アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
帰宅
おしまいと、はじまり。
c0001023_7423290.jpg

「ああ、インドが終わっちゃうよ」
インド最終日、コーチンの空港まで車で送ってくれたおじさんに
車内でそうつぶやくと、
「インドは終わらないよ」
おじさんは、そう言って笑った。
ある意味、確かにそれは本当で、
中国・北京経由で成田に帰国するはずが、
北京を襲った記録的な大雪のために飛行機が飛ばず、
結局、デリーで1泊、北京で1泊を余儀なくされ、
2日遅れで昨晩帰宅。
長い、長い、家までの旅路だった。

よく歩き、よく話し、よく笑い、よく食べる。
そんな14日(+2日)の旅が終わった。
わたしが出かけた南インドは、毎日35度近い気温だったのに、
北京に着いたら、マイナス15度という
気温差50度の世界が待っていたけれど、
それでも、天安門広場を見たり、王府井を散策したり
予想外の北京観光も楽しめた。
気がつけば2010年。
今日から、わたしも仕事をはじめる。

デリーで1泊したとき、翌朝、ホテルの近くを散歩した。
そこで出会ったのが、写真上のチャイ屋さん。
おじさんがチャイをいれる様子の動画をトイデジで撮っていると、
「お、なにか撮ってるぞ」
「おお、画面のなかで動いてる」
「すげえ、オレ、映ってるよ」
「姉ちゃん、おごるから飲んでいきな」
「オレもおごるから、もう一杯飲め」
いろいろなひとが集まってきて、旅は5杯のチャイでしめくくり。
無邪気で、子どもみたいで、感情が豊かで、にぎやかで、
そんなインド人が、やっぱりわたしは好きだなあと思う。

そのチャイ屋さんの動画はこちらです。
今年も一年、どうぞよろしくお願いします。


by asian_hiro | 2010-01-08 07:59 | インド旅行記 | Comments(26)
Commented by gon1442 at 2010-01-08 09:51
インドはまだスナフキンしていないので、いつもhiroさんの写真で想像旅をしてます。

あ、お帰りなさい(*^-^)b


素敵なチャージができたようで、(*^-^)b

北京に比べたら日本の寒さなんて(^_^;)かもしれませんが、やっぱり、今年の年始は久々に冬らしい凍るような気温でしたよ。
Commented by rei__07 at 2010-01-08 10:51
hiroさん
おかえりなさい。
チャイ、いいな~。^^
Commented by ぽっきー at 2010-01-08 16:23 x
hiroさん お帰りなさい!
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

チャイワラーおじさんの
いい顔&カメラ目線が可愛いですね。^^
インド話&写真 楽しみにしてます。
Commented by EMI at 2010-01-08 20:23 x
どうぞ今年もヨロシクお願いいたします♪
ヨロシクってのは恐縮で、hiroさんの言葉+お写真を楽しみにお邪魔させて頂きます。

チャイを作っているお兄さん、終始カメラの方を向いて笑顔が素敵ですね。一体、インドのチャイはどんな味がするのか飲んでみたくなりました!!
Commented by at 2010-01-09 00:11 x
あけましておめでとうございます^^
そして、おかえりなさい。
とても楽しい旅となったみたいで何よりです。

チャイ、凄く好きでよく作るんですが、
本場もんは未体験。
きっと美味しいんだろうな。
このチャイ屋のおじちゃんの笑顔だけでも
立ち寄りたくなっちゃいますもん。
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 00:13
>gon1442さん
昨日、帰国したときは北京で買った毛糸の帽子とマフラーを
していたのですが、途中、暑くて脱いでしまいました。
やっぱり気温がマイナスじゃないってことは素晴らしいですね!
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 00:14
>rei__07さん
南と北では、チャイの味がまったく違うので
今回はどちらも楽しめて満足しています。
冬、寒いときはスパイス入りのものがおいしいですが、
暑い地方では南インドのチャイみたいに
まろやかでコクのあるものが飲みたくなります。
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 00:14
>ぽっきーさん
そう、このおじさんのカメラ目線がかわいかったので
つい動画で撮ってしまいました。
トイデジなので、あまりキレイに撮れていないけれど
雰囲気が伝わればうれしいです。
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 00:15
>EMIさん
ここのチャイはショウガがしっかり効いていて
まさに北インドのチャイの味でした。
甘さも強め、スパイスも強め。
明日、早速わたしも作ろうと思います。
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 00:28
>禅さん
あけましておめでとうございます。
本場のチャイ、「あら?」というお店もありますが
このお店は本当においしかったな。
実はその前にも飲んでいたので、ここは通り過ぎて
しまおうかと思ったのですが、おじちゃんの笑顔に
つられて、結局何杯も飲んでしまいました(笑)
Commented by なつ季 at 2010-01-09 08:20 x
おかえりなさい!

おじさんのカメラ目線がかわいい♪
気になるよねぇ、そうだよねって思いながらみました。

北海道・札幌は0度前後が続いています。
こんな日々には1度暖まりにタイに行きたくなる私です。

hiroさん、今年もよろしくお願いします。
Commented by sumiyo at 2010-01-09 20:23 x
あけましておめでとうございます。
チャイ屋さんの目線の投げ方がかわいくてこちらも微笑んでしまいました。(片岡鶴太郎さんに少し似てる気が・・・)
今年もブログ、楽しみにしています。
Commented by kz at 2010-01-09 21:34 x
hiroさん

おかえりなさい!
今年も心お世話になります。

沢山、笑ってすごしましょう!
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 22:01
>なつ季さん
北海道でも0度ですか。
北京はマイナス15度でした。
天安門広場へ行き、カメラを構えたとき、指が痛くて仕方なく、
このままパキパキと折れてしまうかと思いました。
タイ、いいですね! バンコクでパッタイを食べたいです。
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 22:02
>sumiyoさん
あ、たしかに片岡鶴太郎似かも…。
でも、本当にかわいらしいおじちゃんだったのですよ。
ちらちらと見る視線もかわいいですよね。
Commented by asian_hiro at 2010-01-09 22:03
>kzさん
新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!
笑う門には福来る、ですよね。
いっぱい笑って過ごしたいものです。
Commented by mui at 2010-01-10 17:20 x
ほんとにに微笑ましくて昔のことを思い出しました 10年前はチャイは素焼きの小さい入れ物でしたが 今は紙カップになっていますね ほとんどがそうなったのでしょうか?あの器を割るのも愉しかった(^^♪おじさんが潰しているのが生姜ですか?私も真似したいと思いました 今年も宜しくお願い致します<(_ _)>
Commented by asian_hiro at 2010-01-11 17:16
>muiさん
そうですね、昔は素焼きのカップに入っていましたが
今はほとんどグラスか使い捨て容器です。
(紙ではなくプラスチックみたいです)
数年前にカルカッタへ行ったときは、まだ素焼きのところも
ありましたが、今ではほとんどないんじゃないかな。
おじさんが潰しているのはしょうがです。
寒い北インドではうれしい飲み物でした。
Commented by mamakarin at 2010-01-11 17:32
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
お帰りなさい、hiroさん!

チャイ屋さんのおじさんの視線が茶目っ気たっぷり!
魔法使いのような手さばきに賑やかな音(会話?)
楽しい気分が伝わってきます。
好きな国から一年を始められるなんて幸せですね。
インドの魅力、上手く言えないけど大きな力を感じます!
Commented by asian_hiro at 2010-01-12 23:09
>mamakarinさん
明けましておめでとうございます。
そして、ただいま!
チャイ屋のおじさんの画像、楽しんでもらえて
よかったです。
あの雰囲気を丸ごと伝えたくて、トイデジで撮ってみました。
あまり画質が良くないけれど、見てもらえてよかったです。
そうそう、晴れ姿、拝見しました!
とても素敵なお着物ですね。うっとりしました。
Commented by sachio_tukiyo at 2010-01-13 04:36
hiroさん
あけましておめでとうございます。
また、ステキな旅をされてきたのですね。
チャイの動画とても楽しんで見ました。皆さん書いてるように
おじさんのカメラ目線がとても良い!笑
こういう感じなんだー、とわくわくしました。いつか行ってみたいです、絶対。
今年も良い一年になりますように!!
Commented by asian_hiro at 2010-01-14 00:12
>sachio_tukiyoさん
あけましておめでとうございます。
そちらのお国の新年はいかがでしたか。
わたしが過ごした町では、年が明けた瞬間に花火があがり、
元旦にはパレードもありました。
おじさんに会いに、ぜひインドへ行ってみてください!
できれば、冬に。
チャイの温かさが身にしみます。
Commented by mie at 2010-01-20 17:49 x
はじめまして。
いつも素敵な写真と文章に、心を持ってかれてます。
すいません、文章ヘタなんでうまい言葉がみつからないのです。
hiroさんの写真と文章、好きです。
ずっと覗いてばかりでしたが、
チャイ屋のおじさんがあまりにもチャーミングでたまらないので、
初コメントさせていただきました。


Commented by asian_hiro at 2010-01-20 23:06
>mieさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログにもおじゃましました。
南国にお住まいなのですね、うらやましい!
一度、行ってみたいと常々思っていたところです。
いろいろと教えてください。
Commented by mie at 2010-01-22 11:36 x
お~ぜひいらしてください!ご案内いたしますよ!石垣もいいですが、離島もいいですよ!
Commented by asian_hiro at 2010-01-22 23:57
>mieさん
沖縄は日帰り出張で一度、行ったことがあるだけです。
ゆっくり出かけてみたいなあと思いながら
つい、足がインドへ向いてしまいます。
今年こそ、実現するといいな!
そのときは、ぜひ。
<< 追想 出発前に >>