アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2013年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
満月
月と、はなうた。
c0001023_22534283.jpg

うたを口ずさみながらベランダに出たのに
満月を見たとたん、
息を吸うことさえ、忘れた。
by asian_hiro | 2013-02-28 23:31 | 日々のこと | Comments(4)
猿田彦珈琲
揺れても、ここへ帰ってくる。
c0001023_22421553.jpg

からだを1ヵ所に留めるものは足の筋肉、
それならたぶん、こころの筋肉も必要だなあ、
いつでも気持ちを「いま」「ここ」に留めるために。

ヨガの前に、友だちと猿田彦珈琲へ。
淡い水色のカップは、出掛けに見た空と同じ色だった。
by asian_hiro | 2013-02-26 23:00 | 日々のこと | Comments(2)
チョコレート
いさぎよく、一直線。
c0001023_16465821.jpg

浅葱色の空に、檸檬色の月。
「あなたのオーラは白または黄色、ちょうど満月みたいな、ね」と
以前、初対面のインド人に言われたことを思い出す。
もうすぐ、満月。
たぶん、今夜も空を見る。

蛇口をひねったら、まっすぐ水が落ちるように、
こころのスイッチをオンにしたら、想いがまっすぐほとばしる、
どれだけ頭のなかでものごとを複雑にしてしまっても、
結局、出口はひとつしかなかったみたいだ。
そんなことを思いながら、「どれにしよう」と悩みつつ、
今日もひとかけ、冷蔵庫からチョコレートを取る。
by asian_hiro | 2013-02-25 17:39 | 日々のこと | Comments(6)
香港の裏通り
旅の風見鶏は、いつでも市場の方角を向く。
c0001023_18512611.jpg

町のひと達の、当たり前の日常に
一歩、足をつっこんで
「おじゃまします」と、同じ場所の空気を吸う。
c0001023_18513594.jpg

八角、胡椒、鶏がらスープ、
いろいろなにおいが入り交じるなか、
ひとの会話が踊っている。
c0001023_18535531.jpg

地元のひと達で大賑わいの食堂で食べたワンタン麺は
海老ワンタンとつみれのせ。
みんなで同じ丼に向き合う瞬間、まさに胃袋の連帯感。
by asian_hiro | 2013-02-24 18:59 | | Comments(2)
香港旅行
こんな旅も、あったんだ。
c0001023_196289.jpg

成田空港第2ターミナルの、書店と一緒になったタリーズコーヒー、
インドへ行くときは、いつもここで日記を書く。
日本に残していく物事をあたまのなかで整理したり、
インドで挑戦したいことを思いつくまま書き出したり、
ふと、視線をあげれば飛行機が飛び立つ様子が間近に見える、
そんなふうに過ごす時間がとても好き。

いつも、ここではひとりで過ごしていたけれど
誰かと一緒にガイドブックを開きながら、
「どこへ行こう?」
「なにを食べよう?」って考えるのもいいものだって、
今回、あらためて気がついた。

香港3泊4日、(ほぼ)現地集合、現地解散の旅。
気になっていたヨガスタジオで2回クラスに参加して、
みんなで食事の前に集まり、一緒に食べて、
「これ、何に使うの」って
不思議な道具を売っている台所用品街へ買い物に出掛けて、
スーパーで調味料や食材やお菓子をいっぱい買って、
ひとり、2階建てバスの最前列にも乗って、
ネオンが光る漢字だらけの看板の渦に飲み込まれて、
最後はみんなで夜景の見えるバーで乾杯をして、
そんなふうに、旅もおしまい。
さて、もうすぐ3月だ。
by asian_hiro | 2013-02-23 19:22 | | Comments(8)
香港へ
本当は、こっちの世界が合っているのかもしれないけれど。
c0001023_21565078.jpg

このごろ旅といえば、ヨガウエアを3着持ち、
インドへぽーんと飛んでしまうのが定番だったので
行き先が、ちょっとブルジョワな香港で、
バッグパックを担ぐスタイルじゃなくて、
しかも女性5人のグループで、
「きれいめスタイルでいきます!」と話すおしゃれな先輩がいて、
わたしは「ジーパンで過ごします!」って堂々と宣言していて、
香港でいちばん人気のスタジオでヨガをやってみようと、
やっぱり、ヨガウエアをかばんのなかに突っ込んで、
こういう旅、あまりわたしのカラーではないかもしれないけれど、
たぶん、楽しい数日間になりそうだ。
最高気温は25度、その文字を見るだけで胸がおどる。
by asian_hiro | 2013-02-19 22:52 | | Comments(6)
回想
ぐるりとまわって、いつでも元通り。
c0001023_20135224.jpg

本当は、急いで次の会社へ行かなければならなかったのだけど、
どうしても、クールダウンが必要だと思い、
目の前にあったマクドナルドでコーヒーを飲むことにした。

オフィス街、昼どきのマクドナルド。
外では、冷たい雨が降っている。
ほぼ満席だったけれど、ちょうど窓際のカウンターが空いていたので
バッグとコートを置いて、席を取った。

ブラックのコーヒーを1杯。
バッグから日記帳を出し、とりあえず開いたけれど
5行ほど書いただけで、ペンが止まった。

右隣は、手書きでレポートを書く女子大生。
左隣は、スポーツ新聞を読みながらセットメニューを食べる会社員。
少し離れたところには、OLさんのグループがいた。

ほとんど毎日、自宅近くのマクドナルドに通って
原稿を書き続けた夏がある。
早朝出かけ、また、夜に出かけて日付が変わるまで店にいたり、
午後のあいだ、何時間も居続けたり、
コーヒーを1杯、2杯、ときにカフェオレやマックシェーク。
原稿を書く手をやめて、
まわりの会話に、ぼんやり耳を傾けることもあった。

「ねぇ、どうして勉強しているときそんなさみしそうな顔をするのぉ」
「だって、さみしいんだもん」

「やめちゃおうかな。好きでいること」
「どうして」
「もう、愛しても愛しても、伝わらない」

ハンバーガーを食べる前、「いただきます」っていうように、
黙って、手を合わせる若い男の子もいた。

いろんなひとがマクドナルドに集まってくる。
いろんな会話が生まれ、
いろんな光景が繰り広げられる。
わたしはその夏、そこで1冊、本を書いた。

先日、髪の毛を少し切った。
これだけ長いと、3cm程度切ったところで
たいした違いはないのだけれど、
鋏が入るときは、いつでも少しだけ複雑な気持ちになる。

雨が、ますます強くなってきた。
その様子を眺めながら40分かけてコーヒーを飲み、
それから、次の会社へ向かった。


写真は、インドのチャンディガルで見た観覧車。
蓮の花をモチーフにしたゴンドラが美しい。
by asian_hiro | 2013-02-18 20:34 | 日々のこと | Comments(2)
シンクロ
語らずとも、通じ合う。
c0001023_8473342.jpg

見つめ合ったり、同じ方向を眺めたり、
それだけが、すべてじゃないって思えてくる。
隣り合って座るだけで、きっと心はシンクロしている、
たとえ、そこに言葉はなくても。
南インド、コーチンの町。


さて、今日もいい天気!
洗濯機が止まったら、まずはマーケットへ足を伸ばし、
りんごを丸かじりしながら今日はなにをしようって、考えよう。
by asian_hiro | 2013-02-17 09:03 | インド旅行記 | Comments(4)
ファイト!
わたしは、男に生まれればよかったとは思わない。
だけど、冷たい水のなかをふるえながらのぼっていく気持ちは
たぶん、理解できると思う。
c0001023_1537653.jpg

来週、インドへ旅立つ友だちに渡したいものがあったので
午前中、阿佐ヶ谷で待ち合わせをした。
彼女の知りあいというインド人が経営するカレー屋さんへ顔を出し、
スパイスのきいたチャイを1杯、ごちそうになったあと、
駅まで戻り、少しだけお茶をすることにした。
そとは、冷たい雨が降っていた。

駅のなかにあるスターバックスで、
わたしはラテを、彼女はカプチーノを飲みながら
お互いに近況を報告し合い、
元気でね、みんなによろしくね、いい旅を、と言って彼女と別れた。
「いい旅を」という言葉とともに、これまで何人を見送っただろう。
それと同じくらいか、あるいはそれ以上か、
「いい旅を」と言われ、わたしも何度も見送ってもらった。

電車に乗り、新宿へ向かった。
時刻は1時過ぎ、
予定より少し遅れてしまったのは、
朝、わたしが電車を乗り間違えてしまったからだ。
iPhoneを取り出し、イヤフォンを耳にはめ、
radikoでチャンネルを合わせる。
その瞬間、耳にとびこんできたのは
中島みゆきが作った「ファイト!」だった。

窓のそとは、グレーの空。
線を描いて落ちてくる雨が肉眼にも見える。
家に帰る前に買うべきものや、
家に帰ってからやるべきことを
あたまのなかで整理しながら、歌詞に耳を傾けていると、
ふっと、冷たい水のなかをふるえながらのぼっていく
魚の様子が、あたまのなかに浮かんできた。
その魚は、わたしなのか、これから長旅に出る友だちなのか、
あるいはほかの誰かなのか考えながら、降り続く雨をじっと見た。
たぶん、いい歌をいいタイミングで聴いた。
by asian_hiro | 2013-02-15 16:29 | 日々のこと | Comments(6)
情熱
こころの鍵を開けましょう。
c0001023_4542727.jpg

今日の天秤座は
相手の目をまっすぐに見て情熱を託す感じの日。

うん、なんだかとてもいいなと思える、
夜明け待ちの東京、5時少し前。
by asian_hiro | 2013-02-14 04:58 | 日々のこと | Comments(2)