アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
電話
偶然だとしても。
c0001023_2121970.jpg

昨日の夕方から足の関節が痛くなり、これはまずいなと思っていたら
案の定、夜、熱を出した。
夜8時頃に帰宅し、
本当はいくつかやらなければならないこともあったんだけど
とりあえず顔を洗い、歯を磨いて布団のなかに入ったら、
夜10時ごろだったか、急に携帯に着信があった。
布団をかぶったまま出てみると母からで、
久しぶりだけどどうしているかと思って、とのこと。
今、風邪ひいて寝てたと言い、
ついでに、今度一緒に出かける温泉旅行のことを少し話す。
電話を終え、虫の知らせとはこういうことかと思いつつ、
再び眠った。
by asian_hiro | 2010-03-31 00:07 | 日々のこと | Comments(4)
日曜日の長文
あの、ライトアップが消える前に。
c0001023_072125.jpg

カレンダーとほとんど関係のない生活をしているので、夕方6時半からサザエさんを見て、ああ、また一週間が始まるんだなあ、と気分が滅入る「サザエさん症候群」とは縁がないし、たとえ週はじめに夜遅くまで遊んでいたってまったく問題ないのだけれど、なぜか「長文」を書きたくなるのは日曜の夜。そんなわけで、原稿を書く手を休めてブログを更新することにする。

そもそも、どうしてこのブログを始めたのかと言えば、それはあまりに無精なせいで、以前、作っていたサイトをほとんど更新できていなかったから。Flashを使って手の込んだものを作ったのはいいけれど、いざ、更新するとなるとこれがまた面倒で仕方なく、2003年から2004年秋にかけての「500日間アジア横断」という旅についてあれこれ書いてはみたものの、やっぱり途中で挫折した。そんなわけで、手軽に更新でき、写真も見やすく、サーバーをレンタルする必要もないということで、ブログを始めることにしたのだけど、これが、いつの間にかパン中心の話題になっていたのはいいとして(タイトルがタイトルだし)、しばらくサイトのほうを完全放置してしまったら、知らないうちにサイトがコンテンツごと消えていた。

そのサイトを作ったのは、今、使っているMacではなく、2代前のWindows。でも、そのWindowsのマシンは、わたしがアメリカへ1年ほど出稼ぎに行っている間、落雷にでも遭ったのだろうか、見事なまでに壊れていた。電源を入れてもうんともすんとも言わないし、なだめてもすかしてもまったく返答がない。そのうえ、データのバックアップも取っておかなかったので、サイトのコンテンツは全部、きれいさっぱり消滅してしまった。あれだけ、手間ひまかけて作ったトップページ…。試行錯誤しながらFlashを使ったので、恐らく、トップページだけでも1週間はかかっている。まあ、仕方ない。消えたものは、仕方がない。バックアップを取っておかなかったわたし自身が悪いのだ。

しかし、もし、バックアップを取っておいたとしても、果たして、わたしはそのコンテンツをもう一度、サーバーにアップロードしたか疑問だ。いや、たとえ公開しなかったとしても、わたしが再びそのページを見ることなど、あっただろうか。答はおそらくノーだ。たぶん、わたしは見なかったと思う。「手元にある」「見ようと思えばいつでも見られる」という状態に気を許し、きっとサイトを開くことはなかっただろう。そして今、データがすべて無くなってしまったことは悲しいに違いないが、実際、ホントに悲しいのかと言われれば、そうでもないような感じもする。むしろ、無くしたことさえ忘れてしまう。世の中には、そんなことがとても多い。いいか悪いかは抜きにして、人生、そんなことの繰り返しだ。

そんなわけで、もうすぐ、東京タワーのライトアップが消える。それに間に合うよう、この文章を書きたかったので、今日はもう、これだけで満足だ。今夜のライトが消えてもなお、あしたは必ずやって来る。
by asian_hiro | 2010-03-28 23:59 | | Comments(2)
ショートブレッド
そろそろ、と。
c0001023_20561891.jpg

桜が咲き、
天気は崩れ、
それでも桜は咲いたままで、
もうすぐ、4月。
まあ、ぼちぼち目を覚ましましょうか。
春だものね。

表参道のイベントで購入した、
友だちが焼いたショートブレッド。
いつか、お店がオープンするのを
楽しみに待とうと思う。
by asian_hiro | 2010-03-28 22:03 | グルメ | Comments(0)
ベッカライ 徳多朗のバゲット
雨の日、赤い手帳。
c0001023_1371655.jpg

銀座の伊東屋で、4月始まりの手帳を買う。
どれにしようか散々悩み、
結局、去年と同じく高橋書店の赤いカバーを選んだ。
仕事のスケジュールを管理するのは
正方形に近い不思議なサイズのノートに自分で罫線を引き、
日付を書き込んで使っているので、
ほんものの手帳には、もっとプライベートなことを書き込んでいる。
とはいえ、仕事用ノートにもプライベートな案件を書いておかないと
誤ってスケジュールを入れてしまうこともあるので
つまりは、どちらにも予定を書かなければならないのだけど。

新しい手帳に、いくつか予定を書き込んだ。
久しぶりに会うひと、楽しいはなし、パンパーティー。
そのほかは、がらんと大きく空いたまま。
余白の多い手帳は、見ているだけでわくわくする。

ベッカライ 徳多朗のバゲットに、いただきものの蜂蜜を添えて。
それと、SHOZO CAFEの「森のブレンド」を淹れ、
雨の日の朝食に。
by asian_hiro | 2010-03-26 01:44 | パンSPECIAL!! | Comments(4)
コーチンにて
たぶん、ある意味では原点。
c0001023_073631.jpg

この町にいると、なぜかたくさんの人に話しかけられる。
インド人だろうと、旅行者だろうと、
外見だけじゃ、何人だかわからない人だろうと、
何語を話しているんだかわからない人だろうと、
とにかく、あちこちで本当によく話しかけられる。
たぶん、この町とわたしの波長がぴたりと合うのだ。
通りを歩いているだけで
心に風船がつながれたみたいに気持ちよくなってくるし、
たとえなにもしていなくても
エネルギーが充電されていく感じがする。
だから、きっとインドのどの町にいるときよりも、
ちょっとだけ、わたしは良い顔をしているのだと思う。
それが「ホントのわたし」かは抜きにしても、
わたしをそんな「わたし」にしてくれるこの町が大好きだ。

そろそろ、帰ろっかな。
充電池がカラッポになる前に。

インド、コーチンにて。
by asian_hiro | 2010-03-25 00:18 | インド旅行記 | Comments(2)
around the corner
c0001023_23181583.jpg

イメージは、
どこか階段が多いヨーロッパの田舎町を
女の子が駆けていく感じ。
そんな雰囲気の音楽を、
今朝からずっと聴いている。

「どこまで走るか」なんてナンセンス!
走りたいなら走ればいい。
季節はもうすぐ、春ですよ。
by asian_hiro | 2010-03-21 23:20 | 日々のこと | Comments(0)
記憶
たぶん、長かったのだろう、そんな冬の終わりに。
c0001023_23382889.jpg

冬が終わるということが
いよいよ、現実味を帯びてきた。
この冬は、ずいぶん辛かったような、苦しかったような、
でも、いったいなにが? 
なにが本当に辛かったのだ?

昨晩、なんだかものすごく夢見が悪く、
朝、寝汗をかきながら目が覚めた。
でも、掃除機をかけ、コーヒーを淹れているときには
すっかり夢の内容を忘れてしまい、
あれ、一体、何に怯えていたんだっけと
はなまるで、美輪明宏を見ながら考えた。
良い夢を見て、その内容を忘れてしまうより、
悪い夢を見て、それをまったく覚えていないほうが
人生、少し得した気がする。

写真は、冬の北京駅。
マイナス15度という寒さを、いまはまったく思い出せない。
by asian_hiro | 2010-03-19 23:43 | 日々のこと | Comments(2)
うづらやのスコーン
また、夜。
c0001023_21464296.jpg

視野の狭さを
視界で補う。
窓から夜空と
東京タワーの様子を見て
少し、きもちをシャンとする。

うづらやのスコーン。
これは、ひとの手が作ったものではなく
なんとなく、自然と草むらに育った感じ。
そんな味。
by asian_hiro | 2010-03-18 22:31 | グルメ | Comments(2)
ZOPFのプンパーニッケル
すり減らす前に、満たす。
c0001023_20125783.jpg

インターネットで地上波ラジオを聞くことができるようになり、
最近、朝はJ-WAVEにチャンネルを合わせるようになった。
しかし、仕事をするときは
言葉を聞きながら言葉を書くということができないため、
相変わらず、iTunesで音楽を聞いている。
なにかが、枯渇することのないように、
なにかが、乾涸びていかないように、
なにかが、すり減ったりしないように、
部屋のすみずみまで、音楽を満たしている。

ZOPFのプンパーニッケルにレバーペーストをのせて。
昼にも、夜にも、そして夜のおやつにも
このパンを食べる。
by asian_hiro | 2010-03-17 22:18 | パンSPECIAL!! | Comments(2)
hohoemiの木の実のガレット
誰かに、尋ねることができるなら。
c0001023_23361717.jpg

twitterで

「やり直ししてはいけないなんて誰が決めたの?」

そんな友人の言葉のあとに、

「ねぇ、もう一度初めからやり直してみないか?」

そう、別のひとが続けた。
ふたりの間に接点は何もないのに
やり直すということばが
10分経たないうち、タイムラインに表示されて、

「ほんとうに、やり直すことなどできるのだろうか」

つい、そんなことを書きそうになった。

「やり直す」とはもう一度、同じ道を辿るということだろうか。
それとももう一度、同じスタートラインに立つということだろうか。

hohoemiの木の実のガレット。
こうばしいナッツの香りが、夜中と朝の境目をつくった。
by asian_hiro | 2010-03-17 00:57 | グルメ | Comments(4)