アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ:ひとりごと ( 1117 ) タグの人気記事
思い出症候群
Kuch Naa Kaho。なにも、言わないで。
c0001023_23251520.jpg

インドの夜は、飽きるほど長い。
安宿にテレビなどあるわけでもなし、ご飯を食べたら途端にやることがなくなってしまう。
そんなとき、わたしはいつも映画館へ出かけて行く。
「外国人? じゃ、バルコニー席ね」と言う係員を押しとどめ、買うのはいつでも安い席。
ヒーローとヒロインが少しでも抱き合おうものなら、隣席の男たちはヒューヒューと野次を飛ばす。
つられてわたしも心で冷やかす。
そんな瞬間が、たまらなく楽しいのだ。

この頃、狂ったようにエンドレスで見ている、you tubeのインド映画。
ほんの数分しか流さないが、大好きな俳優や女優が画面いっぱいに現れると、駆け出したくなるほど切なさがこみ上げる。
「Kuch Naa Kaho」。なにも、言わないで。
これも、南インドの小さな町で観た。
映画が終わり、道端のチャイ屋で一杯飲んでいたら、隣に立ったおじさんも、このテーマソングを歌っていたっけ。

ああ、これ以上インドの記憶に耽るのはホントに危険!
思い出は、少し遠くにあるくらいでちょうどいいのだ。
だから、もう心のおしゃべりは止めにして。
「Kuch Naa Kaho」と、わたしはわたしにそっと言う。
by asian_hiro | 2006-11-27 23:45 | 日々のこと | Comments(4)
躊躇
なにを、ためらうことがあるものか。
c0001023_1825225.jpg

いつでも答えはみずから心に浮かぶのだ。

南インド、ポンディシェリーの食堂にて。
バナナの葉に盛られたカレーは、指で食べるのが一番。
by asian_hiro | 2006-11-26 18:34 | 日々のこと | Comments(8)
Someday
わたしの夢は。
c0001023_15344229.jpg

インドに、ログハウスを建てて暮らすこと。
住みたい町も、理想の家も、もうすでに心のなかでは決まっている。
友人は、「インドみたいな気候の国で、ログハウスなんか無理だよ」と笑うけれど、きっといつか、と夢見てる。

More
by asian_hiro | 2006-11-19 15:24 | 日々のこと | Comments(10)
旅の目的地
呼吸をするだけで、汗の滴る国へ行きたい。
c0001023_2342445.jpg

目も耳も、すべての器官がひたすら「熱い」と感じる国へ。

そんな国のデザートは、はてしなくうまいのだ。
c0001023_23511945.jpg

そして、うっとりするほど甘いのだ。

今はただ、光と色彩の渦のなかにひっそりと埋もれたい。
by asian_hiro | 2006-11-17 23:53 | 日々のこと | Comments(6)
アザーンと焼いも
月夜の晩に響く声は。
c0001023_2319332.jpg

イスラムの国を旅してうれしいことは、アザーンが聴けること。
日に5回、人に「お祈りの時間ですよ」と教えるそれは、モスクのミナレット(塔)から鳴り響く。
イエメンで泊まった宿はモスクの隣だったから、毎朝決まって大音量のアザーンで起こされた。
インドネシアのスマトラ島を旅したときは、いつも夕刻のアザーンをBGMに狭い風呂場で水浴びをした。
ああ、そうだ。
深夜3時過ぎに道端でひとりバスを待っていたら、30分経っても1時間経っても車の影すら見えなくて、そのうち明け方のアザーンが聴こえてきたときのことは、今でもはっきり覚えている。
あちこちのモスクから連鎖反応のように響き渡り、大きなうねりとなって町中を流れていくアザーンに、思わずぞっと鳥肌が立ったっけ。
イスラム教徒ではないわたしでも、アザーンの前では居住まいを正さずにいられない。
戦いも食事も、すべての生命活動を忘れて神に祈る人たちの、決して邪魔にならないように。

昨日、「いしやーきいもー」の声が「アッラー、アクバルッ」で始まるアザーンに聴こえた。
まさか、似ても似つかないのにと自分でおかしくなりながら、サンダルを履いて石焼いもを買いに行った。

空にはきれいなまん丸の月。
どこかの国で響いているアザーンが、月と焼いもとスピーカーを通してシンクロしたのだと思うことにした。
by asian_hiro | 2006-11-06 23:58 | 日々のこと | Comments(11)
名曲喫茶
わけもなく、泣けてきた。
c0001023_22334271.jpg

クラシックは好きだし、昔はオーケストラに所属していたから、ずいぶん身体に沁み込んでいるはずなのに、この店内でやわらかい音色に身を委ねた瞬間、ぽろりと涙が出そうになった。
あわててビターなコーヒーを一口飲む。
ああ、この曲にはたくさんの思い出がありすぎて困る。
心が操縦不能になり、落ち着け静まれと思うほど泣けてくる。
まだまだ鍛錬が足りないなと、自分自身を笑い飛ばすつもりで店を出た。
次にここへ来るときは、使い込まれた古いソファに身を沈め、穏やかな気持ちで音楽を聴こう。

荻窪、ミニヨン

帰宅後のオヤツには…
by asian_hiro | 2006-10-29 22:49 | グルメ | Comments(4)
旅する理由
どうして、あなたは旅に出ないのですか。
c0001023_0433250.jpg

「旅に出る理由」より「旅に出ない理由」の方が、考えるのに難しい。
だって、世の中にはこんなにも会いたい人や見たいものがあふれている。
なにも、旅に出たからって人生観が変わるとも思わない。
そんな大それた理由を掲げて旅をしたいとも思わない。
ただ、会いたいだけ。見たいだけ。
ただ、それだけ。
by asian_hiro | 2006-10-29 00:55 | 日々のこと | Comments(10)