アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ:ViviCam 5050 ( 20 ) タグの人気記事
青春18切符
誰かが、旅の続きを。
c0001023_344642.jpg

今日、1枚だけどうしても使い切れなかった青春18切符が
使用期限ぎりぎりで売れた。
駅前の金券ショップに委託販売をお願いしていたんだけど、
昼過ぎにその店を覗いたとき、
「ああ、あれね。たった今、売れましたよ」という
おじさんの言葉を聞いて、
チケットが無駄にならなくてよかったと、ホッとした。
家までの帰り道、
受け取ったお金で、ラナンキュラスの小さな花束を買った。
誰かが、わたしの使ったチケットで旅をしているということに、
なんだか、とてもわくわくした。

写真は、今日の桜。
もうそろそろ、また、来年かな。
by asian_hiro | 2010-04-11 02:59 | 日々のこと | Comments(2)
ベルグの4月のマドレーヌ
1日1個を365日。
c0001023_19522755.jpg

夢を100個書くことができる人は、しあわせなのだと聞き、
書き出したことがある。
そのときは、100個どころから半分もいかなくて
途中から「早寝早起き」や「間食を控える」など、
そんなことしか思いつかなくなってしまったのだけど、
今日は4月1日、世の中では入社式ということもあり、
心機一転、私も再び思いつくまま書いてみることにした。
…が、やっぱり100にはならない。
がんばっても、浮かばない。
しかたないので、とりあえずあしたの夢を書くことにする。
「晴れたら、花見」
ホントのところ、これが夢と言えるのかわからないけれど、
未来の楽しそうなことを語るのが夢ならば、これもきっと夢なのだ。
毎日1個の夢を書いていけば、1年で365個。
その半分が叶ったとしても、100個を超える。
こんなペースで、4月から進もうと思う。

ベルグの4月のマドレーヌ。
なぜか、ピントを合わせてしまうのがもったいなく、
今日は、ピンぼけのトイデジで撮影。
by asian_hiro | 2010-04-01 21:52 | グルメ | Comments(2)
ガーベラ
なんだか、いい気分で。
c0001023_2349822.jpg

母と、ボロ市へ行った。
いくつかの雑貨と、たくさんの食料品と、
ぼけの鉢植えを仕入れ、
最後に、鹿港の肉まんとニコニコ家でだんごを買ってから
帰路につく。

家に戻り、だんごとお茶で一息入れ、
それから、肉じゃがだのきんぴらだのあれこれ作り、
少し早めの夜ご飯にする。

そのあと、母は銭湯へ、
わたしはヨガのクラスに行った。

帰り道、ボロ市で買った花瓶に花を飾ろうと、
駅前の花屋に寄る。
昼間、花瓶を買った出店の女主人は、
たぶん、タイかベトナムの女性だと思うけれど、
「アリガトネ、カワイガッテネ」
と、つりを渡しながら言った。
そのときの、気持ちのいい笑顔を思い出しながら、
ピンクのガーベラを
一輪、買った。
by asian_hiro | 2010-01-17 00:00 | 日々のこと | Comments(2)
うめ麦茶
日曜夜に、とりとめもなく。
c0001023_192476.jpg

「なんだ、今日はやけに張り切ってるじゃないか」
「あ、はい、いつもお世話になっております」
「それじゃ、1枚足りないだろ」
「ええ。そのあたりはリンキオウヘンに」
「380円になります。袋に入れますか」
「乗車口から離れてお待ちください」
テレビのチャンネルをがちゃがちゃと回したように、
世界は、あらゆる会話の断片でできている。
わたしのストーリーも、
街のあちこちで断片を切り離しながら進んでいく。
物語のあらすじを丸ごと知っているのは、わたしだけだ。

話を聞くのと話をするのと、どちらが得意かと言われれば
断然、話を聞くほうで、それはたぶん昔から変わらない。
それでも、とりとめもなく話したいときがある。
たとえば、今日みたいな日曜の夜。
「じゃあ、だれがお母さんを」
そんな感じのセリフが柴門ふみの漫画にあった。
お母さんを、なんだっけ、抱っこするだっけ、褒めるだっけ、
セリフの続きは忘れてしまい、漫画を実家に置いてきてしまったから
確かめることもできないけれど、
いまは、なんだかそんな気分。
「じゃあ、だれがわたしを。もしくは、あなたを」

金曜日はものすごく乱れた食事をしてしまったので、
このごろの不摂生を反省し、
昨日の土曜日は丸一日飲まず食わずで過ごしてみた。
ついでに、仕事も荒波のようにやってきたから、
結局、家から一歩も出ずに
原稿を書いては休み、原稿を書いては休みで、
あっという間に一日が終わった。

今日は、昼間に少し時間ができたのでヨガへ出かけた。
結構激しいタイプのヨガで、久しぶりに身体を動かしたから
うわあ、なんだかキツいなあと思っていたら、
75分の山場と思われるところで、皆でポーズを取っているとき
先生がわたしの身体を使って説明を始めた。
こまった、これじゃ足をおろすことができないと思いつつ
片足で踏ん張り、腰を伸ばし、腕を上げる。
静止しようと思うと、身体がぶれてしまうけれど、
左と右、上と下、同じちからで引っ張り合えば
その真ん中で、止まるのだ。
均衡。
バランス。
それは、静止から生まれるのではなく、
たえず、動こうとするちからのなかから現れる。


明日から、またあたらしい一週間がはじまる。
昨日、電話をくれた友人によると、
「人生は、『別名保存』ではなく
『上書き保存』で進んでいく」のだそうだ。
なるほど、だとしたらわたしのこんな週末も、
きらきら輝く夏の太陽に、上書きされればいいと思う。
そして、意図せずともあちこちで散らかしてきた断片も、
なにか、それに変わるすてきなものに
上書きされれば、いいと思う。

写真は、ルピシアで買ったうめ麦茶。
ほんのりと、うめが香る。
by asian_hiro | 2009-08-16 20:07 | 日々のこと | Comments(2)
はちみつ
いまさらとは知りつつも。
c0001023_19405427.jpg

実家に、買ったばかりのはちみつを忘れてしまった。
大好きなパン屋さんで売られていたものを通販で買ったのに、
まだ、一度も使わないまま、
タンスのなかの「食料庫」に置き忘れてしまった。
あるカフェで、はちみつと相性のいいパンを買ったけれど、
肝心のはちみつが、ここにはない。
いま、それが手もとにあったら
どれだけ、目の前のくもりが晴れるのだろう。
もしあのとき、きちんとそのことに気付いていたら、
いったい、どれだけのくもりが生まれずに済んだんだろう。
by asian_hiro | 2009-08-07 21:35 | グルメ | Comments(4)
ベーコンチーズバーガー
食べ過ぎ警報、発令。
c0001023_21271241.jpg

食べた分だけ、動くべし。
しかも、この前にはパン、
この後にはタイカレーまで食べているのだから、
さて、これから公園を50周くらい走らないと…。

ベーカーバウンス
by asian_hiro | 2009-08-03 21:30 | グルメ | Comments(2)
自転車
日常と、旅の相棒。
c0001023_2356979.jpg

車の免許を持たないわたしにとって、
移動手段は、一に足、二に電車、三にバス。
駅3つ分程度の距離なら歩いてしまうし、
そのせいか、ヒールのある靴が苦手だ。

いま、自転車を買おうと思っている。
どこでもすいーと連れて行ってくれて、
ときには、旅も共にする相棒として。

今年の夏は、ありがたいことに
まったく休みが取れそうにないけれど、
2日でも3日でも完全オフにすることができたら、
自転車で、気ままな旅をしようと思う。
行き先を決めず、宿泊所も決めず、
ただ、地図と、カメラと、日記帳だけをリュックのなかにいれて。
by asian_hiro | 2009-08-03 00:02 | 日々のこと | Comments(8)
時計
わたし自身の、ねじを巻く。
c0001023_71305.jpg

赤い時計を買いました。

渋谷の駅の近くで見つけた時計は一目惚れで、
家に帰り、大きな机の上に置きました。

いま、時計の前では、ナグチャンパという
好きなお香が焚かれていて、

その横には、友だちに引っ越し祝いでもらった
赤ワインが一本。
まあ、それは昨晩で飲みきってしまったのだけど。

さて、これから出かける準備を始めましょう。
赤い時計のねじを、じりじりじりと
リズミカルに巻くような気分で。
by asian_hiro | 2009-08-01 07:24 | 日々のこと | Comments(0)
ジョギング
追わず、求めず。
c0001023_23275631.jpg

20分ほど、軽くジョギングをするつもりが
いつのまにか、大きな公園のなかに潜り込み、
気がついたら、50分ほど経っていた。
苦しいとか、辛いとか、
走りながら、そんなことを考えずにはいられないけど、
疲れたとか、休みたいとか、
そういうことを考えてしまうことが良くないのではなく、
むしろ、そういう頭を自分のなかから切り離し、
ただ、からっぽになればいいのだということに
このごろ、ようやく気がついた。
by asian_hiro | 2009-07-29 23:34 | 日々のこと | Comments(4)
野菜ランチ
大地に感謝、自然に感謝。
c0001023_21154799.jpg

インドでは、一日三食カレー三昧。
イスラム圏では羊にまみれ、エジプトでは豆とトマトに明け暮れた。
それでも、まったく飽きたとか納豆を出せとか思わなかったし、
むしろ、シンプルな食生活は思考回路を複雑に乱すこともなく、
暴力的にあらぶることもなく、
地面の3cm上を
スキップするような感覚にしてくれるのだと実感した。
それなのに、日本へ帰って来た途端、
「満足」や「満腹」と感じるラインが
急に跳ね上がったり、引き下がったり
バラバラになるのはなぜだろう。
週末の暴飲暴食がたたり
身体から「野菜をくれー」という声が聴こえたので、
今日のランチは、ViviCamの先輩を誘ってThanks Nature Cafe
たっぷり野菜の下は、雑穀米、パスタ、ピザなども選べるけれど、
ひたすら野菜だけを摂取したかったので、サラダのみに。
案の定、夕方にお腹が空き、
コンビニに駆け込んでお菓子を購入してしまったから
ヘルシーだわあなんて言っていられないんだけど、
それでも、たっぷり野菜はこころが落ち着く。
わたしは完全なベジタリアンではないし、
その証拠に、このお皿のなかにもまぐろがしっかり隠れていたけれど、
食事バランスの善し悪しは、カロリーや栄養成分が決めるのではなく
こころの声が教えてくれるのだと思う。
by asian_hiro | 2009-07-27 22:15 | グルメ | Comments(2)