アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2008年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
アリラン
また、いっしょに歌いたい。
c0001023_11534687.jpg

いま、何気なくつけていたテレビから
とても懐かしい音楽が流れている。
そのメロディに触れた瞬間、
どうしても、なにかを書かずにいられなくなった。
ああ、こまる!
だって、今日はアップする写真がなにもない。
仕方ないから、ちょっと前にマーケットで買ったキッシュで、
この場をごまかしてしまおう。

その音楽は、インドのリシケシュにいたとき、
インド人、韓国人、日本人の友だちと
夜、安宿の屋上で輪になって歌った曲だ。
さっき、知り合ったばかりの韓国人の女の子に
その場で旋律を教えてもらい、
わたしが胡弓で伴奏をし、みんなで声を合わせて歌ったのだ。
普段はそれぞれ違うことばをしゃべるのに、
いまは、ひとつの歌をうたっている。
真っ暗な夜空には乳白色の天の川。
ガンジス川の流れる音が背後の山にこだまする。
わたしは、この夜を過ごすためにインドへ来たのだと思った。


ニューヨークフィルが北朝鮮で開いたコンサートの演奏を聴きながら。
ひさしぶりに「アリラン」を耳にして、
こころがたしかに、いろいろなひととシンクロした。
by asian_hiro | 2008-02-27 12:12 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(14)
粉雪
できれば、声で伝えたい。
c0001023_9573060.jpg

粉雪のちらつく空を飛び越えて、
いつでも心のなかで揺れているこの想いが
きちんと、海の向こうまで伝わるといい。
by asian_hiro | 2008-02-24 10:10 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(14)
悔いも迷いも、すべてを背負えと。
c0001023_122516100.jpg

手放すことにためらわず、
進むことに戸惑わない。
もとから、手の中になかったと思えば、
どんな小さなかけらさえ、宝ものに見えるのだ。



少しだけ、おやすみします。
まだ寒い日が続きますが、お元気でお過ごしください。
by asian_hiro | 2008-02-19 13:13 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(12)
パクチー
冷蔵庫にないと落ち着かないもの。
たまご、牛乳、チーズとパクチー。
c0001023_505069.jpg

世界でいちばんかもしれないと思うほど、
ここ数ヶ月、わたしのパクチー消費量がすごい。
根に泥がついたままの新鮮なパクチーが
山盛りで数十セントと、とても安く売られているのがうれしくて
ここぞとばかりにインチキエスニックを作っている。
このごろのお気に入りは、オートミールの雑炊で、
顆粒のチキンスープ、ナンプラー、溶きたまご、パクチーと一緒に
オートミールを1、2分ほど煮るだけでできあがり。
使い残しを冷蔵庫に入れるときは
濡らしたティッシュを根元に巻き付けて、
枯らさないよう、しっかり配慮。
このパクチーに対する深い愛は、
全国パクチー協会から表彰されてもいいくらいだと思う。
わたしが家庭菜園を始めたら、きっとパクチーは欠かさない。
あとはレモングラスとか、ホーリーバジルとか、バイマックルーとか、
ココナッツとか、マンゴとか、ドリアンとか。
これでは家庭菜園じゃなくて、農園だな。

朝、ランドリーへ行こうとアパートの扉を開けると
雨上がりのぬるい風。
さっき、食べたばかりのパクチー雑炊のせいか、
こころが一瞬、タイへ飛んだ。
by asian_hiro | 2008-02-19 05:18 | ニューヨーク生活・グルメ | Comments(4)
スキップ
曇り空の日曜は、スキップでブロードウェイを歩きましょうか。
c0001023_10131562.jpg

目の前を、男の子とお母さんが手をつないで歩いていた。
やがて、手をつないだまま男の子がスキップをはじめると、
お母さんもいっしょになって、軽々と路上で跳ねた。
それがとてもすてきに見えて、
ああ、まだわたしもスキップなんてできるのかしらと
後ろで右、左と跳ねようとしたけれど、
どうしても恥ずかしさが勝ってしまうのか
微妙に不格好でうまくいかない。
今度、スキップをするときは
部屋のなかでしっかり練習してからにしようと思った。

すべてのタイミングが
ほんの数センチの加減でずれていたような、
アンラッキーな日曜日。
家に帰り、台所でスキップの練習をしながら
ベーグルを焼いた。
いつもより、ちょっとおいしくできたかなあ!
by asian_hiro | 2008-02-18 10:46 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(2)
呼び名
恋とは苦さをカバーして、まだ余りある甘いもの。
c0001023_8585114.jpg

「恋人のことを何て呼ぶ?」という話題になったときのこと。
その場にはいろいろな国のひとが集まっていて、
ハニーだとか、スイートハートだとか
歯が浮くような甘い言葉がいっぱい続き、
うわ、さすがだーって、思わず背中がむずむずしたけど、
ちょっとだけ、うらやましいなんて思ったり。
さて、日本ではいったいなんて呼ぶんでしょうね?
彼や彼女?
しばらく経つと、アンタとか?(…いや、これはかなしい)
そういえば数年前、わたしが1年半の旅から日本に帰って来ると
若いひとたちの間で「相方」という言葉が流行っていて、
とてもビックリしたのを思い出す。
ちなみに、わたしはその呼び方がきらいです。
なんでだろう、理由はうまく言えないけれど
もっといい日本語が、必ずあると思うんだけどな。

ユニオンスクエアのアップルサイダー。
冬の風物詩とされるこのジュース、
春が来てお別れするまで、あと何回飲めるかな。
by asian_hiro | 2008-02-17 09:55 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(10)
サワドゥのパン
さて、3連休です。
c0001023_2135363.jpg

ぼんやりしていると、貴重な連休がいたずらに過ぎてしまいそうなので
やるべきことがらを書き出してみた。
せっかくだからあれもこれも、と止まらなくなり
いつの間にか大変な量になってしまったけれど、
このうち、半分でもできればよしとしよう。
ものごとは、少し足りないくらいでちょうどいいのだ。

ユニオンスクエアのマーケットで買った、サワドゥのパン。
もう少し、甘みがあればいいのにと思いつつ、
これもまた、なにか足りないくらいでちょうどいいのだ。
by asian_hiro | 2008-02-16 21:13 | ニューヨーク生活・グルメ | Comments(4)
Valentine's Day
花を買う男のひとを見かけるたび、あ、なんかいいなって思う。
c0001023_1025648.jpg

花屋の前を通ると、男のひとたちの大行列ができていた。
若いひともいれば、お年寄りもいる。
身長が2mもありそうな強面のひともいれば、
高校生か、もしかしたら中学生かもしれないような男の子もいる。
バラの花を一輪、あるいは、豪華な蘭の花束を手に持って、
照れなのか緊張なのか、みんなすました顔で店を出るけど、
そんな表情の影にも、きっといろいろな想いがあるんだろうなあ!
こっちまで少しドキドキして、わたしもなにかスペシャルを、と
真っ赤なマンゴを2つ買った。

あしたはうれしい金曜日。
男のひとたちの大行列がなくなり、いつもの花屋に戻ったら、
大好きなガーベラを一輪買おう。
by asian_hiro | 2008-02-15 10:45 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(8)
everywhere
ここではないどこかへ行っても、これではない悩みがある。
c0001023_11582479.jpg

遠回りも、我が人生。
急ぎ足になったら、深呼吸をしよう。
by asian_hiro | 2008-02-14 12:51 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(2)
クラリネット
想いをかたちにすることはとても難しいけれど、
想いをかたちにしようとしているひとは、見た瞬間にわかる。
c0001023_10475828.jpg

クラリネットを吹いていたおじさん。
あ、アメージンググレースだと思った瞬間、
それは自由自在にメロディを歌い始め、
どんどん横道へずれていった。
聴き覚えのあるあの曲を期待したわたしは
ひとり、取り残されてしまったけれど、
こころが言葉を話せたら、
きっとわたしはブラボーと言った。
by asian_hiro | 2008-02-13 11:27 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(4)