アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
マハーバリプラムの石細工
インド旅行を終えての、短い話。
c0001023_1353731.jpg

南インド、マハーバリプラムの町には、中央に岩の遺跡がある。
広大な公園のように整備されていて、灯台を越えてさらに進むと見晴らしのいい丘があった。
この町を訪ねるのは3度目で、ここへ来るたびいつもその丘に登って夕陽を見る。
今回も、この町で過ごした6日間、必ずそこへ出かけて行った。

滞在3日目の夕方、インド人の男性が声をかけてきた。
ひとりで静かに夕陽を見たいんだけどと思い、最初はあまり熱心に返事をしなかったんだけど、なにかのきっかけで、スリランカで起きている内紛の話になり、
「タミルの民族も、まるで魚を網にかけるように殺されている」
彼は、わたしを見ながらそう言った。
「あなたは、ものを書く人としてこの問題をどう捉えるのか」
正直なところ、わたしはその問題についてあまりよく知らなかったが、彼は、わたしの質問に一つひとつ答えてくれた。
マハーバリプラムの名産である、石細工の職人だという彼は明日の夕方もここで会おうと言って、去って行った。

4日目の夕方、彼はわたしより先に丘の上に来ていた。
「今日は、タイガーケーブまで歩いて行って来たよ。片道4キロを歩いて。暑かった」
そんな話をすると、目の前の沼を指差し、
「そこでも泳げるよ。昔、日本人の旅行者たちと泳いだことがある。夜中にみんなでスイカを食べて、ビールを飲んで、それから泳いだんだけど楽しかった」
お酒を飲むこともあるんだ、と言うと
「普段はココナツでできたお酒を飲む。これは身体にもいいからね」
一緒に飲むか、と聞いて来たが、いや、いいと断った。
「日本人と飲む酒はおいしい。日本人は世界で一番、いい民族だ」
まじめな顔でそう言った。
昨晩、ネット屋でタミルの紛争について調べてみたが、今日はその話はなかった。

5日目の夕方、丘には凧を揚げる親子がいた。
「インドでも凧揚げをするんだね」
「町によっては凧揚げの大会もあるよ。みんな、自分で作った凧を持ち寄るんだ」
自分も、小さいときは父親に凧揚げを教えてもらった。
泳ぎも、仕事も、みんな父親から教わった。
家族は父と母と弟ひとり。
弟は寺の建築家で、全員でひとつの家に暮らしている。
そんな話をしていたら、いつの間にか太陽が雲のなかへ沈んでいた。
公園は6時半に閉まる。うっかり、丘を降りるのが遅くなり、気付いたときにはもう正門が閉まっていたが、裏門は24時間開いているんだという彼に案内してもらい、無事、公園の外に出ることができた。
それから、彼の勧めに従って石細工の店を見に行った。
「悪いけど、買わないよ。お土産は別のものを考えているんだ」
そう言うと、「見るだけでいいから」と彼は言う。
公園の近くの小さな店には、ヒンズー教の神様をモチーフにした飾りものや大理石の小物入れなど、精巧な作品が並んでいた。
しかし、あまりピンとくるものもなく、もとより買うつもりもなかったので、さっとひと通り見せてもらったあと席を立つ。
普通だったら、ここで仲良くなった記念にといってひとつくらい買うのだろうか、そうやって彼は商売をしてきたのだろうかと迷ったが、そんな気持ちで買うのもどうかと思い、「じゃあ」と言って店を出た。
「また、あした」
大通りまで送ってくれた彼と、握手をして別れた。

6日目の夕方、彼は丘に来なかった。
彼は、どうして来なかったのだろう。
わたしが店でなにも買わなかったからだろうか。
わたしが石細工にほとんど興味を示さなかったからだろうか。
一緒にお酒を飲まなかったからだろうか。
日本にボーイフレンドがいると言ったからだろうか。
「また、あした」
そう言って別れた昨晩のことを思い出す。
それは、3日目のときや4日目のときとなにも変わりはなかったけれど、彼の中では何かがすでに終わっていたのかもしれない。
もしかしたら彼は今日、来ないかもしれないと思いながら、わたしは丘に登った。
公園が閉まる6時半ギリギリまで待ってみたが、彼は結局来なかった。
彼が来ないとわかった瞬間は、がっかりという感情よりも、やっぱりという感情のほうが勝っていて、それ以上に安堵の気持ちが強かった。
安堵という気持ちは、どこから湧き出て来たのかわからないけれど、「だってここはインドだもの」という切り札がいつでもこころに用意されているからかもしれない。
だってここはインドだもの、
期待したことが起こらずに、予期しなかったことに限って現実になる、なんでもありのインドだもの、と。


1ヶ月のインド旅行から帰りました。
ムンバイからスタートし、オンカレシュワル、マヘーシュワルというデカン高原の町をまわったときは、日中45度という気温に負けて寝込んだりもしましたが、もう10回近く訪ねているインドなのに、今回もこの国とこの国の人達についてたくさんの発見をすることができました。
そして今は、黒いインド人に「ニホンジンは色白なはずなのに、どうしてあなたはそんなに黒いんだ」と言われるほど、小麦色(を通り越して真っ黒)に日焼けをしています。
インド旅行記については、これからゆっくりアップしたいと思います。
とりあえずは、帰国のご報告まで。
ずっとご無沙汰してしまいましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。
by asian_hiro | 2009-05-10 13:13 | インド旅行記 | Comments(28)
Commented by ぽっきー at 2009-05-10 15:38 x
hiroさん おかえりなさい!
あぁ やっぱりインドでしたか・・

無事で何より! 首を長くして待っていましたよ。^^
(実は 少し心配しました 怪我とか病気とか 毎日気になってブログ覗いてました)

私はといえば
ゴールデンウィークに だんなさんと車でやっとパン屋さんにいって
 ピザとコーヒーを飲み そこから
大阪の大学に通い 一人暮らしをはじめた息子を連れて田舎に戻り
暫し団欒でした。

hiroさんは旅でいないだろうから あえないし 
パン屋さんへ行くのは よそうかとおもいましたが(パン屋さんにしかられる、笑) 
まあ また 次の機会でも あえるからねーと
木陰のデッキが気持ちよかったです。

次は一緒にスープ飲みましょう。^^
Commented by あゆ at 2009-05-10 16:24 x
hiroさん、インドへいらしていたんですね!
インドは行った事がないので、色々知りたいです。
これからの記事を、楽しみにしています。
Commented at 2009-05-10 17:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2009-05-10 18:24
インドのお話愉しみです そうですねなんでもありのインド
Commented by フジエ at 2009-05-10 21:36 x
お帰りなさい。
インドのお話、楽しみにしています。
寝込んだことも……とありましたが、大丈夫ですか?
Commented by じじ at 2009-05-11 00:08 x
おかえりなさい!
無事のご帰還、なによりです。
こちらのページを見る楽しみが、また始まるんですね。
お疲れでしょうから、ゆっくり、また日本に染みこんでください。
Commented by gon1442 at 2009-05-11 01:05
お帰りなさい。また楽しみにo(^▽^)o
Commented by sakiko at 2009-05-11 10:26 x
hiroさん、おかえりなさい!!
hiroさんのインドのオミヤゲ話、楽しみですー。
(いつか南インドでの再会をと願ってはおりますが・・)

スリランカのこと、ダンナが青年海外協力隊で3年ほど行っていたので
私も少し知っています。
コロンボへ行ったとき、兵士の駐屯所があちこちにあって、
そこには土嚢が積まれていました。
民族紛争がいまだ続いていることが、とても近くに感じられて
平和ぼけしている私にはとても衝撃でした。
Commented by じゃり at 2009-05-11 10:35 x
おかえりなさい。インドにてパワー注入してきたhiroさんのブログまた楽しみに覗かせてもらうね。
じゃりも来月から新しい生活がはじまりそうで不安でいっぱい。
hiroさんからパワー分けてもらおう(笑)
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:23
>ぽっきーさん
ああ、わたしもパン屋さんへオジャマしたかった!
実は今日、行く予定だったのですが
わたしの体調が戻らないため(ひそかに自宅軟禁)、
自粛してしまったのです。
ピザとコーヒーで、最高の休日だったのでしょうね。
いつか、あの木のテーブルで一緒にパンを食べましょう!
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:24
>あゆさん
インドは、行けば行くほど、知れば知るほど
新しい発見を与えてくれる、魅力的なところです。
今回もいっぱい笑って、いっぱい怒って、いっぱい泣いて
帰ってきました。
これから少しずつ書きますね。
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:25
>鍵コメントさん
旅自体は1ヶ月でした。
インドからも書こうかと思ったのですが、
なにを書こうか考えているうちに、終わってしまった感じです(笑)
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:26
>aamuiさん
何でもありのインドだけど、
しっかり「何でもあり」じゃない部分があって、
そういう、インドだけのラインが時々目に入ると
ハッとします。
特に、ヒンズー教にまつわる部分とか、生活上のしきたりとか。
そういう瞬間に出会うために、旅をしているんだなと
思うことがあります。
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:28
>フジエさん
お久しぶりです! お元気ですか。
スマップの事件、インドで知りましたが
もしかして、もしかしてフジエさん、
近くで見ていたりして…などと考えていました。
向こうで寝込んだのは3日程度のもので、
あとは元気に歩き回っていました。
おかげですっかり土方焼けです…。
近いうち、お会いしたいです!
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:29
>じじさん
日本に染み込む間もなく、某ウイルスがカラダに染み込んで
いました…。
新型インフルではありませんが、やっぱりまだ赤ちゃんを
抱っこすることはできないので
じじさんのお家にオジャマするのも自粛します…。
早くしないと1歳になっちゃうなー。
もう、ずいぶん大きくなったんだろうなーと
想像(妄想)しています。
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:31
>gon1442さん
ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。
インドでは、やっぱり禁酒状態の旅でしたが、
南インドでは「バー」という看板をかけた酒屋を
いっぱい見ました。
みんな、店先で立ち飲み状態でしたが
あまり飲んだくれの酔っぱらいはいなかったなあ。
日本はこれからビールがおいしい季節ですね!
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:33
>sakikoさん
ご主人、スリランカへ行かれていたんですね。
わたしは帰りの便がソウル経由だったのですが、
そこで、娘さんが青年海外協力隊でスリランカに派遣されていた
という年配のご婦人に出会いました。
もしかして、sakikoさんのご主人とその方の娘さんは
お知り合いかもしれませんね。
sakikoさんとニアミス(?)したコバラム、懐かしいです。
今回、ゴアのビーチへ行きました。
わたしは、どちらかというとコバラムのほうが好きかな。
Commented by asian_hiro at 2009-05-11 17:35
>じゃりさん
じゃりさんの新生活は東京? それともどこかほかの場所かな?
もし、東京なら直接会ってインドのパワーを渡したい。
今ならフルで充電できるよ!
じゃりさんのおいしい料理と交換でどうでしょう?
Commented by mamakarin at 2009-05-11 22:41
おかえりなさい、hiroさん!
私もしばらく更新していなかったので
今日タイミングよくおかえりなさいを言えて嬉しいです。
時折グッと胸につまりながらひといきに読ませて頂きました。
真っ黒になって細くなってそして心はきっとパンパンに膨らんで...

ゆっくりゆっくり休んで落ち着いたらまた
旅のお話を聞かせてくださいね。
Commented by レオナルド at 2009-05-11 23:47 x
お帰りなさい&お久しぶりです。

多分インドかな?なんて妄想してました。
私もGW前後20日間程、東北辺りをウロチョロしてました。

そうそう、念願のzopfのヨーグルトライも食べましたが、
私の妄想上のものと多少違ってました…。
美味しかったですけどね。

旅のお話、楽しみにしてます♪
Commented by じゃり at 2009-05-12 08:43 x
東京だよ。
脱フリーターなのでちょっと不安なの。
ヤマガタンの頃はずっと自営だったしこっちに来てからはずっとアルバイトで社員になるというのが初めてでちょっと構えちゃってる感じなんだ。
パワー注入お願いしたいよ!!!じゃり飯でよければ(^^ゞ
Commented by a-monly at 2009-05-12 11:22
hiroさん、おかえりなさい!
インドに行ってらしたのですね~
旅先でのお話や写真、楽しみにしています!!
でもその前に、ごゆっくり^^
Commented by asian_hiro at 2009-05-12 20:43
>mamakarinさん
こんにちは! お久しぶりです。
mamakarinさんの女の子らしいブログを読むたび、
どうしてわたしは…と自己嫌悪になりますが、
仕方ないとあきらめ半分です(あきらめるな?)
顔も首も腕も足も、真っ黒に日焼けして、
先日、美容師さんには「すでに一夏越したみたいですね」と
言われました。
秋からは美白に専念しようと思っています。
インドの話が続きますが、また、これからも
どうぞよろしくお願いします!
Commented by asian_hiro at 2009-05-12 20:46
>レオナルドさん
ご無沙汰してしまいました。
20日ほど東北なんて、とてもゆっくりされたんですね。
わたしはあまり東北方面へ出かけたことがないのですが、
どこがよかったですか?
(パン的に、という意味でも)
ヨーグルトライ、ご想像と違ったようですが
想像と違うということも、パンとの出会いが楽しい理由ですね。
わたしも久しぶりにヨーグルトライが食べたくなりました。
Commented by asian_hiro at 2009-05-12 20:47
>じゃりさん
新しい道の第一歩だね!
やっぱりフード関係の社員なのかな。
じゃり飯を抜きにしても(いや、抜きたくないけれど)
応援しているよ。がんばれ!
Commented by asian_hiro at 2009-05-12 20:49
>a-monlyさん
帰国翌日から、どっぷりジャパニーズライフに
巻き込まれてしまっているわたしですが、
妙にセカセカとすることもなく、マイペースに暮らして
います。
これから少しずつインドの話をアップしますね!
今回は、あまりカレーの話はないけれど、
どの写真からアップしようか、毎日フォトショップと
にらめっこです。
Commented at 2009-05-13 21:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2009-05-14 23:16
>鍵コメントさん
いやいや、しっかり女の子なブログだと思いますよ。
わたしも見習わなければ!
今年は一緒に美白をがんばりましょう。
でも、スタート地点でかなり遅れを取っているからなあ、わたし。
大丈夫かしら…。
<< バス 追記 >>