アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ダラムサラにて
手の中をするりと抜けるなら、あえて追う必要はない。
c0001023_14154718.jpg

1日に日本を出て、その夜は経由地の広州泊、
2日はデリ―の空港で夜明かしし、3日は夜行バスで車中泊。
9月4日、日本を出て4日後にようやくダラムサラの町に到着した。

急ぐ旅ではないし、用事があったわけでもないのだけれど、
とにかく、脚を進めたかった。
わたしが、心地良いと思う場所にたどりつくまで。

ダラムサラへ向かうバスのなかで、小さな髪留めをなくした。
とても便利で、ヨガのときに髪の毛を留めるのに役立っていたんだけど
そのバネがちょっときついみたいで、
正直、痛いのを我慢して使っていたところもある。
真っ暗な夜行バスのなかで取り外したとき、
それはするりと落っこちてしまい、
どこへ行ったのか、まったくわからなくなってしまった。
ライトも持っておらず、車中の蛍光灯も消えている。
しかたなく、そのまま目をつぶって寝ることにした。

自分にとって、それほど必要でないものや
あってもなくてもどちらでもいいものは
自然と、消えていく運命にあるのだろう、
だから、無理にそれを追い求める必要はなく、
無くしたら、無くしたままでも構わないのだ、と
そんなことが眠りに落ちる直前、あたまのなかで浮かんで消えた。

今朝6時過ぎ、ダラムサラに到着し、
バスの運転手に懐中電灯を借りて一応探してみたけれど見当たらない。
まあ、いいやと思い、そのままいつもの宿へ向かった。
無くすことに慣れるのではない。
無くしたままでも、歩き出すのだ。

ああ、このブログを書いているあいだに
朝から降り続いていた雨が、やっとあがった。
4ヵ月ぶりのこの町へ挨拶するようにぐるりと通りを一周して、
それから、少しだけ日本から持ち込んだ仕事をしよう。
あしたから、ヨガが始まる。

写真は、ニューデリーのメインバザール。
ダラムサラへ向かう直前に撮った、ニューデリー唯一の写真。
by asian_hiro | 2011-09-04 14:33 | インド・リアルタイム | Comments(6)
Commented by koto_ppe at 2011-09-05 12:54
初めまして。最近、本「スロウなアジア」に出会い、今「ぎゅぎゅっとインド」を読ませていただいています。hiroさんの本は理屈抜きにすぐに私の中で大好きな本となりました。今月中旬に初めてインド旅行に行く予定なのですが、このタイミングでこの本達に出会えてよかったなと思っています。
素敵な本をありがとうございました。
私は今回初めて1人旅に出ます。
日本人を見かける度に、「もしかして、hiroさんかも!?」と勝手に妄想しながら旅してきたいと思います。

Commented by akophoto at 2011-09-05 19:46
こんにちは。
久しぶりにコメントさせていただきます。
しばらくはインドからの日記なんですね。^^
楽しみです。
失くした髪留めの代わりに、新しい出会いがあるかもしれませんね。

Commented by cafedejuju at 2011-09-05 20:46
ずっと前にコメントをしたような・・・ブログはずっと拝見してます。
いつの間にかタイでダイビング三昧からヨガをするようになりました。
自然に。
でもインドには自ら行こうと思ったことなかったんですが、「行かない?」と誘われて8月の頭に10間ほど行ってきました。
ヨガは全くせずですが(笑)
そして、昨日も「ものをなくしてもすごく悔しがったり悲しがったりしなくなった」「きっとそこまでのご縁というか別れる時が来た」って思えるって話をしてました。
いつも、hiroさんの言葉がしみ込みます。
そしてダラムサラに無性に興味が湧いています。
ブログ、また楽しみにしています。
Commented by asian_hiro at 2011-09-05 23:27
>koto_ppeさん
本をお読みいただき、ありがとうございます!
インドへいらっしゃるとのこと、ぜひ楽しんでくださいね。
楽しむ気持ちがあったら、
どんなにイヤなことでも楽しめます(笑)
はじめはそれがわからなくて、ホントにイライラしていましたが、
「まあ、そんなこともあるよね、インドだし」で
流せるようになったらずいぶん旅が楽しくなりました。
たぶん、わたしを見分ける方法は簡単だと思いますよ。
いつもひとりでブラブラ町を歩いているので
(でも今回はカメラをぶら下げていません)、
もしそういう人を見かけたら声をかけてみてください!
Commented by asian_hiro at 2011-09-05 23:29
>akophotoさん
こんにちは! コメントありがとうございます。
無くした髪留めは残念ですが、
その代わり、良いご縁があるかもしれませんね。
うん、確かにそうだ。
わたしもそう考えることにして、毎日プラス思考で楽しみます。
良い考えをありがとうございました!
Commented by asian_hiro at 2011-09-05 23:31
>cafedejujuさん
ブログ、拝見しました!
ジャイプルへいらっしゃったんですね。
ピンクシティ、いいところですよね。
わたしも初めてインドへ来たときにジャイプルへ行って、
「インドって楽しい!」と実感したことを覚えています。
その前に訪れたデリ―が最悪な思い出なので…(笑)
その後も何度かジャイプルへ出かけていますが
ここ数年はご無沙汰です。
cafedejujuさんのお写真を見て、
ひさしぶりにラジャスタンへ行ってみたくなりました。
<< 風船 インド前夜 >>