アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
富山のスターバックス
なんか、いっぱい書きたいことがあったんだよなあ。
でも、東京から越後湯沢、
そこで特急はくたかに乗り換えて富山まで、
あっという間に着いちゃって
結局、なにも書けなかった。
ただ、ぼんやりと車窓を見ていた。
トンネルが多くて、暗闇が続くことも多かったのだけど。
c0001023_2324847.jpg

最近、ずっとバタバタしていて、
そういえば、去年の11月も尋常じゃない仕事量だった、
それに比べたら今年はまだラクだと思っていたけれど
やっぱり、そんなことはなかった。
ときどき、無用な言い合いもして
わたしって、いったいなにやってんだと思うこともあったけれど、
まあ、そんな11月ももうすぐ終わりだ、
あとひと山かふた山越えたら、年の瀬がやってくる。
c0001023_2324770.jpg

「タイへ飛ぶ前に会いたいね」と話していた友人に
ふと思いついてメールしたら
「実は明日、出発です」と、返事が来た。
ああ、どうしてもっと早く連絡しなかったんだろうなあ。
彼女はきっとわたしを気遣って、連絡を控えてくれたのだけど、
そんな気遣いをさせてしまったことが残念だ。
せめて、良い旅をって祈りながら北陸の空を見た。
タイの空は、きっと青空。
北陸とタイの空は続いているのに、
いったいどこに、くもりと晴れの境目はあるんだろうな。
c0001023_2324221.jpg

ガラス張りのスターバックス。
ここは、世界でいちばん美しいと言われているみたいだけど、
そんなことは置いといて、
「チャイより、こっちの方がおいしいんですよ」と、
この前、教えてもらって
初めてオーダーしたフルミルクのリーフティ。
あったかくてやさしいものが、からだのあちこちに沁みていく。
ここしばらく続いていた駆け足が、やっと、歩みを遅くした。
by asian_hiro | 2014-11-27 23:30 | 日々のこと | Comments(2)
オアシス
近すぎて、気がつかない。
c0001023_0345662.jpg

昔、中国のピチャンという小さな町から砂漠へ行った。
45度になろうかという真夏の日、砂山を登りながら、
これを越えたらどんな景色が広がっているんだろうと考えた。
オアシスか、ナツメヤシか、ひつじの群れか、
わくわくしながら山頂に立つと、
そこから見えたのは砂しかなかった。
見渡す限り、一面の砂。
次の山を越えても、やっぱり砂しかなかった。
町に戻り、宿へ向かって木陰を歩いているときにふと思った。
オアシスは、砂漠の向こうにあるんじゃない。
こっちの世界がオアシスじゃないか、と。

*

仕事は午後からだったのだけど、朝早くの新幹線で大阪へ行った。
THE CITY BAKERYで朝ご飯を食べようと思ったのだ。
夏、友だちとここに初めて来たとき以来、
なぜか、このトーストが懐かしかった。
店内には大きなテーブルがひとつ置かれていて、
前回と同じように、角の席に座って食べた。

*

パンの焼け具合は絶妙だった。
厚みもわたし好みだった。
バターとりんごジャムが付いていて、
コーヒーの味もわたしが好きなタイプだった。
そういえば、最近、丁寧にコーヒーを淹れていなかったな。
インスタントコーヒーと牛乳と水と、
適当な配合でカフェオレにしてばかりだったな。
パンを食べ終え、コーヒーを飲みながら日記を書いた。
日記帳を開くのも、ここ最近、なかったな。

*

わたしにとって日記を書くということは
日々の生活にしおりを挟むようなもの。
しおりがなくても本は読める、
でもしおりがあったらもっと読みやすいし、
同じところをウロウロしなくても済むでしょう、
日記もそんな感じなのだ。
このところ、ワサワサした気分が続いていたのは
生活に、日記というしおりを挟んでいなかったからだ。

*

思い通りにいかない案件が続いたり、
書いても書いても仕事の山が減らなかったり、
ちょっと、いろんなことが限界だなって思った。
そんなとき、いつも思い出すのは
千代の富士が引退したときの言葉、
「体力の限界。気力もなくなり……」という台詞。
あれは、かなり衝撃だった。
体力と気力の世界で勝負をしてきたひとが「限界」と口にする、
その心境を考えると、なんだかたまらなくなってしまう。

*

最近、千代の富士の言葉を不意に思い出すことも多かったのだけど、
そうかと思うと
久しぶりの友だちが仕事を手伝ってくれたり、
大学時代の親友が
“A happy belated birthday"とお祝いをしてくれたり、
よく考えたら、悪いことばかりじゃなかった。
むしろ、なにがダメだったんだっけって
記憶を手繰りたくなるくらいだった。
わたしにとってのオアシスは、
たとえば、朝に食べるこんなパンや、
マグカップへ無造作に注がれたコーヒーや、
携帯に届くメールや電話や、
日記帳に書き綴る
なにげないひと言のなかにあるのかもしれない。
by asian_hiro | 2014-11-23 21:24 | 日々のこと | Comments(10)
ameen's ovenのスコーン
これだけは、残しておく。
c0001023_1684768.jpg

「ドウダンツツジ」と入力して変換したら、「満天星」と出た。
知らなかった、漢字で書くとそうなんだ。
なんだかちょっと、いいことを知った。

*

日に日に秋が深まっていき、
屋上から眺める空も、少しずつ冬の顔になってきた。
黄色いいちょうに囲まれる東京は、
一年のうちで、いちばん好きだ。

*

気がつけば11月。
今年も残り2ヵ月を切った。
あと何日、風の強い屋上でヨガをすることができるだろう。
あと何回、ドトールでアイスコーヒーを飲むだろう。
あとどれだけ、行ったり来たりを繰り返したら
どこかの淵に届くのかな。

*

ameen's ovenのミレットスコーン。
毎年出会う、秋の顔。
by asian_hiro | 2014-11-08 16:17 | パンSPECIAL!! | Comments(9)