アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2013年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
課題
それを、この目で見据えるということ。
c0001023_2016236.jpg

たとえば、Aというものごとが気になるとする。
結構、単細胞で単純なわたしは
ひとつのことが気になると、
いつまでも部屋で膝を抱えて丸まっていたいタイプなので
このままじゃいかんと思い、
ヨガの、逆立ちのポーズを練習することにした。
あ、そうか、
Aが気になるなら、一足飛びにBを考えればいいんだ、
そうすれば、実際にAということが起こったとしても
Bを想定していたころに比べれば、1段階、救われる。
なんていうことを考えながら
蠍のポーズをしようとしたのがまずかった。
ふっとバランスを崩し、半回転して腰から落下、
いやというほど仙骨を強打して、一瞬、呼吸が止まった。
やっぱり、考えごとをしながら蠍をやっちゃいけないね、
というより、ヨガに逃げようとしちゃいけないね。
向き合うべきは、わたし自身で、
乗り越えるのも、わたし自身。

目黒川のさくら。
今年は、くもりの日と雨の日ばかり、
さくらの下を、歩いている。
by asian_hiro | 2013-03-31 20:34 | 日々のこと | Comments(4)
お別れ
最近、テレビで「刑事物語」を放送している。
5編あるうち、やっぱり「りんごの詩」がいちばん好きで、
ラストシーン、いつもいじめられていた男の子に
片山さんが最後の稽古をつけてあげるときの台詞は
いつ聴いても胸がつまる。
「男はなあ、強くなければ
たいせつな人はみんな遠くに行ってしまうんだぞ。だから強くなれ!」
ホントにそうなんだよなあ。
でも、それって男だけじゃないよね、女もだ。
c0001023_0583635.jpg

人生のうち、たった一度だけ
仕事をしながら、泣いてしまったことがある。
その涙を見ていたひとが、次の朝、わたしに小さな箱をくれた。
なかには、ひと粒のチョコレート。
ふたを開けた瞬間、またちょっと涙がでたときのことが
つい、昨日のようでもあり、
もう、ずいぶん前のようにも思える。

今日は、そのひとの送別会。
遠くへ行っても元気でね!
by asian_hiro | 2013-03-29 01:05 | 日々のこと | Comments(6)
連続
みんな、あしたにつづくのです。
c0001023_1664012.jpg

雨雲が流れていく様子を
ベランダから、ずっと見た。
雲の切れ目から銀色の光がさして、
そして、春のかおりがやってきた。

みんな、あしたにつづくのです。
消えるものなど、ないのです。


写真は、旅で買ったこけし。
おとなしい犬のようにも見える、愛らしい表情。
by asian_hiro | 2013-03-27 20:33 | 日々のこと | Comments(4)
さくら
空を見上げるのは、なんのため。
c0001023_13134145.jpg

大勢のなかに、たったひとりでいることを孤独と呼ぶなら、
わたしはたぶん、孤独に強い人間だ。
だけど、孤独に強い人間が
かならずしも、さみしさに強いかというとそうではなく、
むしろ、さみしさが立ち入ってこないよう、
孤独という針金を、自分の周囲に張り巡らせてしまったような
感じもする。
c0001023_13135169.jpg

こころを鍛えれば鍛えるほど
孤独に勝つことはできるかもしれないけれど、
それだけでは、さみしいという感情を消し去ることはできなくて、
反対に、孤独に強くなればなるほど
さみしいという感情も、強まっていくのだと、
そんなことに気がついた、曇り空のさくらみち。
水に映るさくらを見ながら、また、明日も歩こうか。
by asian_hiro | 2013-03-26 14:33 | 日々のこと | Comments(8)
耕して、生み出す。
c0001023_1349211.jpg

深く大地を耕して、
ひとつぶの、種を蒔く。

掘り起こした土のなかには
さまざまなものが混ざっていて、

守るもの、置いていくもの、
育てるもの、受け継ぐもの、
手探りで、ひとつひとつ選り分けて、

北国のひとたちは、土や畑や野や山を、
わたしは、こころの奥のやわらかい部分を、
ていねいに耕して、
ひとつぶの、種を蒔く。

そんな5日間を振り返りながら、
旅の終わりに出会った
石窯で焼かれた、天然酵母のパンを食べた。
by asian_hiro | 2013-03-25 14:18 | 日々のこと | Comments(2)
北国
音楽、半月、思う夜。
c0001023_23512618.jpg

チャイを淹れ、
掃除をして、
原稿を送り、
かばんのなかをもう一度見直す。
あしたから北国へ、桜前線と追いかけっこの旅。
飛行機ではないけれど、
きっとココロも、飛ぶでしょう。
by asian_hiro | 2013-03-19 23:55 | 日々のこと | Comments(4)
木蓮
そらに咲く花、見上げる朝。
c0001023_1819427.jpg

昨日、髪の毛を30cmほど切った。
鋏が入る瞬間、いろいろなことを考えるのがなんとなくいやで
知らんぷりして雑誌に目を落としていたら
いきなり、ジャッキリと、耳脇の髪の毛が切り落とされた。
その潔く、男らしい切り方に少しだけ拍子抜けして、
鏡のなかに3秒だけ目をやったあとは、
最後、すべてが片付くまで一度も視線を上げなかった。

今朝、通りを歩いていて見つけた木蓮の花。
春に咲く花のうち、たぶん、5本指に入るくらい好きな花。
by asian_hiro | 2013-03-17 19:56 | 日々のこと | Comments(4)
祈るということ。
c0001023_2223594.jpg

やっぱりひとは、
なにかを手に入れるためではなく、
手放すために、祈るのだと思う。

香港にて。
by asian_hiro | 2013-03-16 22:53 | | Comments(11)
ameen's ovenのベーグル
アメリカの書店では、いろいろなカードが売られている。
birthdayやweddingのカードと共に、sympathyのカードもあり、
初めてそれを見たとき、その単語の日本語訳は
「同情」とか「お悔やみ」ではなく「寄り添う」がいいなと思った。
c0001023_23583180.jpg

今日、誕生日を迎えた友だちに
日付が変わる直前に、ぎりぎりでメールを送ったら
入れ違いにインド人の友だちから、ちょっと切ないメールがきた。

「がんばって」という言葉ではない、
「応援してる」っていう言葉とも違う、
ただ、「寄り添う」っていう気持ちだけを伝える言葉、
なんだかしっくりくるものが思いつかなくて、
短いひとことを書いて送った。
差し伸ばされた手は、ちからいっぱい握りたい。
でもときに、距離がそれを阻むなあ。

ameen's ovenのベーグル。
ベーグルが好きなのは、なによりもこのかたち。
ぐるっとまわり、いつでも輪っかはつながっている。

インド人の、友人の話 http://sdays.exblog.jp/18642067/
ふたたび、インド人の友人の話 http://sdays.exblog.jp/18689574/
by asian_hiro | 2013-03-15 00:04 | パンSPECIAL!! | Comments(4)
ameen's ovenのスコーン
いまの気持ちに、率直に。
c0001023_1154132.jpg

花屋の店先にチューリップを見つけると、必ずそこで立ち止まる。
チューリップとか、ひまわりとか、ガーベラとか、
茎は1本、花はひとつっていう、潔い花が好き。

未来のためとか、明日のためとか、
過去の後悔を活かすためとか、
そんなこと、考えない。
迷うために、立ち止まるのはやめたのだ。
ただまっすぐ前を見て、
いまの気持ちに、率直に。

ameen's ovenのスコーン2つ。
作り手の体温まで伝わってくるような、小さな焼き菓子。
by asian_hiro | 2013-03-14 11:07 | パンSPECIAL!! | Comments(2)