アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
夕方、なんだかめずらしくヨガをする気分じゃなかった。
一応、クラスへ行くつもりで宿を出たんだけど、
迷うことなく、門を出たところで回れ右して、
たぶん初めてだと思う、クラスを休むことに決めた。
c0001023_2249228.jpg

川沿いの細道をずんずん歩いて、滝まで来た。
その手前に、新しくできたばかりの橋があり、
「この間、ここへ来たときは工事中だったのになあ」と思いながら
まだ、砂利が積み上がっているなかを渡った。

川縁に並ぶ掘建て小屋小屋のあいだをすり抜けて
今度は、町へ向かってUターン。
さっきとは違って、
この道は時折、猛スピードで車がやってくるコンクリの車道だ。
片方が川、片方がガケっぷち。
いつの間にか、黒い犬がわたしの後をついてきた。

わたしがずんずん歩いても
犬も、とことこ追いかけて来る。
もう、道に迷って家へ帰れなくなっちゃうよ、って言っても
やっぱり、後をついてくる。
わたしが止まると、犬も止まる。
うしろからダンプカーが来ているのに、犬は止まったままだから
もう、ひかれちゃうじゃんって言いながら犬のほうへ駆け寄ったら
ダンプカーの運転手が、プーッと大きくクラクションを鳴らした。

20分、30分。
どれくらい歩いただろうか。
どこまで行っても、犬は相変わらずついてくる。
帰れなくなったって知らないからねって言いながら、
わたしも気になってしかたない。
わたしが止まると、犬も止まる。
まん丸の、ビー玉みたいな目でわたしをじっと見上げてる。
何度、見つめ合っただろうな、川沿いの大通りで。

目の前に、一軒の茶店があったので
そこで、湿気ったパンを1袋買った。6ルピーだった。
店の人たちが、じーっとわたしの様子を見ていたので
なんだか、彼らの前で犬にパンをあげるのは忍びなく、
少し進み、店が見えなくなったところで袋をやぶってパンをちぎり、
犬の足下へほうりなげた。
犬は喜んで食べた。

全部食べ終えても、犬はやっぱりわたしの後をついて来る。
もう、帰れなくなっちゃうよ、
車にひかれたって知らないからねって思いながら
わたしは歩き続けた。
時折、振り返った。
振り返ったつもりだった。
だけど、犬はいつの間にかわたしの後ろからいなくなって、
気がつくと、わたしはひとりで川沿いの道を
町へ向かって歩いていた。
by asian_hiro | 2012-03-15 22:57 | インド旅行記 | Comments(0)
<< 味方 ムーン ファクトリー コーヒー >>