アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
500マイル
旅は、いつもこの曲とともに始まる。
c0001023_2031648.jpg

旅の途中、わたしが口ずさむ曲のレパートリーはそれほど多くない。
多くないというか、たった2、3曲しかないというのが正解か。
そのなかの貴重な一曲が、忌野清志郎の「500マイル」だった。

もともとは、アメリカの女性フォークシンガーの歌で、
その後もいろいろなひとがカバーしているらしいけれど、
わたしにとっては、忌野清志郎の歌う「500マイル」がすべて。
昔、買ったCDのなかにこの曲が入っていて、
繰り返し、繰り返し、聴いたのだ。
まさか、自分がやがて「汽車を待つ側」のひとになるとも知らずに。

ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ。
思い出数えて、500マイル。
やさしいひとよ、いとしい友よ。
なつかしい家よ、さようなら。

数年前、ミャンマー中部の
湖のほとりにある小さな村に出かけたとき、
宿のベランダで胡弓を弾いた。
水面に映る夕陽を見ながら、何とはなしにこの曲を奏でていたら、
宿で働く青年が眼下の通りに勢い良く駆け出して、
わたしに向かい、「グッ!」と親指をつきだした。
彼も、この曲が大好きだったらしい。
ふるさとを離れ、遠くへ働きに行く者の心情を歌ったこの曲が。

今回の旅の途中、夜行列車に乗ろうとバスで駅に向かったら、
車内でラジオ音楽が流れていた。
大きなバッグパックを膝の上に抱え、
窓の外を流れる景色を見ていると、
ふと、耳に入って来たのは「500マイル」の懐かしいメロディ。
歌詞はインドの言葉に翻訳されていて、
曲調も、なんとなく日なたの暖かさがぽかぽかと漂うみたいに
ゆったり、おおらかにアレンジされていたけれど、
それは、紛れもなくあの曲だった。

汽車の窓に映った夢よ。
帰りたいこころ、おさえて。
おさえて、おさえて、おさえて、おさえて。
哀しくなるのを、おさえて。

耳に入るインド調の「500マイル」に合わせ、
日本語の歌詞を口ずさむ。
オンボロバスの揺れはひどく、
わたしの歌など決して誰にも聴こえない。
やがて、車やひとが絶え間なく行き交う大通りの真ん中で、
バスはゆっくりとスピードを落とした。
「駅だよ」と、親切な車掌が教えてくれ、
バスを路肩につけてくれる。
ありがとう、と言って5ルピーを彼に払い、
わたしは、夜行列車に乗るために駅をめざした。
恋しさを感じるために、「500マイル」をくちずさみ、
切なさを振り切って、また、新しい町へ向かうのだ。

※一部、忌野清志郎さんの歌詞より抜粋いたしました。
by asian_hiro | 2009-05-12 20:34 | インド旅行記
<< とうもろこし バス >>