アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2012年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
大晦日に
Everyday start again.
c0001023_1623722.jpg

朝、今年最後のヨガへ行くと、先生はこう言った。

"fear"の理解にはふたつある、
ひとつは、目の前にあると認識すること、
もうひとつは、受け止めて乗り越えること。
今日のテーマは、"beyond fear"だ。

目の前にある恐怖を恐怖だと認識し、
それを受け止める覚悟が出来てしまえば、
それはすでに、恐怖ではない。

たぶん、すべてがだいじょうぶ。
心配することなど、どこにもないし、
「だいじょうぶだ」と語ることに、なんにも根拠がないことが、
いちばんの根拠なのだと思っている。

may all beings be happy.
世界中のあらゆるいのちあるものに。
来年は、もっともっと、いい年にしよう。
by asian_hiro | 2012-12-31 16:36 | Comments(6)
はじまり
雨の夜、明けて青空の朝。
c0001023_9575473.jpg

やっぱりさ、
夜は、明けるためにあるんだよ。
闇は、光を迎えるためにあるんだよ。
おしまいは、必然的にはじまりをつれてきて、
かなしみは、しあわせの種になるんだ。

さて、今日はこれから今年最後の取材。
電車を3本乗り継いで、少し、海の近くまで。
iPhoneの待受を飾ってくれているこのねこに会ったのも、
海の上に浮かぶ島だったね。
by asian_hiro | 2012-12-29 09:59 | 日々のこと | Comments(4)
鹿乃子のあんみつ
あんみつと、まんげつ。
c0001023_2355329.jpg

もう少しで、満ちる月。
オレンジ色に光る東京タワー。
深く、深く、息を吸って
からだの内部に意識を向ける。
結果を信じるんじゃないよ、
いま、まさに、この瞬間の気持ちを信じるんだよ。
このごろ、こんなことばかり考えている。

取材後に、お友達の編集者さんといただいた鹿乃子のあんみつ。
あすは、今年最後の満月。
by asian_hiro | 2012-12-27 23:10 | グルメ | Comments(0)
マーロウのパウンドケーキ
たとえ、煙突から下りてくるサンタの姿が見えなくても。
c0001023_9422946.jpg

「どうか、本当のことを教えてください。
サンタクロースはいるのですか」
そんな質問を投げかけた8歳のバージニアに、
新聞「ザ・サン」の記者は丁寧にこたえている。
「実はね、バージニア、サンタクロースはちゃんといるんだ。
愛とか思いやりとかいたわりとかが、この世にちゃんとあるように
サンタクロースもちゃんといる。
愛もサンタクロースも、ぼくらに輝きをあたえてくれるんだよ」

目に見えることだけがすべてではなく、
耳に聴こえることばだけが真実ではない。
最近、つくづくそう思っている。
「誰か」や「なにか」を信じようとすれば、
時にそれはとても大きな壁になる。
小さなことでフラフラするし、頼りなく足場が揺れることだってある。
だけど、少なくとも、
それらを信じようとする「自分自身」を信じることができれば
たいていのことは、乗り越えられそうな気がしている。
まずは、ここからはじめよう。

マーロウのパウンドケーキ。
クリスマスの朝、淹れたてのコーヒーとともに。

http://www.newseum.org/yesvirginia/
by asian_hiro | 2012-12-25 09:57 | グルメ | Comments(2)
プレゼント
彼と彼女と、ダッフルコート。
c0001023_913876.jpg

先日のこと。
いつも出かけるお店で洋服を選んでいたら
30歳くらいの男性がこちらへやって来て、遠慮気味にこう言った。
「あの…このコートをちょっと羽織ってもらえませんか」
聞くと、そのひとの恋人がわたしと同じような背格好で、
クリスマスプレゼントとして、彼女にコートを贈りたいらしい。
それはきっと素敵な女性に違いない!
そんなことなら喜んでお手伝いを!
そう思い、わたしも張り切ってコートを羽織った。
「でも、これよりこっちのほうがいいんじゃないかと思います」と
余計なお世話で別のコートを提案し、
彼も「そう言われればそうですね」と、納得して
グレーのダッフルをお買い上げ。
どうもありがとう、
いえいえこちらこそ、頑張ってください、と笑顔でさよなら。
彼と彼女に、素敵なクリスマスが訪れるといいなあ。

買い物を終えたあと、スターバックスで久しぶりにエスプレッソ。
クリスマスから大晦日にかけての、
バタバタと慌ただしくも、あちこちにしあわせの花が咲く、
この季節は、とても好き。
by asian_hiro | 2012-12-23 09:17 | 日々のこと | Comments(4)
ZOPFのベーグル
春の前には、きちんと冬を。
c0001023_23562982.jpg

ポインセチアを買おうか、
コットンフラワーにしようか、
それとも、赤い実のリースにしようか、
花屋の店先で考えていたら、
あしもとにチューリップの花束があった。
わたしがいちばん好きな花、
つい、手に取りたくなってしまったけれど、
いまは、いまの季節を楽しもうと思い、
小さくてかわいらしい、真っ赤なリースをひとつ買った。

ZOPFのベーグル、クリスマスカラー。
冬の、朝の陽射しのなかで、コーヒーと一緒に。
by asian_hiro | 2012-12-21 00:06 | パンSPECIAL!! | Comments(0)
メール
遠くへいってしまわないうちに、自分のための備忘録。
c0001023_23411195.jpg

このあいだ、会社の面接を受けたらさ、
「あなたはとても優秀だし、仕事もきちんとやってくれそうなんだけど
でもほかのひとたちに比べると、なんだろね、
あっ、そうそう、必死さが足りないんだよ。
絶対、うちの会社に受かってやるって一生懸命さがないんだよ」って
そんなコト、言われちゃった、
どうしてそんなコト、言うのかな、
なんでそのひと、わたしに必死さがないなんて言うんだろう、
わたしのなにを見たのかな。
そう、そう。わたしもそう。
いつも友だちから、「あなたってどうしてそんなに余裕なの」
「焦ったり、イライラしたりすることなんて、ないでしょ」って
言われちゃうんだよね、
ワタシだって、いつでも余裕なわけじゃないし、
しんどいときだって悲しいときだってある、
だけど、そういう気持ちを外に出せないヒトだっているんだよ、
みんながみんな、感情をちゃんと出せるわけじゃないんだよ、
出したくても出せないヒトって、いるんだよ、
そういうの、どうしてわかってもらえないんだろうなあ。

一緒に夜ごはんを食べながら、友だちと友だちふたりの会話。
わかる、わかるよ、わたしもそう。
ふたりのことばを聴きながら、こころのなかで頷いた。

だけどさ。
うまく伝えられるか、まったく自信がないけれど、
なにか、やっぱりわたしたちには足りないものがあるんだよ、
正しいとか、正しくないとかじゃなくて、
いいとか、悪いとかじゃなくて、
たぶん、たいせつななにかがココにない、
なんだかわからないけれど、
たとえていうなら、まっすぐ線対称に並べられたドミノとか、
わずかなデコボコもなく、きれいな道を作っているコンクリートとか、
そんなふうに、一見、自然なようにも思える人工的な不自然さが、
あるひとたちにとっては、
とても居心地の悪いものに思えてしまうのかもしれない、
それっていったいなぜなんだろうって
そんなことを、このところずっと考えていたら、
ふたりの友だちのうちひとりから、一通のメールが届いて、
そこに書かれていたのは、ずっしり重い一文だった。

愛することをしないで、愛されたいと願ってはいけません

読んだ瞬間、やられた、って思ったね。
わたしに向けて語られたものではなかったけれど、
どんなにことばを重ねようとも、
きっと、これより真実を突くものはないだろうな。
by asian_hiro | 2012-12-20 00:00 | 日々のこと | Comments(6)
ZOPFのパン
朝に、パンを。
c0001023_218532.jpg

ずっしり重いことばがメールで届いて
はっとしながらその文章を読み、
そして、朝、パンを食べる。

コーヒーを淹れてマグカップに注ぎ、
途中から牛乳を足してカフェオレにし、
軽くトーストしてバターを塗り、パンを食べる。

昨日と同じ朝のようでも、
メールが届き、パンがあり、カフェオレがある、
やっぱり違う、今日という朝。

ZOPFのゲズンドブロートとベーマーバルトブロート。
たのもしく、味わい深く、力強い。


ベーマーバルトブロートだけで、こんなに書いている。
http://sdays.exblog.jp/11810505/
http://sdays.exblog.jp/6175572/
http://sdays.exblog.jp/4096394/
http://sdays.exblog.jp/3063077/
http://sdays.exblog.jp/2943215/

そして、ゲズンドブロート。
http://sdays.exblog.jp/15045176/
http://sdays.exblog.jp/13766602/
http://sdays.exblog.jp/12461523/
by asian_hiro | 2012-12-19 21:21 | パンSPECIAL!! | Comments(0)
ZOPFのカフェ
毎年、この時期に思い出すのは、
NYに住んでいたとき、このお店のシュトレンが届いたこと!
c0001023_19592255.jpg

あれは、ものすごくうれしかったなあ。
会社へ行く前、日本との時差を考えながら国際電話をかけた。
「届きました! ありがとう!」って。
c0001023_2044547.jpg

このお店を知ったのは、もう10年以上前になるのかな、
インドから帰ってきて、いちばんに訪ねたり、
遠来の友だちと2階のカフェで食事をしたり、
そういえば、雑誌の取材で訪れたりしたことも。
c0001023_19593671.jpg

わたしにとって、人生の節目となるときには
必ずこのお店がある気がする。
なにげない、365分の1日だとしても、
ここを訪れるのは、いつでもわたしにとってスペシャルな日。

先日、ZOPFで友だちとランチをした。
写真は2度に1度は頼む、大好きなパテとマリネ。
by asian_hiro | 2012-12-18 20:12 | パンSPECIAL!! | Comments(0)
喫茶ミンカ
ひとさじごとに、一瞬だけ会話が止まる。
c0001023_710316.jpg

遠来の友だちと、鎌倉へ。
春を思わせるあたたかさのなか、
歩いたり、お参りしたり、食べたり、笑ったり、休んだり。

写真は、古民家をリノベートした喫茶ミンカ。
東京近辺では珍しいオオヤさんのコーヒーを飲み、
とろんと甘いプリンを食べた。
by asian_hiro | 2012-12-17 07:16 | 散歩 | Comments(0)