アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
マハーバリプラムの石細工
インド旅行を終えての、短い話。
c0001023_1353731.jpg

南インド、マハーバリプラムの町には、中央に岩の遺跡がある。
広大な公園のように整備されていて、灯台を越えてさらに進むと見晴らしのいい丘があった。
この町を訪ねるのは3度目で、ここへ来るたびいつもその丘に登って夕陽を見る。
今回も、この町で過ごした6日間、必ずそこへ出かけて行った。

滞在3日目の夕方、インド人の男性が声をかけてきた。
ひとりで静かに夕陽を見たいんだけどと思い、最初はあまり熱心に返事をしなかったんだけど、なにかのきっかけで、スリランカで起きている内紛の話になり、
「タミルの民族も、まるで魚を網にかけるように殺されている」
彼は、わたしを見ながらそう言った。
「あなたは、ものを書く人としてこの問題をどう捉えるのか」
正直なところ、わたしはその問題についてあまりよく知らなかったが、彼は、わたしの質問に一つひとつ答えてくれた。
マハーバリプラムの名産である、石細工の職人だという彼は明日の夕方もここで会おうと言って、去って行った。

4日目の夕方、彼はわたしより先に丘の上に来ていた。
「今日は、タイガーケーブまで歩いて行って来たよ。片道4キロを歩いて。暑かった」
そんな話をすると、目の前の沼を指差し、
「そこでも泳げるよ。昔、日本人の旅行者たちと泳いだことがある。夜中にみんなでスイカを食べて、ビールを飲んで、それから泳いだんだけど楽しかった」
お酒を飲むこともあるんだ、と言うと
「普段はココナツでできたお酒を飲む。これは身体にもいいからね」
一緒に飲むか、と聞いて来たが、いや、いいと断った。
「日本人と飲む酒はおいしい。日本人は世界で一番、いい民族だ」
まじめな顔でそう言った。
昨晩、ネット屋でタミルの紛争について調べてみたが、今日はその話はなかった。

5日目の夕方、丘には凧を揚げる親子がいた。
「インドでも凧揚げをするんだね」
「町によっては凧揚げの大会もあるよ。みんな、自分で作った凧を持ち寄るんだ」
自分も、小さいときは父親に凧揚げを教えてもらった。
泳ぎも、仕事も、みんな父親から教わった。
家族は父と母と弟ひとり。
弟は寺の建築家で、全員でひとつの家に暮らしている。
そんな話をしていたら、いつの間にか太陽が雲のなかへ沈んでいた。
公園は6時半に閉まる。うっかり、丘を降りるのが遅くなり、気付いたときにはもう正門が閉まっていたが、裏門は24時間開いているんだという彼に案内してもらい、無事、公園の外に出ることができた。
それから、彼の勧めに従って石細工の店を見に行った。
「悪いけど、買わないよ。お土産は別のものを考えているんだ」
そう言うと、「見るだけでいいから」と彼は言う。
公園の近くの小さな店には、ヒンズー教の神様をモチーフにした飾りものや大理石の小物入れなど、精巧な作品が並んでいた。
しかし、あまりピンとくるものもなく、もとより買うつもりもなかったので、さっとひと通り見せてもらったあと席を立つ。
普通だったら、ここで仲良くなった記念にといってひとつくらい買うのだろうか、そうやって彼は商売をしてきたのだろうかと迷ったが、そんな気持ちで買うのもどうかと思い、「じゃあ」と言って店を出た。
「また、あした」
大通りまで送ってくれた彼と、握手をして別れた。

6日目の夕方、彼は丘に来なかった。
彼は、どうして来なかったのだろう。
わたしが店でなにも買わなかったからだろうか。
わたしが石細工にほとんど興味を示さなかったからだろうか。
一緒にお酒を飲まなかったからだろうか。
日本にボーイフレンドがいると言ったからだろうか。
「また、あした」
そう言って別れた昨晩のことを思い出す。
それは、3日目のときや4日目のときとなにも変わりはなかったけれど、彼の中では何かがすでに終わっていたのかもしれない。
もしかしたら彼は今日、来ないかもしれないと思いながら、わたしは丘に登った。
公園が閉まる6時半ギリギリまで待ってみたが、彼は結局来なかった。
彼が来ないとわかった瞬間は、がっかりという感情よりも、やっぱりという感情のほうが勝っていて、それ以上に安堵の気持ちが強かった。
安堵という気持ちは、どこから湧き出て来たのかわからないけれど、「だってここはインドだもの」という切り札がいつでもこころに用意されているからかもしれない。
だってここはインドだもの、
期待したことが起こらずに、予期しなかったことに限って現実になる、なんでもありのインドだもの、と。


1ヶ月のインド旅行から帰りました。
ムンバイからスタートし、オンカレシュワル、マヘーシュワルというデカン高原の町をまわったときは、日中45度という気温に負けて寝込んだりもしましたが、もう10回近く訪ねているインドなのに、今回もこの国とこの国の人達についてたくさんの発見をすることができました。
そして今は、黒いインド人に「ニホンジンは色白なはずなのに、どうしてあなたはそんなに黒いんだ」と言われるほど、小麦色(を通り越して真っ黒)に日焼けをしています。
インド旅行記については、これからゆっくりアップしたいと思います。
とりあえずは、帰国のご報告まで。
ずっとご無沙汰してしまいましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。
by asian_hiro | 2009-05-10 13:13 | インド旅行記
<< バス 追記 >>