アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
リシケシ
5ヶ月ぶりに帰省。
c0001023_16405758.jpg

新宿、渋谷より身近なリシケシ。
何度、ここを訪れてもあたらしい発見があり、
何日、ここで過ごしても
過ごせば過ごすほど好きになる。

先週日曜日、ダラムサラからリシケシに到着。
最後の晩にヨガの先生の部屋でごちそうになった
カレーとサブジが、いま、とても懐かしい。
by asian_hiro | 2011-09-28 16:44 | インド・リアルタイム | Comments(0)
3週間
ご無沙汰していますが、相変わらず元気です。
c0001023_045785.jpg

毎朝6時に起きて、
気持ちいい宿のテラスでストレッチをして、
朝9時から11時までアシュタンガヨガのクラスに出て、
そのあと、「坂の茶屋」でチャイとパイの簡単な朝食をとって、
いったん部屋に戻って日本から持って来た仕事をして、
お腹が空いたら近くの食堂へごはんを食べに行って、
夕方4時半から6時半まで、今度はハタヨガのクラスに出て、
それからまた食堂でご飯を食べて帰り、
宿に戻って「南無三!」って意気込みで水シャワーを浴び、
日記を書いて、メールをして、また少しだけ仕事をして、
それから、11時には就寝。
こんなふうに毎日が過ぎていって、
そのなかでたくさんの、ほんとうにたくさんの友達ができた。
土産物屋、チャイ屋、洋服屋、八百屋、果物屋、スーパー、
いろんな店で働くおじさん、お兄さん。
ヨガのクラスで毎日一緒になった世界各国の旅人、
それから、お世話になった先生とお弟子さん。
もう、このままこの生活を果てしなく続けたいと思うのだけど、
そんなわけにもいかないので、
そろそろ足を動かそうかなと思っている。
今日、バスターミナルへ出かけ、
次の町へ移動するためのチケットを手配した。
土曜日午後5時に、ダラムサラにさよならだ。
何度旅を繰り返しても、
別れにはちっとも慣れることがないのだけれど、
また「次」があると思えば、動き出すことも辛くない。
必ずここに帰ってくると、なんの疑いもなく信じている。

それにしても、このダラムサラ、
今までの旅人生のなかで、
いちばん気持ちいい時間を過ごすことができた。
体も心も、のびのびとたくさん深呼吸した。
わたしはこの3週間を、
一日も欠かさずありありと思い出すことができるだろう。


写真は、今日の昼ご飯のベジタブルモモ。
黒酢と唐辛子のペーストをたっぷりつけて食べる。
わたしがチベット料理屋を開くとしたら、
間違いなくモモ屋だというくらい大好きな料理。
by asian_hiro | 2011-09-23 01:05 | インド・リアルタイム | Comments(6)
問答
ずっと、これが見たかった。
c0001023_23231879.jpg

8年前、この町に来たとき
いつも夕方になるとチベット寺へ出かけ、お坊さんの問答を見た。
二人一組でペアになり、
質問する方は手を鳴らし、足を踏み、
襲いかかるように相手へ質問を投げかける。
答える方は、地面に座り、
間髪入れずに返事をする。
その早口のやりとりがおもしろくて、
ああ、チベット語がわかったらもっと楽しいのにと思いつつ、
境内にこだまする僧侶の声を、気持ちよく聞いていた。
僧侶の声に、うるさいほどのセミが混ざる。
でも、6時15分を過ぎると、ピタリとセミは鳴きやむのだ。
あれは、いったいなぜだったんだろう。

今日、ひさしぶりに僧侶の問答を見た。
たった2組だったけれど、そのやり取りは境内に大きく響き、
雨上がりの青空へ、ぐんぐんと吸い込まれていった。
by asian_hiro | 2011-09-09 23:26 | インド・リアルタイム | Comments(6)
雨宿り
小さなしずくが、やがて大粒の雨となり。
c0001023_21142613.jpg

お寺の前に差し掛かっていたところで、突然の雨。
傘を持っていたけれど、
シャッターが閉まった店先で、雨宿りをした。
足下に、真っ黒い熊みたいな犬が来たので
「くまこ」と名付け、一緒に雨が降るのを見た。
やがて、くまこは足下ですうすうと寝て、
わたしはiPhoneで雨の写真を撮った。

ブログ以外のところでも、
ちょこちょことインドの話を更新しています。
ツイッターとか、instagram とか。
もしよかったら、そちらもご覧ください。
by asian_hiro | 2011-09-06 21:20 | インド・リアルタイム | Comments(0)
風船
揺れるハートに、なに思う。
c0001023_2336466.jpg

ハートの風船を追いかけるようにして、
バグースからマクロードガンジまで山道を約20分。
雨が降りそうで降らない、
晴れ間が見えそうで見えない、
微妙なグレー混じりの青空に
真っ赤な風船がピカピカと光ってた。
by asian_hiro | 2011-09-05 23:40 | インド・リアルタイム | Comments(0)
ダラムサラにて
手の中をするりと抜けるなら、あえて追う必要はない。
c0001023_14154718.jpg

1日に日本を出て、その夜は経由地の広州泊、
2日はデリ―の空港で夜明かしし、3日は夜行バスで車中泊。
9月4日、日本を出て4日後にようやくダラムサラの町に到着した。

急ぐ旅ではないし、用事があったわけでもないのだけれど、
とにかく、脚を進めたかった。
わたしが、心地良いと思う場所にたどりつくまで。

ダラムサラへ向かうバスのなかで、小さな髪留めをなくした。
とても便利で、ヨガのときに髪の毛を留めるのに役立っていたんだけど
そのバネがちょっときついみたいで、
正直、痛いのを我慢して使っていたところもある。
真っ暗な夜行バスのなかで取り外したとき、
それはするりと落っこちてしまい、
どこへ行ったのか、まったくわからなくなってしまった。
ライトも持っておらず、車中の蛍光灯も消えている。
しかたなく、そのまま目をつぶって寝ることにした。

自分にとって、それほど必要でないものや
あってもなくてもどちらでもいいものは
自然と、消えていく運命にあるのだろう、
だから、無理にそれを追い求める必要はなく、
無くしたら、無くしたままでも構わないのだ、と
そんなことが眠りに落ちる直前、あたまのなかで浮かんで消えた。

今朝6時過ぎ、ダラムサラに到着し、
バスの運転手に懐中電灯を借りて一応探してみたけれど見当たらない。
まあ、いいやと思い、そのままいつもの宿へ向かった。
無くすことに慣れるのではない。
無くしたままでも、歩き出すのだ。

ああ、このブログを書いているあいだに
朝から降り続いていた雨が、やっとあがった。
4ヵ月ぶりのこの町へ挨拶するようにぐるりと通りを一周して、
それから、少しだけ日本から持ち込んだ仕事をしよう。
あしたから、ヨガが始まる。

写真は、ニューデリーのメインバザール。
ダラムサラへ向かう直前に撮った、ニューデリー唯一の写真。
by asian_hiro | 2011-09-04 14:33 | インド・リアルタイム | Comments(6)
インド前夜
しばらくの間、サヨナラです。
c0001023_0212527.jpg

今日、最後の掃除をして
荷物を実家に送る手配をしながら、
ブログに書きたいと思ったことが、ふと心に浮かんだのだけど、
なんだっけ、きれいさっぱり忘れてしまった。
まあ、いいや。
「忘れた」という事実と、
「それはそれほど意味のあることではなかった」という結論は
決して、安直に結びつくものではないけれど、
思い出せないのだから仕方が無い。
一晩中、うんうん唸りながら思い出そうと頑張る時間は
わたしには、いま、残されていないのだ。

あしたから、16度目? 17度目?
もう忘れてしまったけれど、インドへ行く。
いまはただ、毎日尊敬する先生のもとでヨガができることと、
このカフェのこの席に帰れるということが、とてもうれしい。

動いてる。
足下の地面が、たしかに、いま。
わたしはそれに乗って、インドへ進めばいいだけだ。

いってきます。
by asian_hiro | 2011-09-01 00:32 | インド旅行記