アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
食堂
高みから、ひとり、眺める。
c0001023_2219367.jpg

まるで、無重力の空間にぽっかりと浮いたみたいに
高みから、彼らの日常を眺めている。
誰も、顔を上に向けないので
わたしの存在に気付かない。
わたしはひとり、手すりに寄りかかるようにして
彼らの動きを、じっと見る。
ここにいるのよ、こっちを見てよと言いたいような、
そのまま気付かれたくないような、
なんとなく、微妙な気持ちで。
by asian_hiro | 2009-05-25 23:23 | インド旅行記 | Comments(4)
Commented by gon1442 at 2009-05-26 04:50
東京ですと、通りの上がガラス張りということがあり、
見上げて、ついつい人間観察しちゃいます。

滅多に見えない角度で人の流れが見られるので、
かなりの時間、ぼんやりできます。


Commented by ぽっきー at 2009-05-26 14:38 x
hiroさん こんにちは。
私も大阪に住んでいるころや東京出張の際は、
スターバックスのテラスやドトールで外をぼんやり眺めながら
一人で軽食を楽しんでました。

いろんな人々がいて、家族やカップルがいて
話し声は聞こえなくてもこんなふうに話してるのかなぁ~なんて
一人で勝手なストーリを考えては
うなずいてみたり、ほくそえんでみたり、悲しんでみたり・・
そんな私を見た他の人は
きっととても「不気味な人」に感じたと思います。笑

ぽっきーは私単独でつけた名前ではないのですが、
あまり深い意味は無いのです。苦笑

「ぽっきー」はパンダ猫(はちわれ→はっちゃんみたいな)と
チンチラのハーフのパンダロン毛猫くんなのですが、
お友達から息子の友達にと頂いた小さな頃は、
背中のブラック&ホワイトの模様がはっきりしておらず
マーブル状で「マーブルポッキー」のようだったので・・
フルネームは長いので「ぽっきー」になっております。^^

物静かですがとても表情豊かで、
いつも私の後ろについてまわり甘えております。
14歳の老猫ですが、息子のよう・・
猫バカで失礼しました。。

Commented by asian_hiro at 2009-05-26 22:56
>gon1442さん
自分も見られているのだろうなと思いつつ、
ひとの波をぼんやり眺める時間は
とてもリラックスできますよね。
スターバックスなどのカフェで窓際に陣取り、
ぼーっと外を見ているだけで、
あっという間に2時間や3時間が過ぎていきます。
Commented by asian_hiro at 2009-05-26 22:58
>ぽっきーさん
そうそう、わたしも勝手にストーリーを考えますよ。
よく行くベローチェでは、となりのひとが携帯で話を
始めると、そのひとの職業や家族構成を想像し、
ひとり妄想の世界に入っています。
きっと、わたしも「不気味なひと」ですね(笑)

ぽっきー、たしかわんちゃんだと聞いていたような
気がするのが、実は猫だったとは!
なるほど、マーブルポッキーが由来だったのですね。
いつかぽっきーちゃんに会いたいものです、
あのパン屋さんで。
<< とびら ameen's ove... >>