アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
護国寺
ひと恋しさも、ひとやすみ。
c0001023_17393615.jpg

池袋から茗荷谷まで、
時間があったので、歩くことにした。
途中、護国寺へ立ち寄り、本堂で正座する。
気持ちいい風が吹く夕方、
話がしたくてメールしたけど返事がなく、
夏休み、どこかへ行っているのかなと思いながら
二匹のねこと、ひとやすみ。


by asian_hiro | 2014-07-30 17:38 | 日々のこと | Comments(4)
飛行機
なにと戦って、負けるんだって。
c0001023_21513861.jpg

初めて乗った、真っ黒いスターフライヤーは
座席幅が広くて、快適だった。
機内ではタリーズのコーヒーとチョコレートが配られたし、
ひとりひとりモニターがついているし、
安全ビデオは忍者が登場しておもしろかったし、
もっとあちこちに飛んだらいいのにと思いながら
約1時間半の、空の旅。

最近は出張が続いている。
ここまで連続して入ることは滅多にないけれど、
たぶん、あと1回くらい出かけたら当分おしまい。
おしまい、おしまいと言い続けてきたけれど、
きっと、ほんとうにおしまいだ。

機内で、日産GT-Rの開発秘話みたいなビデオを見ているうち、
いつの間にか眠ってしまった。
気づいたら、羽田到着の少し手前で、
少し気分をしゃっきりさせようと、音楽を聴くことにした。
オーディオプログラムから選んだのはウルフルズ。
取り立ててすごく好きというわけではないけれど、
夕方の上空、目の下には紗がかかったトウキョウの景色という状況で
ウルフルズは、意外に合うのかなと思った。

「誰にも負けないぜ
負けるわけないぜ」
そんな歌詞を聞きながら、先日のことを思い出した。
「これができないってね、泣き出すひともいるんですよ。
でもね、正しいやり方も知らなくて、
まだスタートラインにも立っていないのに
いったい、なにと戦って負けるんだって。
まだなんにも戦っていない、自分に負けてるだけじゃないかってね」
そんな言葉を聴いたのだ。

ああ、ホントにそうだな。
そこそこの力でがんばったって、
そんなの、がんばってるうちには入らない。
うまくいってもいかなくても、運任せの、神さま任せ。
タイミングが悪いとか、まだ時期じゃないとか、
そんなこと考えているヒマがあるなら、顔を上げて歩き出せって。
腕を振って、脳みそフルパワーで回転させて、
そろそろ目をばっちり開けて、本気でアクセルひねらないとね!

そして今は、荷物を片付けて、
いったいいつ以来だろう、久しぶりにビートルズ。
なんでかな、今日は普段聴かない音楽ばかり聴いている。
スピーカーからは、"Hello, Goodbye"が流れている。
by asian_hiro | 2014-07-29 22:03 | 日々のこと | Comments(0)
あさがお
朝霧をうけて、しずかに開く。
c0001023_21202347.jpg

真っ赤な薔薇を20本、おおきな花束にして
駅からの通りを、歩いているおじさんがいた。
くわえタバコで、麻のジャケット。
大きな肩に、花束をかつぐようにして、
指でタバコをはさみながら、うつむき加減で歩いていった。

薔薇もいいけれど、あさがおが好き。
ビロードのような花びらの、下から太陽を見上げるのが好き。
by asian_hiro | 2014-07-24 22:09 | 日々のこと | Comments(9)
セオリー
back-to-basics.
c0001023_21374519.jpg

1%のセオリーと、99%のプラクティス。
アシュタンガヨガの創始者、パタビジョイスはそう言った。
頭で理解したつもりでも、行動しなければ意味がない。
だからといって、確かなセオリーがそこになければ
どれだけプラクティスしても、役立たない。

梅雨が明け、夏がはじまる。
最近は、あちこちに枝葉が伸び過ぎ、
ばらばらに育っているような感じがする。
わたしのbasicって、なんだっけ、
木の幹に、いったん立ち返ったほうがいいみたいだ。
by asian_hiro | 2014-07-22 21:43 | 日々のこと | Comments(6)
カヤバ珈琲のたまごトースト
せみの声が響き、お線香の香りが流れる町。
c0001023_19501867.jpg

朝10時、遠来の友だちと日暮里駅で待ち合わせをした。
気持ちいい夏の風に吹かれながら
日暮里、千駄木、そして、谷中の商店街へ。
お互い、あまり頻繁に連絡を取るタイプではないけれど、
並んで歩けば、空白なんてすぐに埋まる。

カヤバ珈琲のモーニング、たまごトーストとアイスコーヒー。
もし、わたしがこの近所に住んでいたら、
日当りのいい2階の座敷席の、いちばん端っこに陣取って、
毎朝、通りを見下ろしながら、このトーストを食べるだろう。
by asian_hiro | 2014-07-20 20:07 | Comments(4)
タイミング
雨音、そして、果実酢。
c0001023_1953444.jpg

先月、青梅と氷砂糖をりんご酢に漬けたものが
少しずつ、飲めるようになってきた。
青梅のほかに、オレンジとミントをりんご酢に漬け込んだものもあり、
ほかに何を漬けようかと、
毎日、空き瓶を見ながら考えている。

夕方、いつものドトールでアイスコーヒーを飲んだ。
雨が降り出す前に帰ろうと、タイミングを見計らいつつ、
そらと通りを眺めていた。

そしていまは、バラバラと雨が降る、しずかな夜。
洗濯物をたたみ、皿を片付け、あしたを迎える準備をする。
by asian_hiro | 2014-07-19 20:09 | 日々のこと | Comments(0)
マーケット
こころ踊らす、夏支度。
c0001023_20554446.jpg

朝6時前、そとへ出たら
白いゆかたを着て、山吹色の帯をしめた女の人が、
真っ赤な自転車で、すいっと走っていった。
こんな早い時間に、きりりと帯をしめて、しかも自転車。
なんだか夢の続きみたいで、しばらく後ろ姿を眺めていた。

昼過ぎ、いつものとおり青山のファーマーズマーケットへ行った。
先日仕込んだプラムジュースが、想像以上においしかったので
また、作ろうと思ったのだ。
無くなる前に、もう1瓶、作る。
最近はこんなことの繰り返しで、
生姜と砂糖とレモングラスと青唐辛子で作るジンジャーシロップも
砂糖やスパイスの種類を変え、冷蔵庫のなかで増殖中だ。

たぶん、夏が待ち遠しいのだ。
きらきら光る白い雲とか、陽炎が揺れるアスファルトとか、
そんな様子を思い浮かべながら、夏を迎える準備をする。
まあ、あっという間に飲み切ってしまうので、
本格的な夏の前にあと何回、
プラムジュースを作るのかわからないけれど。
次は、桃とりんご酢、あるいは、プラムとりんご酢で
甘酸っぱいドリンクを作ろう。
by asian_hiro | 2014-07-13 21:07 | 日々のこと | Comments(2)
野菜
畑の風や、においや、温度までも。
c0001023_21271142.jpg

ニューヨークに住んでいたとき、
毎週末のようにグリーンマーケットへ行った。
ユニオンスクエアの、大きな広場で開かれているマーケットには
野菜や果物、パン、お菓子、ジャム、肉、魚、植物など
いろいろなものが並んでいる。
春にはいちごや柑橘、夏にはプラムや桃やあんず、
秋にはりんご、冬にはジンジャーブレッド、
両手いっぱいに買い物をして
地下鉄に乗って、家へ帰るのが習慣だった。

お店のひとが作ったジャムやピクルス、ペーストを
試食させてもらいながら
「これはこうやって食べるとおいしいのよ」など
料理のヒントをたくさんもらった。
パン屋さんが
「今日は全粒粉の田舎パンがおいしいよ!」と声をかければ
「100%ストレートのぶどうジュース、
今シーズンはこれでおしまいだよ!」と、
ぶどう農家のおじさんが呼びかけてくる。
おじさんたちが一生懸命パンを焼いたり、
ジュースを瓶詰したりする様子を思い浮かべながら
あれこれ、買い物をするのが大好きだった。

ニューヨークに引っ越したのは、2007年秋のこと。
スーツケース1個でアメリカへ渡り、
着いた翌日から仕事が始まり、働きながら家を探した。
慣れない英語、しかも、ニューヨーカーは早口だ。
SOHOを歩いていたら、
ヒスパニックの男女に髪の毛をつかまれて転ばされ、
アジア人をからかうようなポーズをされたので、
つかみかかるように、ケンカしたこともある。
(あとで会社の上司に言ったら、
「相手がナイフや拳銃を持っていなくて良かったわね」と
注意されたのだけど)
自転車にはねられてガードレールに頭をぶつけ、
5針縫うケガをしたのは、ニューヨークへ渡ってまだ1週間のころだ。
(当時、同じホテルに泊っていためぐみさんが
病院へ行ったまま帰ってこないわたしを心配して、
真夜中だというのに、玄関の前で待っていてくれた。
そして、12時過ぎに帰ってきたわたしを抱きしめて
無事で良かったと、泣いたのだ)
たのしかったと、ひと口では言えないニューヨーク。
あの街の思い出の半分は、
きっとグリーンマーケットのなかにある。
なにかあると、いつもマーケットへ出かけた。
うれしいこと、たのしいこと、
かなしいこと、しんどいこと、
なにかあるたび、足がいつもマーケットへ向いた。


いまでも、時間があれば青山のファーマーズマーケットへ行く。
農家の人たちとあいさつをして、野菜や果物の話をいっぱい聞いて、
ずっしり重い買い物袋を下げて帰る。
こんな休日が大好きで、
都会のどまんなかで新鮮野菜に出合えるのはとてもうれしいのだけど、
やっぱりわたしはいつか、小さないなかで
山と畑を見ながら暮らしたい。


今日、久松農園の野菜が届いた。
段ボール箱のなかには、
きれいに梱包された夏野菜がぎっしりと詰まっていた。
ひとつずつ、包みを取り出しながら、
万願寺唐辛子となすは煮浸しにしよう、
トマトときゅうりとリーフエンダイブでサラダを作ろう、
プチトマトは天日で干して、ドライトマトにしよう、
ピーマンと泥付きのにんじんと新じゃがいもはなににしようと
わくわくしながら考えた。
新鮮でいきいきとした野菜に触れると、なぜかこころがほっとする。
畑をゆく風、
まぶしい太陽、
収穫する人の手、笑顔。
みんな、野菜を伝ってわたしに届く。
by asian_hiro | 2014-07-12 22:10 | 日々のこと | Comments(6)
ぜいたくでもったいなくてどうしよう。
c0001023_1936478.jpg

家へ帰って窓を開けたら、おおきな虹。
こうしちゃいられない!と、急いで屋上へ飛び出した。
六本木の上空にかかる虹、
わあ、空も虹も独り占めだ、
ぜいたくでもったいなくてどうしようって思いながら眺めていた。
by asian_hiro | 2014-07-11 19:45 | 日々のこと | Comments(6)
食の原稿
「作る」「食べる」「書く」の暮らし。
c0001023_21492454.jpg

その1
朝、雨音を聴きながらしょうがシロップを作った。
レモングラス、青唐辛子を入れた、ちょっとスパイシーなシロップは
ロックで飲んでも、炭酸で割っても、どちらもおいしい。
たぶん、今年の夏には何度も繰り返し作りそうだ。

その2
昼過ぎに八百屋であんずを買った。
あまり熟れていなかったので、
半分に割って種を取り出し、シロップで煮た。
冷やして食べたらとてもおいしく、
あっという間に1パック、無くなってしまった。

その3
夕方、完熟の大石プラムを1.5kg買ってきたので
半量の氷砂糖と、いっしょに浸けた。
爪楊枝でプツプツと穴を開け、煮沸消毒した瓶に
プラムと氷砂糖を交互に詰める。
出来上がりは10日後くらい。
これから、毎日、瓶をのぞきこむ生活が始まるなあ。


今日、食に関する原稿を納品した。
雑誌が創刊してから、
長いあいだ、巻頭のエッセイを書かせてもらっているのだけど
メールで原稿を納品したあと、
鬼…ではない、やさしい編集長に
「最近のなかで、今回のがいちばんいい」と言われたことが、
とてもうれしかった。
わたしが書いた原稿について、どんな感想が寄せられようと
正直なところ、まったく気にならないのだけど、
「このひとに認めてもらえたらうれしい」と感じるひとが、
何人かいる。

写真は、桃とズッキーニのサラダ。
このレシピも、同じ誌面で紹介されます!
全国のフィットネスクラブ、スポーツ用品店などでどうぞ。
○LIVE  http://www.fitnessclub.jp/live/
by asian_hiro | 2014-07-09 21:59 | 日々のこと | Comments(4)