19 x
お返事ありがとうございます!
カオニャオマムアンというのですねー。あの米はもち米でしたか~!
どうりでモチモチしてると思いました。くわいのデザートもあるんですか!
お正月に煮物で食べるイメージしかないです~(笑)
タイといえばレストランやホテルで食べる食事も美味しかったですが
やはり屋台のゴハンが最高でした~。
Commented by asian_hiro at 2005-05-20 19:29
>かすみさん
くわいのデザート、生まれて初めて食べたときに私は感動しました。
「つる」「もち」「しこ」「しゃく」と、いろんな食感がミックスして口のなかに広がって、もう本当に幸せでした。私は毎晩通いました。
日本のくわいとは別物なんです。今度行ったらぜひ!
Commented by tkoeppl at 2005-12-19 02:13
初めまして。クロエさんのブログで「タイの屋台ゴハン」を知り、取り寄せたtkoepplです。私のブログにもコメントを残して下さってありがとうございました!この本を書かれたhiroさんとこうやってブログを通してお知り合いになれる(ずうずうしい。。)なんてすごい興奮しています。ここイギリスではタイ料理のレストランは人気でどの町にも何件かあります。私も主人もタイを訪れたことがあり、そしてタイ料理の大ファンなのでいろんなレストランを試してみるのですが、来てよかった!と思えるレストランはそう多くはありません。私達が食べたいタイ料理はこじゃれた感じではなくて、こういう屋台の味なんですよね(^^)だから、この本を知ったときはとても嬉しかったです。主人はタイのデザートでmungビーンズを使ったケーキが大好きなのですが、これを出してくれるレストランが無いのです。hiroさんはこのデザートをご存じですか?hiroさんの本のなかにこのレシピを書いてある本がありますか?あったら買いたいのです。長いコメントですみません。本当に嬉しくてブログをやっててよかった、と思いました(^^)
Commented by tkoeppl at 2005-12-19 02:15
書き忘れましたが、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
Commented by asian_hiro at 2005-12-19 11:06
>tkoepplさん
はじめまして!
コメント、ありがとうございます。
イギリスに行ったとき、現地の友人のオススメでインド料理屋さんへは出かけたのですが、タイ料理屋さんには行ったことがありません。
タイ人が経営しているのでしょうか? 
なんとなく、ビジュアル的に凝っていそうなイメージがありますが、どうなんでしょうね。
ムング豆のケーキというと、「カノムモーケン」でしょうか?
これはココナツの焼きプリンのような感じで、ムング豆を入れたりタロイモを入れたりしますが、ちがうかな?
「カノムモーケン」は私の大好物のデザートで、これならレシピがわかりますが…。

こちらこそ、リンクよろしくお願いします!
イギリスでも「タイの屋台ゴハン」、かわいがってあげてください。
どうもありがとうございました。
Commented by tkoeppl at 2005-12-21 07:59
こんにちは♪主人に聞いたところ、その「カノムモーケン」らしく、興奮してるようです(^^)お時間がある時で結構ですので、よろしければレシピを教えていただけないでしょうか?リンクの件、ありがとうございます!あさってhiroさんの本のレシピで作るのですが、どれにしようか、見てるだけで迷いますね(^^)こちらのタイ料理の店は大体タイの人がやってるみたいなのですが、それでも店によって当たり外れがあります。凝ってなくていいから、本場の味を味わいたいですよね。
Commented by asian_hiro at 2005-12-21 09:50
>tkoepplさん
「カノムモーケン」、まさにタイムリーで今日のブログにアップしましたよ!
これでしょうか? ご主人に確認してみてくださいな。
ちなみに、今日載せた写真のうち、プーパッポンカリーも、ラープも、カオニャオ(の炊き方)も、クラポップラーも、本の中に作り方を載せています。
作ったら感想を聞かせてくださいね!
Commented by 檸檬 at 2014-02-07 09:30 x
初めまして。よろしくお願いします。
私もカノムモーケン大好きです! タイレストランではタイから直輸入されているので美味しいのも当然ですね。 ネットでレシピを拾って何回か作ってみましたが...。二層には分かれません。日本のタイ料理レシピ本にも載っていないので残念。次回出版の際には是非カモノモーケンのレシピも載せてください。宜しくお願いします!!
Commented by asian_hiro at 2014-02-08 22:11
>檸檬さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
カノムモーケン、おいしいですね。
この間、タイへ行ったときにもよく食べました。
歯がきしむほど甘かった!
次回出版の機会があるのかわかりませんが、
今度、自作してみようかなと思います。
ちゃんと二層に分かれたらご紹介しますね。
<< ニューヨークで会った彼女に ル・パティシエ・タカギのケーキ2つ >>