アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧
期待
備忘録として。
c0001023_147552.jpg

もとより、叶わないから夢なのだと思えば、
いくつも夢を持つことに、なんの遠慮もいらないが、
間違っても、夢と期待を混合するな。
この世に、期待するものがあるとしたら
それは、せいぜい自分に対してだけでいい。
by asian_hiro | 2009-10-31 01:48 | 日々のこと | Comments(4)
ameen's ovenのスコーン
金曜日、マッコリの夜。
c0001023_21175532.jpg

遊びに来た母と一緒に、近所の韓国料理屋で夜ご飯。
キムチ、石焼ビビンパ、チャプチェを頼み、
それからマッコリを瓶で取る。
食べ終わって駅へ向かい、改札口で見送った。
この気持ちを、どう表現したらいいのだろうか、
うれしく、せつなく、かなしく、とおい。

ameen's ovenのスコーンは、
昨年同様、和栗とミレット。
やっぱり、このスコーンは世界でいちばん大好きだ。
by asian_hiro | 2009-10-30 21:26 | パンSPECIAL!! | Comments(6)
ameen's ovenのトースト2種
すべてを地面へ返すように。
c0001023_21411721.jpg

エレベーターのなかで
ためいきではなく、深呼吸を一回。
それから身体を前にぐっと倒し、
前傾姿勢でしばらく停止、10秒ほど。
頭にのぼった血や、熱や、なんやかやを足下へ押し戻し、
よし、まだいけると
もう一度、深呼吸。
憂鬱なことなど、なにもない。
しいていえば、10月が明後日で終わることくらいだ。

ameen's ovenのパンプキントーストと全粒粉トーストは
この季節だけの、限定もの。
また来年会いましょうと見送りながら、
丁寧にスライスし、味わって食べる。
by asian_hiro | 2009-10-29 21:44 | パンSPECIAL!! | Comments(0)
一日
nothing special
c0001023_23401223.jpg

なんでもないような一日が、
なんでもないように、終わっていく。
果たして、こんな一日があったことを
一年どころか、来週だって覚えていないかもしれないけれど、
一応、書き出してみるとこんな感じ。
今日は、にんじんをすりおろしてスープを作って、
今年、初めてのココアをいれて、
合間に、珍しく緑茶を3杯飲んで、
それはまあ、白くてきれいな急須を買ったからかもしれないけれど、
あとは、コンビニで公共料金をまとめて払って、
ひとつ、西の方へ荷物を送って、
お昼には、ameen's ovenのキャロットライを食べて、
何件か、いろいろなひとにメールを送って、
いくつかの原稿も形になって、
相変わらず、好きな音楽を繰り返し聴いて、
夜、少しだけ外を歩いて、
あとは、なんだっけ、もう忘れてしまった、
とにもかくにも、取り立てて目立ったことがまったくない、
穏やかで、いい一日だった。

写真は、インドのパナジにて。
旅先では、なんでもないような
こんな街角が、とても好きです。
by asian_hiro | 2009-10-28 23:52 | 日々のこと | Comments(6)
昨日のことと、今日のこと
そして、続く。
c0001023_22172051.jpg

まずは、昨日の話から。

所用があり、根津へ行く。
用件を済ませる前に、
まずは、神社へお参りしようと参道へ向かった。
このところ重なった、「いろいろとうまくいかない出来事」を
神様に預かってもらおうと思ったのだ。
雨は一段と強くなり、風も容赦なく吹き付ける。
そんななか、鳥居をくぐると目の前には小さな池があり、
オレンジ色をした大きな鯉が2匹、寄り添うように泳いでいた。
「鯉たちは、雨が降っていることを知っているのだろうか」
ふと、そんなことを考える。
水という、一枚張られたバリアのしたでは
雨も風も、なにも届かず、
ただ、同じような毎日が淡々と続いていくのかもしれない。
バリアのしたで守られるべきものは
鯉と、たぶん、それからなにか。

用事を済ませ、地下鉄を乗り継いで秋葉原へ。
とうとう、パソコンが動かなくなってしまったので、
急遽、新しいものを買うことにしたのだ。
いろいろ見て回った結果、Macのデスクトップに決めた。
いままで使っていたMacのノートを買ったのは、
アメリカへ行く前だから、ちょうど2年前の夏のことだ。
秋葉原の路地裏の小さな店で、初めてのMacを購入し、
そのまま荷物を持って、神田まで歩いたのだ。
途中、タリーズに寄ってアイスコーヒーを飲みながら
会社の元同僚にメールをしたことまで、
しっかりと覚えている。
なつかしい。
逃げ込みたくなるほど、なつかしい。

デスクトップのパソコンは、想像以上に重かった。
いや、そもそもこんな悪天候のなか
持って帰ろうとしたのが間違いだったのかもしれない。
駅から自宅まで、徒歩5分ほどの距離なのに
せいぜい50歩しか連続で歩けなかったので、
途中、何度も休憩をした。
傘を右手に、荷物を左手に持って50歩歩き、
一度、両手を入れ替えてから、
「1、2」と数えながら、再び50歩ぴったり歩く。
そんなことをしばらく繰り返し、ようやく家に辿り着くと
傘の骨が2本、折れていた。

セットアップもうまく済み、
iTunesに音楽を入れ終わったところで、
少し、仕事をしてから眠る。
あっという間に部屋の主みたいな顔をして
机の上に収まったMacは、
暗闇のなかでも、ぴかぴかと鈍い光を放っていた。

そして、今度は今日の話。

昨晩、寝たのが3時頃だったけれど、
今日も、いつも通り6時過ぎに目を覚ます。
さすがに、まだその時間では掃除機をかけられないので
コーヒーをいれ、りんごとパンで簡単な朝食にした。
台風一過の青空を見ながら、
そういえば、ココアを買ってこなくちゃと思い出す。
冬の間に飲む飲み物は、コーヒーを5とするとココアが3、
紅茶(チャイ含む)が1、緑茶が1。
寒いときに飲むココアは、格別だ。
家には豆乳しかないので、ココア用に牛乳も買わないとと、
「買い物メモ」を用意する。
あとは、キャベツとにんじんと、
かぼちゃと蓮根も買ってこよう。
朝7時の東京は、まだまだ一日はこれからだぜと言うように、
気持ちよく、風の音がうなっていた。

根津神社の鯉たちは、
今日も変わらず二匹連れ立って泳いでいることだろう。
秋葉原の電気街では、ミニスカートをはいた女の子たちが
道路の真ん中でビラ配りをしていて、
神田へ抜ける途中のタリーズでは、
ビジネスマンかOLが、日当りのいいソファに腰掛けて
コーヒーを飲んでいるかもしれない。
まだまだ、一日はこれからだ。
"Perfect"なんて、狙っちゃいない。
だけど、"Don't Look Back In Anger"、
いや、Don't Look Back In Wonder だな、わたしの場合、
とまどいながら、振り返るのはやめようぜ。

どちらも、今晩、聴いている音楽のタイトルから。
そばにはココアと、お香と、東京タワー。
まだ、マジック・マウスの使い方に慣れなくて、
一度、書いた記事を間違って削除してしまったけれど、
細かいことは気にしない。
明日も、どうやら晴れるみたいだ。
by asian_hiro | 2009-10-27 22:32 | 日々のこと | Comments(4)
悪夢
願わくば、夢と現実のあいだに厚い壁を。
c0001023_23114074.jpg

悪夢にうなされ、朝6時に目を覚まし、
ああ、夢だったのか、よかったよかったと安堵する。
顔を洗って洋服を着て、簡単な食事を済ませてから掃除機をかけ、
それから、バスに乗って出かけたら、悪夢の張本人から着信が。
今朝方の悪夢も、そのひとの電話から始まったのだ、
もしや、これは悪夢の続きだろうかと不安になり、
バスを降り、急いでかけ直すと、なんとものんきな話でほっとする。
それにしても、起きてもなお悪夢に振り回されるなんて、
もしかして、今朝方の悪夢のなかに
わたしはわたしを閉じ込めてしまったのだろうか。
夢のなかのわたしを救うべく、夢と現実の扉を開いたら、
悪夢は現実へなだれ込んでくるのだろうか。

わたしにとって、悪夢を追い払うおまじないは
好きなもののなかで眠ること。
好きな香を焚き、好きな音楽を聴き、
明日、届くはずのパンについて考えながら今夜は眠ろう。
by asian_hiro | 2009-10-23 23:24 | 日々のこと | Comments(4)
写真
向かって怯え、越えて忘れる。
c0001023_22383464.jpg

写真展を開くにあたり、どうしても飾りたい写真があって、
先日、実家に戻ったとき、押し入れの中をひっかきまわし、
たった一枚のネガを探した。
結論からいえば、それは結局見つかったのだけど、
整理整頓されておらず、
山ほどもあるネガのなかから、たった一枚を探し出すことは
わたしにとって、雲をつかむように大変な話だったはずなのに、
無事、それが見つかったときには、ああ、よかったという安堵とともに
「雲をつかむように大変な話」は、はるか彼方の後方へ
すうっと引き下がり、見えなくなった。

対面するとき、困難は大きく見え、
乗り越えると、小さく見える。
まあ、そんなふうだから
いくつもの困難を、やり過ごすことができるのだろう。
人生ってもんは。
by asian_hiro | 2009-10-23 00:25 | 日々のこと | Comments(4)
Always
埃の届かない、青空。
c0001023_21351859.jpg

渋谷にだって、地面はあるんだもの、
地面に近いところが埃くさくて、なにが悪い。
そのかわり、いつでも頭上には青空がある。
ビルの隙間にも、青空はある。

帰宅して、いまは夜。
かたわらには、香りと、コーヒーと、音楽と、パン。
ああ、なんだかいい夜だ。
わたしのために、時間がゆっくり流れていく。
by asian_hiro | 2009-10-21 21:57 | 日々のこと | Comments(0)
写真
取り急ぎ、お礼とおしらせを。
c0001023_8544914.jpg

パソコンの調子が悪い。
2週間ほど前から時々立ち上がらなくなってしまったのだけど、
昨晩、急に具合が悪化した。
なんとか苦労して立ち上げても、
10分に1回ほど、画面がピンクと紫の縞模様になり、
うんともすんとも言わなくなってしまう。
かろうじて、今は動かすことができるので
この隙に、書き留めておこうと思う。

11月に、東京で写真展を開催します。
インドの写真が大半で、
少しだけウイグルのものが混ざるかな。
あとは、ニューヨークで撮り溜めたものもプリントし、
自由に見てもらえるよう、置かせていただくつもりです。
ぜひ、遊びに来てください。
詳細は、改めてご紹介します。

パソコンのバイオリズムの悪さが
あちこちにじわじわと浸食しているみたいで、
これが直ったら、
いろんなことが好転するんじゃないかと考えるのは希望的観測か。
だいじょうぶ。
秋はまだこれからだ。

誕生日へのコメント、どうもありがとうございました。
一通ずつおこたえしていると、
きっと途中でパソコンがダウンしてしまうと思うので
これをもって、返礼とさせてください。
ちからがムクムクと沸くようなコメント、うれしかったです。
ありがとうございました。
by asian_hiro | 2009-10-19 09:04 | 日々のこと | Comments(12)
誕生日に
地に足をつなぐもの。
c0001023_14132464.jpg

朝、いちばんにヨガへ行き、
帰り道、渋谷のビックカメラでプリンタを買った。
家に戻ってパソコンにドライバをインストールし、
昨日、実家から持って来た写真をいくつか試しにスキャンした。
そのあいだに、かぼちゃとたまねぎでスープをつくり、
1時過ぎ、パンとあわせて昼ごはんに。
いま、時刻は2時17分。
こんなふうに、今年の今日は過ぎていく。

ながい、ながい一年だった。
もう二度と、こんな時間はないだろうし、
いくつもの暗くて終わりの見えないトンネルをくぐった気がする。
果たしてこの一年は、良かったのか悪かったのかと聞かれたら、
きっと、いろんなことをひっくるめて良かったのだろうと思う。
そう、こころから信じたい。

あたらしい一年のはじまりが雲ひとつない秋晴れで、
とおくにうっすら東京タワーの紅白が見えて、
部屋には好きな音楽が流れていて、
昨晩は、母と一緒にお寿司を食べて、
これ以上、なにを望むことがあるだろう。
それらのすべてが、きらきら光るくさりとなって、
地に足をつなぐのだ。
by asian_hiro | 2009-10-18 14:31 | 日々のこと | Comments(28)