アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ:パン ( 381 ) タグの人気記事
オアシス
近すぎて、気がつかない。
c0001023_0345662.jpg

昔、中国のピチャンという小さな町から砂漠へ行った。
45度になろうかという真夏の日、砂山を登りながら、
これを越えたらどんな景色が広がっているんだろうと考えた。
オアシスか、ナツメヤシか、ひつじの群れか、
わくわくしながら山頂に立つと、
そこから見えたのは砂しかなかった。
見渡す限り、一面の砂。
次の山を越えても、やっぱり砂しかなかった。
町に戻り、宿へ向かって木陰を歩いているときにふと思った。
オアシスは、砂漠の向こうにあるんじゃない。
こっちの世界がオアシスじゃないか、と。

*

仕事は午後からだったのだけど、朝早くの新幹線で大阪へ行った。
THE CITY BAKERYで朝ご飯を食べようと思ったのだ。
夏、友だちとここに初めて来たとき以来、
なぜか、このトーストが懐かしかった。
店内には大きなテーブルがひとつ置かれていて、
前回と同じように、角の席に座って食べた。

*

パンの焼け具合は絶妙だった。
厚みもわたし好みだった。
バターとりんごジャムが付いていて、
コーヒーの味もわたしが好きなタイプだった。
そういえば、最近、丁寧にコーヒーを淹れていなかったな。
インスタントコーヒーと牛乳と水と、
適当な配合でカフェオレにしてばかりだったな。
パンを食べ終え、コーヒーを飲みながら日記を書いた。
日記帳を開くのも、ここ最近、なかったな。

*

わたしにとって日記を書くということは
日々の生活にしおりを挟むようなもの。
しおりがなくても本は読める、
でもしおりがあったらもっと読みやすいし、
同じところをウロウロしなくても済むでしょう、
日記もそんな感じなのだ。
このところ、ワサワサした気分が続いていたのは
生活に、日記というしおりを挟んでいなかったからだ。

*

思い通りにいかない案件が続いたり、
書いても書いても仕事の山が減らなかったり、
ちょっと、いろんなことが限界だなって思った。
そんなとき、いつも思い出すのは
千代の富士が引退したときの言葉、
「体力の限界。気力もなくなり……」という台詞。
あれは、かなり衝撃だった。
体力と気力の世界で勝負をしてきたひとが「限界」と口にする、
その心境を考えると、なんだかたまらなくなってしまう。

*

最近、千代の富士の言葉を不意に思い出すことも多かったのだけど、
そうかと思うと
久しぶりの友だちが仕事を手伝ってくれたり、
大学時代の親友が
“A happy belated birthday"とお祝いをしてくれたり、
よく考えたら、悪いことばかりじゃなかった。
むしろ、なにがダメだったんだっけって
記憶を手繰りたくなるくらいだった。
わたしにとってのオアシスは、
たとえば、朝に食べるこんなパンや、
マグカップへ無造作に注がれたコーヒーや、
携帯に届くメールや電話や、
日記帳に書き綴る
なにげないひと言のなかにあるのかもしれない。
by asian_hiro | 2014-11-23 21:24 | 日々のこと | Comments(10)
ameen's ovenのスコーン
これだけは、残しておく。
c0001023_1684768.jpg

「ドウダンツツジ」と入力して変換したら、「満天星」と出た。
知らなかった、漢字で書くとそうなんだ。
なんだかちょっと、いいことを知った。

*

日に日に秋が深まっていき、
屋上から眺める空も、少しずつ冬の顔になってきた。
黄色いいちょうに囲まれる東京は、
一年のうちで、いちばん好きだ。

*

気がつけば11月。
今年も残り2ヵ月を切った。
あと何日、風の強い屋上でヨガをすることができるだろう。
あと何回、ドトールでアイスコーヒーを飲むだろう。
あとどれだけ、行ったり来たりを繰り返したら
どこかの淵に届くのかな。

*

ameen's ovenのミレットスコーン。
毎年出会う、秋の顔。
by asian_hiro | 2014-11-08 16:17 | パンSPECIAL!! | Comments(9)
カヤバ珈琲のたまごトースト
せみの声が響き、お線香の香りが流れる町。
c0001023_19501867.jpg

朝10時、遠来の友だちと日暮里駅で待ち合わせをした。
気持ちいい夏の風に吹かれながら
日暮里、千駄木、そして、谷中の商店街へ。
お互い、あまり頻繁に連絡を取るタイプではないけれど、
並んで歩けば、空白なんてすぐに埋まる。

カヤバ珈琲のモーニング、たまごトーストとアイスコーヒー。
もし、わたしがこの近所に住んでいたら、
日当りのいい2階の座敷席の、いちばん端っこに陣取って、
毎朝、通りを見下ろしながら、このトーストを食べるだろう。
by asian_hiro | 2014-07-20 20:07 | Comments(4)
ameen's ovenのラスク・デ・チャイ
あれもこれも、愛なくしては。
c0001023_1926224.jpg

整体師をめざして勉強中のヨガ友だちに、体の調整をお願いした。
以前、集中的にヨガを学んで、
毎日8時間くらいアシュタンガやパワーヨガをしていたとき、
あまりに筋肉がカチカチになってしまったので
ほぐしてもらおうと、アクロバティックなタイマッサージを受けたら
まるで、体の関節がバラバラになってしまったような感じになり、
そのあと、再調整するのにとても苦労したことがある。
それ以来、マッサージはあまり気が進まなかったのだけど、
その友人が、整体師になるにあたり、
実践を積まなければならないということもあって、
久しぶりにお願いした。
やっぱり、気心の知れた人だと違うのだなというのが感想。
手のひらを通して、体に感じる重みが心地いい。
触れる、触れられるってたいせつだと、
そんなことを思いながらの1時間だった。

*

旅をするなら、新幹線より各駅停車、
電車もバスも、遅ければ遅いほど好き。
過去の記憶をいろいろたぐり寄せながら、
昨日、帰りの新幹線で友だちからもらったラスクを食べた。
ameen's ovenのラスク・デ・チャイ。
普通、ラスクといえば、あまりもののパンを使うのが一般的だけど、
このラスクは、このラスクのためだけにパンを焼く。
そんな職人気質が大好きだ。

*

今日の昼間、昨日、取材した人達の原稿を書いた。
パソコンに向かいながら、
取材の途中、なんだかとても良い言葉を不意に聞いて、
ひさしぶりに涙が出そうになったことを思い出した。
そういえば、昔、ライターを始めたころは
なんでもない、ちょっとした取材でも
つい、泣きそうになってしまうシーンがたくさんあった。
あれは、どうしてだったんだろうな。

*

今日、書いた原稿は約5,000字。
長くもないし、短くもない。
1本書くなら、これくらいがちょうどいい。
ああ、だけど、やっぱりね、
愛なくして文章は書けません。

*

つらつらと、思うことを綴る月曜日の夜。
昨日の夜中、オーブンでじっくり焼いたセミドライトマトを食べ、
先月、作った梅ジュースを飲む。
とろりと粘度の高い梅ジュースは、
氷を抱きかかえるようにして冷えている。
今度は、ソルダム酒かブルーベリー酒か、あるいは桃酒か、
なにか、時間のかかるものを作ろう。
by asian_hiro | 2014-07-07 22:22 | パンSPECIAL!! | Comments(8)
THE CITY BAKERY
朝を、いっしょに。
c0001023_23275252.jpg

日帰りで、大阪へ。
日曜の朝早く、わざわざ梅田まで会いにきてくれた友だちと
THE CITY BAKERYで、厚切りトーストのモーニング。
ランチでも、夜ごはんでもなく、
朝ごはんをいっしょにできるというのが、
とても贅沢でしあわせなことだと思う。
by asian_hiro | 2014-07-06 23:30 | パン | Comments(2)
ZOPFのゲズンドブロート
ぎゅっとしぼれば、滴り落ちるような。
c0001023_22163815.jpg

雨のおと、
しめった夜風、
ぬるくなったコーヒー、
みずみずしい雑穀パン。
たぶん、満ちるってこういう時間。

ZOPFのゲズンドブロート。
やっぱり、このお店のパンのなかでこれが好き。
by asian_hiro | 2014-06-05 22:31 | パンSPECIAL!! | Comments(0)
ameen's ovenのスコーン
わたしの、3年前。
c0001023_19543525.jpg

朝、ニュース番組で「震災から3年」という言葉を聞いて
いろいろな光景が、あたまのなかに浮かんできた。
取材先で電車が動かなくなり、駅で立ち往生したこと。
携帯電話が使えず、公衆電話から実家に電話をかけ、
ひとまず無事だとわかり、肩からちからが抜けたこと。
駅の隣にあるレストランが開放され、そこでずっと待ったこと。
携帯の充電が残り5%となったとき、近くにいた女の人が
「よかったら」といって、充電器を貸してくれたこと。
誰かのラジオから聴こえる行方不明者の数があまりに膨大で、
これはいったい本当に現実なのか、まったく理解できなかったこと。
隣に座っていたおばあさんが男の子を示しながら
「この子、明日、水泳の試験があるんですよ。
でもこの調子じゃ、延期ですね」って、話していたこと。
夜中、ようやく電車が動き、
同じようにレストランで待っていたひと達と一緒に乗り、
「お気をつけて」と言って、別れたこと。
家に帰り、一晩中、電気をつけてふとんに入ったこと。
その間も、ずっとテレビはつけっぱなしで、
そうだ、翌朝はヨガスタジオへ行ったのだ。
怖くてどうしようもなく、ひとりでいられなくて、
とりあえずどこかへ行かなければと思った。
同じように考えたひとがスタジオには数人いて、
こんなときだからこそ、心をしずかにヨガをしましょうと
指導者の女性は言った。

ameen's ovenのスコーンは、
ダージリン&ロックジンジャーと
カラマタオリーブ&グリーンペッパー。
うららかな、陽射しのなかで。
by asian_hiro | 2014-03-09 22:27 | パンSPECIAL!! | Comments(6)
ameen's ovenの酒種トースト
求めるもの、与えるもの。
c0001023_23124863.jpg

毎晩、電気を消してヨガをするとき
いちばん最初にやるのは、
両足でまっすぐ立ち、前屈をすること。
足の親指から小指まで、1本ずつ指の腹に力を入れ、
それから、土踏まずのそと側、うち側、そして、かかと。
ひとつずつ確認しながら、つながる感覚を大事にする。

近々、ヨガ仲間であり、師匠でもあるひとを
日本へ招くことができるかもしれない。
いつも、彼の力づよいハグに励ましてもらったから、
今度はわたしが、全力のハグで迎えることができるといい。

ameen's ovenの酒種トースト。
ふんわり漂う、甘いかおり。
by asian_hiro | 2014-03-06 23:23 | パンSPECIAL!! | Comments(8)
ameen's ovenのはしばみとなつめの黒パン
月日はめぐる。
c0001023_2240462.jpg

冬になると、いつもこのパンに出会う。
ameen's ovenの、はしばみとなつめの黒パン。

2012年 http://sdays.exblog.jp/18974848/
2011年 http://sdays.exblog.jp/17250013/
2008年 http://sdays.exblog.jp/10418476/
2006年 http://sdays.exblog.jp/5205853/
2005年 http://sdays.exblog.jp/3183525/

2010年がないのは、インドにいたから。
2009年がないのも、インドにいたから。
2007年がないのは、ニューヨークにいたから。
同じ時期、同じパンを変わらずに
毎年、焼き続けるひとがいるという事実がとてもうれしい。
by asian_hiro | 2013-12-14 22:47 | パンSPECIAL!! | Comments(2)
ameen's ovenのパンプキントースト
栗を剥きつつ、秋さがし。
c0001023_18213929.jpg

仕事の忙しさはわたしの場合、部屋と爪に出る。
まずは、そのふたつをなんとかしようと思い、
爪を磨いてから、念入りに部屋の掃除をした。
それから買い物に出かけ、また栗を買ってきた。
先日、母に栗の渋皮煮を持って行ったところとても喜んだので
1キロ作り、今度は丸ごとあげようと思ったのだ。
あまり水に浸す時間はなかったので、鬼皮はまだ硬いままだったけれど
ひとつひとつ、丁寧に包丁で剥きながら
そういえば、母もこうしてわたしにらっきょうの漬け物を渡すために
ひとつひとつ、皮を剥いたのだろうかと思った。
毎年、初夏になるとわたしは母にらっきょうの漬け物を頼む。
甘酢で浸けたらっきょうは昔から大好物で
家を出た今も、いつも「らっきょう持ってきて」とお願いする。
すると母は、「剥くのが大変なのよ」と言いながら、
大量のらっきょうを持って、「重い重い」とわたしの家へやって来る。
食べるひとのことを考えながら、時間をかけて皮剥きをする。
それは自分で食べるより、何倍も素敵な作業だ。

栗を茹でている間に、ameen's ovenのパンプキントーストを焼いた。
かぼちゃのきいろ、秋のいろ。

先日、あるひとと話していたとき、
「今年は秋があったんだろうか」という話題になった。
台風が来た。雨も降った。
でも、秋はあったのだろうか。
いまのうちに出かけたいところはたくさんあるのだけれど、
ほんとうはどこか気持ちいいところで缶コーヒーが飲めれば
それでいいんだよなと思う。
by asian_hiro | 2013-11-04 18:40 | パンSPECIAL!! | Comments(10)