アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
とびら
きおん50どのだいちでのるおんぼろれっしゃは
まどをあければねっぷうがふきこみ
まどをしめればねっきがみちる。
もういっそ、なにもかんじなければいい。
あつさも、すなも、まぶしさも。
c0001023_23454345.jpg

こわいとおもえばこわさがつのり、
へいきとおもえばかんじなくなる。
こわさをなくすことなどできないのだとしたら
もう、なにもかんじないよう
こころのとびらを、ぴったりとしめればいい。
by asian_hiro | 2009-03-31 00:30 | 日々のこと | Comments(0)
ameen's ovenの春の野のフルーツケーキ
ときには涙も、人生の隠し味。
c0001023_211028.jpg

メンチカツサンドブームが終わったと思ったら、
数日前から、ナポリタンブームが始まった。
どうやらソースだとかケチャップだとか、
子どもが好きそうな、昔ながらの調味料を
身体が欲しているらしい。
冷蔵庫を開けたらたまねぎとにんにくしかなかったけれど、
買い物へ出かけるのも面倒だったので
そのまま、貧相なナポリタンを作った。
隠し味にソースをたらすといいらしい、と聞き
早速、挑戦してみたところ、
どうやらソースの分量が多かったらしく
ちっとも隠し味じゃなくなってしまった。
隠し味は、ほんの少し影が見えるくらいでちょうどいい。
正体がわからなくても、
きりっと色を加えるくらいでちょうどいいのだ。

ameen's ovenの春の野のフルーツケーキ。
米飴の丸い甘みと、さわやかなドライフルーツが
若草色の春の景色を思わせる。
by asian_hiro | 2009-03-28 21:09 | パンSPECIAL!! | Comments(12)
ameen's ovenのクロカント・クロワッサン
悪夢の存在意義。
c0001023_21252795.jpg

飛行機は途中、乱気流のなかへ突入し、
ジェットコースターみたいな感覚を味わった。
機内では悲鳴も起こり、
前方の席では赤ちゃんが泣き出した。
ああ、こんなシーンをいつか夢で見たなあと思い出したのは
バリからの帰り道。
乱気流に巻き込まれ、
操縦不能になったことを告げるアナウンスの途中に
機長が「もうダメだ」というようなことを叫んだ途端
目が覚めたのだ。
実際、飛行機は乱気流に巻き込まれていた。

しあわせな夢ほど簡単に忘れてしまい、
恐ろしい夢だけがいつまでも心に残るのは、
それが、現実にならないように。
世の中、想像さえしなかったことが起こり、
想像したことは起こらないのだとしたら、
しあわせな夢ほど、跡形もなく消えてしまうほうがいい。

ameen's ovenのクロカント・クロワッサン。
たぶん、今シーズン出会う最後のクロワッサン。
by asian_hiro | 2009-03-27 06:42 | パンSPECIAL!! | Comments(4)
とざし、つぐむ。
c0001023_23413499.jpg

声にするほど頼りなく、
文字にするほど逃げていく。
こう書くいまも、
考えだけが先走る。
追いつけるのか。
追い越すことなく。


あしたは飛行機!
行ってきます。
by asian_hiro | 2009-03-24 23:50 | 日々のこと | Comments(4)
ameen's ovenの甘酒クグロフ
連休の終わりに。
c0001023_19494212.jpg

3連休は、お墓参りに1日、仕事で2日かけて、
あっという間に終わってしまった。
昨日は午前中から仕事をし、
2時頃に会社を抜け出て
青空を見ながらデパートの屋上でお弁当を食べた。
「こんなにきれいな晴天なのに、
どこにも出かけないなんてもったいない」
という気持ちはほとんどなく、
ただ、目の前でパンダや(たぶん)熊のおもちゃに乗って
大はしゃぎをする子どもたちと、
そのそばで付き添う大人たちを眺めていた。

なにかをやり忘れたという気持ちは、いつも心のなかにある。
実際、やり忘れた「なにか」とは大したことではなく、
結局、それをやらなくてもきちんと地球は回っているのだから
そもそも、重要なことではなかったのだけど、
それでも、「やり忘れた感」だけは心のなかに蓄積し、
なんだかわからないけれどモヤモヤするものとして
少しずつ、砂が降り積もるように溜っていく。

近頃、不思議なことに、納豆や玄米やハードなパンなど、
以前なら好んで食べていたものがまったく食べられなくなり、
その代わり、コンビニのメンチカツサンドが
食べたくて仕方なかった。
まあ、ジャンクなものもたまにはいい。
そう言いながら、今日はセブンイレブン、今日はファミマと
あちこちのコンビニでメンチカツサンドを買った。
私の週末は、メンチカツサンドとともに終わった。

今日も朝10時頃からオフィスにいた。
昨日とはうってかわって肌寒く、膝掛けをしてもまだ寒い。
ひとりなのにもったいないと思いながら、部屋の暖房をつけた。
11時、12時。時計の針は動いていく。
12時半に近くなったとき、ふと思い立って席を立ち、
オフィスに鍵をかけてヨガへ行った。
ヨガへ行こうと思って、今日、来たわけじゃない。
だけど、なにかが臨界まで達したと思った。
いま、ヨガへ行かないでどうする。

日曜昼間、しかも3連休最終日というのに、
ヨガのクラスは混んでいた。
灯りを落とした教室で、ゆっくりゆっくり身体を動かす。
ヨガの目的はポーズを完成することではなく、
自分と向き合う時間を持つことだ。
「ヨガとは体内を旅すること」と話した先生もいた。
つまりは、内観。
70分のヨガは、たっぷりと時間をかけて終わり、
更衣室で着替え、再びオフィスへ戻って仕事をした。
帰るとき、同じビルで働く他社のひととエレベーターで擦れ違い、
「お疲れ様です」と、どちらからともなく声が出た。

連休は、あっという間に終わった。
メンチカツサンドを1日1個、ときには2個食べ、
天気は、曇りのち晴、晴、曇りのち雨と毎日違った。
2日かけた仕事は、想定していた仕事が終わらず、
想定外に降って涌いた仕事が片付いた。
そして今日、通販のパンが届いた。
パン? メンチカツサンド以外のパンを食べられるのか。
少し不安だけど、箱を開けたとき、いつものようにわくわくしたので
たぶん、わたしはこのパンを大事に、大事に食べるだろう。

あっという間の連休は、自分と向き合う時間でもあった。
ヨガは、ポーズを完成することが目的なのではなく、
自分の身体の声に耳を澄まし、
ちょっとした変化に敏感になることが目的なのだ。
だとしたら、わたしのこの連休も、
終止、ヨガの連続だったような感じがする。
わたしが「やり残した」と思うこと、
これから向き合わなくてはならないこと、
取りあえず、次に手を付けなければならない仕事、
それから、なぜメンチカツサンドばかり
食べたくなったのかということ。

「なぜ、メンチカツサンドばかり食べたくなったのか」ということに
明確なこたえはなくても、私は明日も仕事をする。
「やり残したこと」を片付ける日が来るのかということに
はっきりイエスと言えなくても、私は明日もパンを食べる。
それが、相変わらずのメンチカツサンドになるのか
今日、届いたばかりのパンになるのかわからないが、
とりあえず今は、ヨガでほぐれた身体を
気持ちよく、ベッドのなかに沈めたい。

ameen's oven 甘酒クグロフ
by asian_hiro | 2009-03-22 20:27 | パンSPECIAL!! | Comments(12)
おやすみします
もういいかい。
c0001023_23542867.jpg

まあだだよ。

……ねえ、まだ?

まだまだ。

もういいかい。
もう少し。
c0001023_23541135.jpg

もう少し。

もう少し…って、
ああ、もうこっちを見ちゃったね。

少し、お休みします。
by asian_hiro | 2009-03-18 00:06 | 日々のこと | Comments(8)
酒種BREAD 打ち豆の平パン
花は揺れるか、心は迷うか。
c0001023_21224263.jpg

なにごとも、揺れなくなったらつまらないし、
ブランコだって、風鈴だって、
花びらだって、歌声だって、
揺れるからこそ風情があっておもしろい。
だけど、1秒ごとに違う結論をはじき出すこの心は、
揺れているのか、迷っているのか。
そもそも、「揺れ」と「迷い」のちがいはどこにあるのだ。

ameen's ovenの酒種BREAD 打ち豆の平パン。
お酒の香りがふんわり漂うこのパンを食べている間は
揺れも迷いも、すべて忘れる。
by asian_hiro | 2009-03-16 23:13 | パンSPECIAL!! | Comments(8)
音楽
いま、この瞬間も聴いている音楽。
c0001023_20545343.jpg

偶然、知ったその曲がなぜか耳から離れずに、
部屋にいるときは、いつでもその曲を聴いている。
ぱあんと突き抜けたように明るいリズムのその曲は
ともすると、夜なのに太陽が出ているみたいな
気持ち悪さを感じることもあるけれど、
呪文のように繰り返す単調な歌詞は、妙に耳に心地よく
このまま、異次元へ続く扉を
目をつぶって開けてしまいたくなる。
たとえ、その扉を開けたら最後、
こっちの世界へ戻ってこられないとしても。
by asian_hiro | 2009-03-15 21:05 | 日々のこと | Comments(0)
帰宅
お家へ、帰ろう。
c0001023_22412250.jpg

走って、走って、うたって、走って、
ときどき泣いて、うつむいて、
それでも立って、顔を上げ、
今日も走って、お家へ帰ろう。
by asian_hiro | 2009-03-13 22:55 | インド旅行記 | Comments(6)
牛乳びん
季節に色があるならば。
c0001023_0241348.jpg

春はみず色。
そして、黄色。
たぶん、10年経ってこの写真を見たとしても、
わたしは、これが春だと思い出す。
by asian_hiro | 2009-03-12 00:31 | | Comments(4)