アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ:スイーツ ( 113 ) タグの人気記事
ameen's ovenのスコーン
雨の日、スコーンとひとやすみ。
c0001023_173955.jpg

めずらしく、風邪をひいた。
こんなに熱を出したのは、去年の秋、インドにいたときくらいだ。
たぶん、道路でふらふらしていたんだろうな、
うしろから来たバイクとぶつかり、足もけが。
でも、だいじょうぶ、
歩くことも、座ることもままならなかった椎間板ヘルニアだって
自力整体とストレッチで治したのだから、
今回だってきっと平気と、自然治癒力を信頼する。
だけどまあ、からだもこころもブラックホールではないのだから
無理だっていうことは、飲み込む前に吐き出すくせをつけないとね。

ameen's ovenのミレットスコーン。
今年もこの季節がやってきた。
ほんとうは、かぼちゃのパンやごぼうのパンなど
書きたいことはたくさんあるのだけど、
ちょっと巣ごもりして、治療と回復に集中しよう。
by asian_hiro | 2013-11-02 17:47 | パンSPECIAL!!
真夜中のメール
これはさみしさ、これは愛。
c0001023_20483835.jpg

昨日の夜中、ものすごい超大作のメールを送る用事があり、
ふうと書き終えたら、もう時計は1時近くをさしていた。

書くことで、気付く事柄がたくさんあり、
読み返すことで、見えてくるものも山ほどあった。

真夜中に、長い文章を書くことは、
こころのなかの、日陰に縮こまっている感情を
ひとつひとつ日向に誘い、名前をつける作業に似ている。
これはよろこび、これはかなしみ、
これはさみしさ、これは愛、と。

今日の昼間、送信済みのフォルダを開いて何度もメールを読み返した。
時折、書き足りなかったことに思い当たり、
少しだけこころがチリチリしたけれど、
それもすべて、
昨日のわたしの精一杯だったのだと思えばどうということはなく、
ただ、カフェオレの丸い甘味が冷えたからだにやさしかった。

写真は、Fairycake Fairのカップケーキ。
片手にあまる、愛らしさ。
by asian_hiro | 2013-01-07 20:57 | 日々のこと | Comments(8)
鹿乃子のあんみつ
あんみつと、まんげつ。
c0001023_2355329.jpg

もう少しで、満ちる月。
オレンジ色に光る東京タワー。
深く、深く、息を吸って
からだの内部に意識を向ける。
結果を信じるんじゃないよ、
いま、まさに、この瞬間の気持ちを信じるんだよ。
このごろ、こんなことばかり考えている。

取材後に、お友達の編集者さんといただいた鹿乃子のあんみつ。
あすは、今年最後の満月。
by asian_hiro | 2012-12-27 23:10 | グルメ | Comments(0)
マーロウのパウンドケーキ
たとえ、煙突から下りてくるサンタの姿が見えなくても。
c0001023_9422946.jpg

「どうか、本当のことを教えてください。
サンタクロースはいるのですか」
そんな質問を投げかけた8歳のバージニアに、
新聞「ザ・サン」の記者は丁寧にこたえている。
「実はね、バージニア、サンタクロースはちゃんといるんだ。
愛とか思いやりとかいたわりとかが、この世にちゃんとあるように
サンタクロースもちゃんといる。
愛もサンタクロースも、ぼくらに輝きをあたえてくれるんだよ」

目に見えることだけがすべてではなく、
耳に聴こえることばだけが真実ではない。
最近、つくづくそう思っている。
「誰か」や「なにか」を信じようとすれば、
時にそれはとても大きな壁になる。
小さなことでフラフラするし、頼りなく足場が揺れることだってある。
だけど、少なくとも、
それらを信じようとする「自分自身」を信じることができれば
たいていのことは、乗り越えられそうな気がしている。
まずは、ここからはじめよう。

マーロウのパウンドケーキ。
クリスマスの朝、淹れたてのコーヒーとともに。

http://www.newseum.org/yesvirginia/
by asian_hiro | 2012-12-25 09:57 | グルメ | Comments(2)
喫茶ミンカ
ひとさじごとに、一瞬だけ会話が止まる。
c0001023_710316.jpg

遠来の友だちと、鎌倉へ。
春を思わせるあたたかさのなか、
歩いたり、お参りしたり、食べたり、笑ったり、休んだり。

写真は、古民家をリノベートした喫茶ミンカ。
東京近辺では珍しいオオヤさんのコーヒーを飲み、
とろんと甘いプリンを食べた。
by asian_hiro | 2012-12-17 07:16 | 散歩 | Comments(0)
ameen's ovenのスコーン
月も、そろそろだと言っている。
c0001023_17414641.jpg

こころのなかにある小さな種が
芽を出し、育ち、実をつけ、
それがどんどん膨らんできた。
ああ、そろそろかな、そろそろだなって思っていたら
夜空には満月マイナス1日の月が浮かんでいた。

ameen's ovenのスコーン3種。
土曜日の午後に行われた、素敵なイベントについては
後日、あらためて。

これまでの、秋のスコーン http://sdays.exblog.jp/15426206/
2012年、春のスコーン http://sdays.exblog.jp/17645771/
by asian_hiro | 2012-10-29 17:46 | パンSPECIAL!! | Comments(8)
CAFE SHOZOのマドレーヌ
焦らずとも、教えてくれる。
c0001023_20445910.jpg

ひさしぶりに出かけた町は
いつも通り、若い女の子たちでいっぱいで
きらきらオーラが漂っていたけれど、
ヨガマットをななめ掛けしたわたしがずっと考えていたのは
買ったばかりの、フライパンのことだった。

はじめてのフライパンで
なにを作ろうか、あれこれ考えていたけれど、
結局、作ったのはなすの味噌炒め。
ニューヨークにいたときもよく作っていて、
思い通りの仕上がりにならないと
母にメールで作り方を聞いたりした。

この間、友だちと
ニューヨークのことをなつかしく話していたからだろうか、
そろそろあの町に帰ってもいいかな、と思っている。
あの、イーストリバーの近くの家を通りから眺めたい。
可能なら、あの部屋のなかに入って
窓を開け、非常階段からマンハッタンの夜景を眺めたい。

なにごとにおいても、
「そろそろ」という感覚はわたしにとって大切なもので、
先日、富士山に登ると決めたのも
「そろそろいいかな」と思ったからだし、
今度、インドへ行くのも「そろそろだな」と思っている。
焦ってことを急ぐときは、たいていうまくいかなくて、
「そろそろ」という感覚が
ときにひょっこり、
ときに満を持して登場したときは
たいていのことがうまくいく。

写真は、CAFE SHOZOのマドレーヌ。
わたしにとって、悲喜交々のこのカフェへ
ふたたび出かけることができたのも
「そろそろ」という感覚が、ぽんっと現れたからだった。
by asian_hiro | 2012-09-08 20:52 | グルメ | Comments(4)
ameen's ovenのスコーン3種
まさか、春に会えるなんて。
c0001023_20245138.jpg

ameen's ovenのスコーン3種。
昨秋はインドにいたため、いつものスコーンに会えなかったけれど、
まさか、春にこの愛らしいスコーンと会えるなんて。
ダージリン&ロックジンジャーのスコーン 、
アールグレイ&プルーンのスコーン 、
カラマタオリーブ&グリーンペッパーのスコーン 。
手のひらにそっとのせ、一息、ちょっと大きめにつく。

2010年、秋のスコーン http://sdays.exblog.jp/15426206/
by asian_hiro | 2012-03-11 20:51 | パンSPECIAL!! | Comments(2)
ameen's ovenのセント・バレンタイン・ブレッド
春になったら、いちばんにやりたいこと。
c0001023_2115333.jpg

一年のバイオリズムは、大体、毎年決まっていて、
冬に落ち込み、春に上昇、夏が高くて、秋に安定。
もうすぐ、上昇の春が来る。
春になったら、マットとおにぎりを持って公園へ行き、
太陽の真下で、ヨガをするんだ。
そのまま日暮れまで公園にいたら、オレンジの夕焼けを見て、
そして、気分がよかったらどこかでワインを1杯、
飲んで帰ろう。

ameen's ovenのセント・バレンタイン・ブレッド。
パンとケーキの中間のような、
ビターとスイートの中間のような、
朝ごはんとオヤツの中間のような、
そんな、あいまいな感じが心地いい。
by asian_hiro | 2012-02-21 21:04 | パンSPECIAL!! | Comments(4)
ひなた焼菓子店のスコーン
ふたたび、ここから。
c0001023_16273671.jpg

インドから帰ってきて、すぐに実家へ行き、
1ヶ月半、そのままそこに泊まっていた。
実家を出てからというもの、立ち寄ることはあっても
そこで寝泊まりするということはなかったので
とても久しぶりに、自分の部屋のベッドで寝て、
窓の大きな部屋で、ごはんを食べた。
たしかに、そこで10年以上も暮らしていたから
久々とはいえ、一瞬でその場に馴染んでしまったのだけど、
今日、5ヶ月ぶりにいつもの家へ帰ってきたら
やっぱり、ここがわたしの居場所なのだと実感した。

窓から見える東京タワー、小さく見えるスカイツリー、
東京の青空、家並み、銭湯の煙突。
以前と、なにも変わらない。
8月の日付が書かれたレシートが部屋に落ちていたりすると
一瞬、いまが何月なのかわからなくなるけれど、
いつもの部屋、いつもの景色、いつものパソコン、いつものにおい。
すべてに「ただいま」と挨拶することが
どんなにたわいのないことだとしても、
今、ふっと笑顔になるほど、とても、たのしい。

先日、渋谷西武で買ったひなた焼菓子店のスコーン。
ざくざくとした食感が、いつまでも口に残った。
by asian_hiro | 2012-02-01 20:12 | グルメ | Comments(0)