アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ:写真 ( 13 ) タグの人気記事
インド・アフター・インド
おしらせです。
c0001023_1938267.jpg

インドの本を書きました。
写真半分、文章半分の、エッセイ風旅行記のような感じ。
この本を通して、インドの空気を感じてもらえたらうれしいです。

「インド・アフター・インド」
花伝社

現在、amazonや書店で発売中。
→amazonのページ http://goo.gl/8mJxB


<インド・アフター・インドを書いて思うこと>
はじめてバッグパックを背負って旅をしたのは、1997年のことだった。
行き先はインドで、2週間。
バッグパックは新品のL.L.Bean、
深い緑色のもので、容量は40リットルだった。

その2年後、約半年に及ぶ旅に出た。
タイからはじまり、インド、ネパール、ヨルダン、エジプト、
それからタイへ帰ってくるというもので、
まだ、長旅に慣れていなかったため、
あれもこれもバッグパックに詰め込んだら
みっともないくらいパンパンになってしまい、
スタート地点のバンコクのカオサンロードで、
L.L.Beanのバッグパックを売り、60リットルのLowe alpineを買った。
黒地に赤で模様が入っている。
もちろん、バッタものだ。

まだ、デジカメなどなかった時代だ。
バッグパックの1/3はフィルムが占めた。
帰国する頃にはあちこちで購入した洋服や布、
本、食べ物類などが加わり、
最後は20キロ近い重さになった。

そのあとも、このLowe alpineを背負って旅に出た。
いちばん重かったのは
インドのリシケシでヒンディ語を習っていたとき。
辞書だの、テキストだの、何冊も買ったので
リシケシを出て次の町へ移動するとき、
バッグパックは、30キロの重さになっていた。
それを背負い、30分や1時間、宿探しで町を歩くこともあったのだから
ちょうど、旅をしながら筋トレをしているようなものだった。

しかし、重い荷物は旅の歩みを遅くする。
バッグパックが大きいから荷物も多くなるのだと、
あるとき、ベトナムのホーチミンで
わたしは60リットルのLowe alpineを売り、
その代わり、再び40リットルサイズのバッグパックを買った。
メーカーは、引き続きLowe alpine。
なんでもよかったのだけど、くすんだ水色がいいなと思ったのだ。
しかし、タイのノンカイで強盗にあったとき、
このバッグパックをナイフでざっくり切られてしまったので、
日本に帰ってから、またバッグパックを新調した。
今度は45リットルのMILLET。
グレーに水色の模様が入ったもので、とても背負いやすく、
今でも、それを愛用している。

旅の友、バッグパックはこうして何代も入れ替わった。
わたしはその間、20回近くインドへ通い、
合計で3年くらいの月日を向こうで過ごした。
はじめてインドへ出かけたのは
沢木耕太郎の「深夜特急」に影響されて旅へ出る人や、
猿岩石をまねて日本を飛び出してきた若者が多く、
「自分さがし」というコトバが流行していた頃だった。
別に、わたしは自分をさがすために旅をしていたわけじゃないし、
ただ、「行ってみたかったから」「おもしろそうだったから」
そんな理由で、旅を続けていたのだけど、

はたして、わたしは旅でいったい何を見つけたのか?

日本にいるときも、旅をしているときも、
時折、そんな疑問がわたしの心の表層に浮かんでは消えた。

これまで、旅について3冊の本を書いた。
2冊目は、レシピとエッセイという異色のスタイルなので
とりあえず置いておくことにして、
純粋に旅を見つめたのは
「スロウなアジア」と「ぎゅぎゅっとインド」の2冊になる。
「旅のことを本にしたらいい。あなたが書く文章を読みたい」、
ある人の、そのひと言がきっかけになって
2003年夏、「スロウなアジア」の出版にこぎつけた。
「ぎゅぎゅっとインド」を書いたのは2006年春だ。
書くことが楽しくて楽しくて仕方なく、
一気に書き上げた「スロウなアジア」、
旅の“光”も、裏にある“影”も、
どちらも書きたかった「ぎゅぎゅっとインド」。
正直なところ、旅の話はこの2冊だけでおしまいにして、
もう、本を書くつもりはまったくなかった。
でも、今回、縁あって本を書くことになり、
ときどき、吐きそうになりながら机にしがみついて文章を書き、
目が痛くなるほど、過去の日記やアルバムを洗いざらいあさって、
ようやく、この「インド・アフター・インド」が仕上がった。

ピカピカのバッグパックを背負い、
勇んでインドへ出かけた15年前のわたし。
あの新人バッグパッカーが、時を重ねてどんな人間になったのか。
特におもしろくもないが、つまらくもない、
おおむね、淡々と過ぎていく日本での日常と、
はちゃめちゃで、突拍子も無く、
時々、こころを激しく揺さぶられるようなインドでの日常が、
この15年間、溶け合い、せめぎあい、許し合い、ときに戦い、
“わたし”という人間を作ってきたのだと
この本を書く過程で、いやというほど思い知った。
この本は、“わたし”という人間が今、ここに生きているという
存在証明であり、
存在理由であり、
過去の軌跡であり、
そして、未来をほのかに照らす道標でもある。
そう考えると、わたしの旅についての本は全三部作、
これで、ようやく完結したみたいだ。

2012年7月、「インド・アフター・インド」刊行。
by asian_hiro | 2012-07-28 20:18 | 私の本 | Comments(12)
旅する写真展、第4弾
どこまでも続く旅。
c0001023_19535215.jpg

インドでのあいさつは、
「こんにちは」も「さようなら」も
いつでも「ナマステ」だけでいい。
「こんにちは」が「さようなら」になり
またいつか、「こんにちは」につながるのなら、
たぶん、わたしたちに終わりはないのだ。
c0001023_19543964.jpg

日本を旅する写真展。
東京・根津のカフェノマド、兵庫・西宮のameen's oven、
大阪・箕面のHashimototeyと続き、
第4弾は埼玉県の春日部市にて。
とても居心地のいい、素敵なカフェです。
(上の写真は展示準備中なので雑然としていますが、
本当はもっとすっきりしていて、テラス席もおすすめです)

「Smiles, Mile after Mile
−笑顔で世界をリンクする。世界の『顔』写真展」


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰
菊池一馬

●Date
2010年6月2日(水)〜19日(土)
※毎週日・月・火休み

●Place
cafe 5 five
埼玉県春日部市粕壁東1-2-13
048-755-5458
Open 13:00〜20:00
春日部駅より徒歩3分
by asian_hiro | 2010-06-01 20:26 |
勘違い
さっきまで、なぜか今日が土曜日だと思っていた。
だけど、そういえば
夕方、サザエさんとじゃんけんをしたよなあと思い出し
ああ、そうか、今日は日曜日だったのだと気がついた。
一日損したような、不思議な夜中。

明日で、写真展も終了です。
c0001023_136512.jpg

「Smiles, Mile after Mile」
−旅する写真展、笑顔で世界をリンクする−


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰
with 菊池一馬

●Date
2010年2月24日(水)〜3月8日(月)

●Place
cafe and bar Hashimototey
大阪府箕面市箕面 2-5-37
072-721-3221
Open 8:30~18:00 毎週火曜日休
阪急箕面駅より徒歩5分
by asian_hiro | 2010-03-08 01:37 | 日々のこと | Comments(4)
真夜中に、音楽と。
c0001023_137281.jpg

ものごとは、そんなに単純ではないということ、
だけど、恐れているほど複雑でもないということ、
いったん手をつけてみれば
「なんだ、こんな簡単なことだったのか」って
拍子抜けして、笑っちゃうかもしれないということ、
だけど、その一歩を踏み出すまでの時間が、
ときに、うんざりするほど長く感じられるということ。


いま、「凧」という名の叙情的な音楽を聴いている。
細胞のひとつひとつに音楽がしみこむくらい、
何度も何度も、繰り返して。
みんな、寝静まった真夜中に。


昨日の種は、あしたの果実。
たとえ、その味がいまいちだとしても、
来年は、もっと立派な実を結ぶと信じたい。


ああ、糸の切れた凧のように、
どこまでも、駆け上がれればいいのにと思う。
願わくば、誰のこころも傷つけることなく。


(Thanks to 矢田和彰
by asian_hiro | 2010-02-25 02:14 | 日々のこと | Comments(2)
旅する写真展、第三弾
大阪での写真展、はじまりました。
c0001023_2019399.jpg

c0001023_20195012.jpg

c0001023_20204384.jpg

c0001023_20205899.jpg

c0001023_2021974.jpg

c0001023_20192852.jpg


「Smiles, Mile after Mile」
−旅する写真展、笑顔で世界をリンクする−


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰
with 菊池一馬

●Date
2010年2月24日(水)〜3月8日(月)

●Place
cafe and bar Hashimototey
大阪府箕面市箕面 2-5-37
072-721-3221
Open 8:30~18:00 毎週火曜日休
阪急箕面駅より徒歩5分
by asian_hiro | 2010-02-24 20:23 | 日々のこと | Comments(0)
旅の写真展
旅する写真展、第3弾は大阪。
c0001023_23295912.jpg

東京・根津のノマドカフェ、兵庫・西宮のameen's ovenと続き、
第3弾は、大阪で行うことになりました。
とても素敵なカフェギャラリーです。
ぜひ、散策がてらお越し下さい。

「Smiles, Mile after Mile」
−旅する写真展、笑顔で世界をリンクする−


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰
with 菊池一馬

●Date
2010年2月24日(水)〜3月8日(月)

●Place
cafe and bar Hashimototey
大阪府箕面市箕面 2-5-37
072-721-3221
Open 8:30~18:00 毎週火曜日休
阪急箕面駅より徒歩5分
by asian_hiro | 2010-02-06 23:39 | 日々のこと | Comments(2)
ameen's ovenで写真展
初日は雨、のち晴。
c0001023_20344129.jpg

土曜日から始まったameen's ovenでの写真展。
飛行機が神戸空港に降り立ったときには、細い雨が降っていて、
「ねえママ、どうして飛行機が飛ぶと雨が降るの」
「それはね、お空がようこそって言ってるのよ」
そんな話し声が、隣の席から聞こえてきた。
c0001023_20331331.jpg

傘をさして、いつもの道をたどってパン屋さんへ向かう。
宅急便で送った荷物のなかから写真と両面テープを取り出し、
店内の真っ白い壁に一枚ずつ写真を貼っていたら
いつの間にか雨もあがり、
飾りつけを終わった頃には、きれいな青空が広がっていた。
c0001023_2035430.jpg

イスに座り、写真を一枚ずつ眺めてみる。
国籍も、シチュエーションもさまざまな写真は
予想したよりも、ずっとこの空間になじんでいた。
カフェのイスは、サイズも年代も座り心地もばらばらで
不揃いのバランスが、妙にこころにしっくりくる。
そんな室内に、世界各国の「顔」を集めた写真は
違和感なく、きちんとした佇まいでおさまっていた。
c0001023_20351722.jpg

そして、テラス席には秘密兵器の特設テント。
白いビニール屋根に覆われたテント内は
子どもの頃、夢中になった探検ごっこみたいで
なんだか、無性にわくわくする。
この真ん中に座って、小さなカップでチャイを飲みたいと思う。
静かなテントのなかで、世界の写真を眺めながら
いろいろな町のざわめきを、自由に想像したいと思う。
c0001023_20353542.jpg

旅は、たしかに終わったのだ。
しかし、今もなおわたしたちは、
こうして旅の断片をこころのなかに掲げている。
これほどいきいきと過去の旅を振り返ることができるのだから、
もしかしたら、わたしたちの分身は
今も、世界のどこかで旅を続けているのかもしれない。
c0001023_20365747.jpg

写真の飾り付けが一段落したら、
お待ちかね、パン屋さんのカフェで休憩を。
メニューを見ながらあれこれと悩んだ結果、
酒かすととうふチーズのピッツァをオーダーした。
c0001023_20354991.jpg

チーズ風味のペーストが塗られたピッツァに
マスタードグリーンが、爽やかな辛みを添える。
これは、本当においしい!
ずっと食べたいと思っていたものにようやく出会い、
今年の夢が、年末にひとつ叶った。
c0001023_2036447.jpg

それから、持ち帰るパンを買う。
カウンターにずらり並んだトーストの列から選んだのは、
ときどきしか登場しないというチーズのパン。
c0001023_20361968.jpg

そして、これまた珍しいあんクロワッサンもトレーに載せた。
これは、店内で早速食べる。
パリパリのクロワッサンと、滋味深いあずきのコンビ。
考えてみたら、和と洋が混ざり合う絶妙なクロワッサンも
不揃いなバランスが心地よいこの空間にぴったりだ。
c0001023_20363229.jpg

飾った写真は、約60枚。
インドもあれば、中南米もある。
アフリカもあれば、東南アジアもある。
つくづく、わたしは本当に旅が好きなのだなと思う。
そんな写真を、大好きなパン屋さんで飾ることができるのだから、
これ以上、旅人冥利につきることはない。
c0001023_20364549.jpg

久しぶりの友達と、ゆっくり話していたら
あっという間に、外は夜。
こうして、長い長い一日は終わった。
そして、こうして「旅する写真展」の第二部がスタートした。

「Smiles, Mile after Mile
−笑顔で世界をリンクする。世界の『顔』写真展」


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰
with 菊池一馬

●Date
2009年12月5日(土)〜12日(土)
※12月7日(月)休み

●Place
ameen's oven
兵庫県西宮市若松町6-18 ヴィラドコアン1F
0798-70-8485
Bakery 11:00〜売り切れまで
Cafe 11:30〜19:00LO
阪急夙川駅、JRさくら夙川駅徒歩7分

ちなみに、いつものカフェはこんなふうです。
by asian_hiro | 2009-12-06 21:43 | パンSPECIAL!! | Comments(16)
ameen's ovenのロッゲンブロート
おしまいは、はじまり。
c0001023_2362613.jpg

つくづく、わたしは本当に好きなのだと思う。
パンの写真を撮ることとか、
ひととおいしいものの話をすることとか、
旅の写真を整理することとか、
次はどこへ行こうって、あたまのなかに世界地図を浮かべることとか。


旅する写真展、ノマドでの開催も無事に終了しました。
たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
そして、今週末からはいよいよameen's ovenでの開催です。
ミシマさんの力作、ひみつのテントを楽しみに、
そして、もちろん至極のパンとお料理を味わいに、
ぜひ、いらしてください。
写真は、ameen's ovenのロッゲンブロート 。
わたしは日本で食べるパンのなかで、
このパンが、三本指に入るくらい大好きです。

写真展について http://ameentable.exblog.jp/13125601/
by asian_hiro | 2009-12-03 23:22 | パンSPECIAL!! | Comments(0)
写真展、ラスト1日
出会いは、一瞬の偶然。
別れは、永遠の必然。
c0001023_20375263.jpg

写真展に、ずいぶんたくさんの方に来ていただきました。
高校時代の友達、大学時代の友達、
同じサークルで頑張った仲間、先輩、後輩、
パン屋さん、パン友達、
仕事つながり、ライター仲間、
世界各地で出会った旅人、
ブログを通して知り合った方々、そして、家族。
みなさんと、一瞬でも同じ空間を共有できたということに、
いまはただ、感謝の気持ちしかありません。

もう、会えないと悲しむのではなく
会えてよかったと、思うことにする
c0001023_2038521.jpg

旅の写真展、いよいよあしたでおしまいです。

「Smiles, Mile after Mile
−笑顔で世界をリンクする。世界の『顔』写真展」


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰

●Date
2009年11月19日(木)〜30日(月)
※11月25日(水)休み

●Place
cafe NOMAD
東京都文京区根津2-19-5
03-3822-2341
14:00-23:00
東京メトロ千代田線根津駅1番出口 徒歩1分
by asian_hiro | 2009-11-29 20:47 | 日々のこと | Comments(8)
写真展のおしらせ・2
旅する写真展、東京の次は神戸。
c0001023_1154219.jpg

(写真展に飾っている作品より。
こんなふうに文字を載せた写真を約30点、展示しています)

ずいぶん、たくさんの方が写真展へいらしているようで、
本当に、感謝しています。
昨日、cafe NOMADへ伺い、
メッセージノートをうれしく拝見しました。

旅をするひと、しないひと、
写真を撮るひと、撮らないひと、
いらっしゃる方はさまざまです。
でも、みなさんがわたしたちの写真を見たとき
なにかひとつでも心に残るものがあれば、
わたしたちの旅は、帰国をした時点で終わったのではなく、
今もなお、続いているのだと思わずにいられません。

cafe NOMADでの開催は11月30日(月)まで。
その後は、なんと神戸へ場所を移し、
ameen's ovenの特設テントで写真展を行います。
気持ちのいいウッドテラスに設営していただくテントのなかで
インドやアフリカの写真がどんな表情を見せるのか、
わたし自身も楽しみです。
ameen's ovenでの開催は、12月5日(土)〜12日(土)。
パンやお料理もとてもおいしいので、そちらもぜひお楽しみに。
詳細は後日、改めてお知らせします。
このブログと、こちらのブログをご確認ください。

東京での開催も、残り1週間。
たくさんの方にお会いできるのを、楽しみにしています!

「Smiles, Mile after Mile
−笑顔で世界をリンクする。世界の『顔』写真展」


●Photo & Word
鈴木博子
矢田和彰

●Date
2009年11月19日(木)〜30日(月)
※11月25日(水)休み

●Place
cafe NOMAD
東京都文京区根津2-19-5
03-3822-2341
14:00-23:00
東京メトロ千代田線根津駅1番出口 徒歩1分
by asian_hiro | 2009-11-23 11:19 | 日々のこと | Comments(12)