アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ケガ
痛みと希望、傷と生きる。
c0001023_18373138.jpg

先日、転んでから股関節の痛みが取れない。
ヨガをしていても、右足が思うように開かない。
これまで股関節は緩過ぎるくらいだったので、
これほど動かないことは、初めてだ。
自力整体やストレッチなどで、なんとかならないかと
毎日、試行錯誤していたけれど
状態はまったく改善されないので
今日は気分を新たに、プールで水中歩行をしてみた。
早起きして仕事を少し片付けたあと、
水着とタオルだけ持って、プールへ行った。
昼どきのプールはそれほど混んでおらず、
ゆっくり、ウォーキングを楽しむ高齢の男女がいるくらいだった。

股関節には、いやな感情が溜まりやすい、
だから、まずは股関節をほぐすことからスタートする、
そう考えるヨガの指導者も多い。
股関節は体の中心にあり、背骨を支えるのに大切な役割を担うから
この関節に不具合があると、全身のバランスが悪くなるというのが
理由みたいだ。
自力整体の世界では、股関節というより仙腸関節を基盤に考えるが
まあ、大事なのはその付近全般なのだろう。
浮力を活かし、水のなかをゆっくり歩いているうち、
実際に痛いのは、股関節ではなく腸骨なのだとわかった。
冷えて痛みが増してきたので、1時間ほどで水から上がった。

太腿には転んだときにできた大きな内出血のあざがある。
ショートパンツを履いてそとへ出ると、
「DVですか」と言われてしまいそうな、大きなあざだ。
それ以外にも、台風の夜、鉄骨にぶつけて大出血した傷跡や
転んでできた傷などがいくつか残っていて、
年齢には似つかわしくないほど、傷だらけの足だけど、
本人は、まあいいかと思っている。
よくはないけれど、しかたない。

よくはないけれど、しかたない。
最近、そんなふうに考えることがときどきある。
反芻的思考。
「つねに失望している」、あるひとはそう言った。
「わたしは、失望はしないのです。
その代わり、期待をすることもしないのです」
そう言ったひともいる。
だが、失望の反対は、期待ではなく希望だと思う。
そして、期待と希望は、天と地ほど差があると思う。

ケガが治っていく様子は、目で見てわかるが
骨の痛みは動かしてみて初めて気づく。
ああ、今日も痛みが消えていないなと
朝、起きて残念に思う日が続いているのだけど、
とりあえず、今はこの痛みを抱えたままで
どうやって日常を送るか。
期待も失望もせず、ただ、淡々と歩くだけだと思っている。
まあ、そのうち治るだろう、
これは期待ではなく、たぶん希望だ。
by asian_hiro | 2014-05-30 19:06 | 日々のこと | Comments(2)
自転車
こころに穴を。戸を開け放て。
c0001023_22473490.jpg

みずが、うつわからあふれようとしているならば、
みずの量を減らすか、
うつわの直径を広げるか、
うつわの高さを少し伸ばすか、
道は3つ、手のなかにある。

寺山修司の「ポケットに名言を」。
誰かのことばのなかに
そのヒントを見つけようと思ったのかなあ。
だから、ついこの本を手に取ったのだろうか。

ガードレール沿いに、かっこいいGIANTの自転車がとめられていた。
深みのある、ミッドナイトブルー。
ああ、自転車を買おうかなあ、
なんにも考えず、ぐるっと町を走りたいなあって
突然、思った。

「幸福とは、幸福をさがすことである」
さがしに行こうか、
自転車にひょいっと乗って、
ちょっと、そこまで。

そうだ、こたえはもうひとつある。
うつわに、穴をあけてしまえばいいのだ。
by asian_hiro | 2014-05-25 22:59 | 日々のこと | Comments(8)
夕焼け
さよならだけが人生ならば
また来る春は何だろう
c0001023_23252610.jpg

さよならだけが人生ならば
めぐり会う日は何だろう
やさしいやさしい夕焼と
ふたりの愛は何だろう

「さよならだけが人生ならば
人生なんかいりません」と、
寺山修司は語っている。
だけど、そんなことを言ったら
あのひとの人生も、
このひとの人生も、
そして、わたしの人生も、
みんな、いらないことになってしまうよなあ。
by asian_hiro | 2014-05-19 23:26 | 日々のこと | Comments(8)
それが、どこに用意されたものであろうとも。
c0001023_22235351.jpg

もう、自分に用意された席は立たない。
迷っても、揺らいでも、
何度だって同じことを決めるだけだ。
by asian_hiro | 2014-05-14 22:25 | 日々のこと | Comments(6)
ぶどう
トンネルの、その先で待つもの。
c0001023_23114142.jpg

ほんとうに、いったん失ってみなければ
「失ったらどうしよう」という怖さは、消えることがない。
だけど、失うことを怖くないと思えるなら、
たぶん、それを失うことはない。

*

先月は、ぶどうばかりよく食べた。
そして、先日も勝沼へ行く電車のなかでぶどうを食べた。
ぶどうを食べながら、ぶどう畑の夢を見る。
そういえば、小さい頃住んでいた埼玉の家には
小さいながらも、マスカットの木があった。
あの家を離れて、もうだいぶ経つのに
いまでもときどき夢を見る。

*

インドで、めずらしく自分の顔をよく撮った。
以前、タイで“Your face is changing everyday”と言われたことが
ずっと気になっていたのだ。
撮り溜めて気がついた、
いちばん変わったのは、ふたつの目だった。

*

あなたのキーワードは目だね、
それから、眠りだ。
以前、あるひとに言われたことを思い出す。
そのときは、あまりピンと来なかったけれど
いまではそれがよくわかる。
ものすごく、鋭いところをついていた。

*

睡眠から覚醒へのスイッチ。
そろそろ、パチンと押すときだ。

*

先日、久しぶりに髪の毛を切った。
たぶん、これで当分おしまい、
ここから再び、伸ばそうと思う。
by asian_hiro | 2014-05-12 23:24 | 日々のこと | Comments(6)
あったかい手
夕暮れのはじまる、すこし手前で。
c0001023_2040414.jpg

ことばで伝えて、笑って、泣いて、
なんだか、あったかい手で
背中をさすられた気がした。
ああ、自分にとっての「大事なもの」が
すこし、見えた一日だったな。
by asian_hiro | 2014-05-11 20:42 | 日々のこと | Comments(2)
自転車
たしか、小学生の頃だった。
c0001023_22298100.jpg

放課後、友だちと遊んでいると、母が自転車でやってきて
「これから買い物へ行くけれど、一緒に行く?」と聞いた。
「行かない。ゆかちゃんと遊んでる」
わたしがそう答えると、母は「そう、じゃあね」と言って
自転車をこいで、スーパーへ行った。
その後ろ姿が、なんだかちょっとさみしそうで
一緒に行けば良かったかな、と少し後悔しながら
自転車が角を曲がるまで、ずっと見ていた。
なぜ、この光景を繰り返し思い出すんだろう。
by asian_hiro | 2014-05-09 22:29 | 日々のこと | Comments(4)
理由
もう、やーめた!
c0001023_1653236.jpg

なにかするために、いちいち理由を考えるのも、
なにかやらないために、あれこれ言い訳をこじつけるのも、
なんだか面倒くさくなっちゃった。
もう、やーめたって全部放り出したら
すごくラクになった気がするな。

やらない理由は考えない。
ただ、それだけでいいんだよなあ。
by asian_hiro | 2014-05-06 16:56 | 日々のこと | Comments(11)