アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
南国のおみやげ
もし、あした、晴れたなら。
c0001023_0135031.jpg

部屋にずっと飾ってあったジャムの小瓶。
温かみのある色がとてもきれいで、いつまでもこのまま眺めていたいと思ったけれど、もし、あしたが晴れたなら、思い切ってふたを開けてみようと思う。
このごろのワサワサした気持ちを吹っ切れるように。
あしたこそ、やさしい気持ちで過ごせるように。
by asian_hiro | 2007-01-30 00:28 | グルメ | Comments(6)
ル・プティ・メックのカンパーニュ
思い出を手繰るパン。
c0001023_9322231.jpg

友人が京都のお土産に買ってきてくれた、「ル・プティ・メック」のカンパーニュ。
(お土産というより、わたしが強要したとも言う…)
このお店に4人で出かけ、アメリの世界みたいな店内でボリュームいっぱいのバゲットサンドを食べ、それからひとつのカンパーニュをみんなでつまんだのは2年前の秋のこと。
焼きたてのそれはじんわりとみずみずしく、パンをちぎる手を誰も止めることができなかったのを思い出す。
たぶん、わたしたちが何度でも同じパンを食べるのは、その味が大好きなのはもちろん、そのなかにたくさんの記憶が映し出されるからなのだろう。
まるで、パンがひとつのスクリーンになったかのように。
by asian_hiro | 2007-01-29 09:09 | パンSPECIAL!! | Comments(4)
春になったら
夢に、理由などいるものか。
c0001023_18284829.jpg

ねっとりした空気のなかで、倒れるまで歩きたい。
切なさに潰されながら、オンボロの夜行バスに揺られたい。
道端の食堂で、皆に混じってごはんが食べたい。
そして、やっぱりあなたに会いたい。

春になったら、旅に出るのだ。
by asian_hiro | 2007-01-27 18:59 | 日々のこと | Comments(10)
ameen's ovenのクロワッサン
好きな曲は、エンドレスで聴く。
好きな本は、何度でも読む。
好きなパンは、ひたすら食べる。
好きなものには、いつでも会いたい。
もしかして、粘着質のストーカー?
c0001023_23375042.jpg

それでも、わたしは繰り返す。
心の糸をピンと弾かれるような感覚に会いたくて。
by asian_hiro | 2007-01-25 23:49 | パンSPECIAL!! | Comments(13)
アップルパイ
いつでも、そばにあればいいのに。
c0001023_2331731.jpg

先日、お友だちから「お年賀です」といただいたアップルパイと干しりんご。
わたしには、こんなにおいしいものは作れないから、せめて一枚の写真を撮って、このアップルパイが世界に存在したという事実を残そうと思う。
じんわりと味わい深く、天然の甘味が凝縮したアップルパイは、これを作ってくれたほのぼの夫婦そのままの印象。
しかし、いろいろな果物で酵母を起こしたり、パンにあうお惣菜をさっと用意したり、密かにワインにも造詣が深かったり、食べものに関わる仕事についているわけじゃないのに、そんな器用に振る舞えるなんて、「うらやましい」を通り越して、「ずるい」と思う!
by asian_hiro | 2007-01-25 00:00 | グルメ | Comments(8)
ameen's ovenのセーグルノア
すべては、パンから始まる話。
c0001023_222120.jpg

インドでは、牛にも追い越されるほど歩みののろいわたしなのに、このごろちょっとだけ気分が逸っていたと思う。
だから、まずは目の前のパンをゆっくり噛み締めるように食べてみる。
わたしの感じるあらゆる時間が、いつもの速度に戻るように、と。
ameen's ovenのセーグルノア。
噛み締めるのにふさわしいパンが、今、目の前によかったと思う深夜2時半。
by asian_hiro | 2007-01-24 02:37 | パンSPECIAL!! | Comments(2)
ameen's ovenのビオ ミッシュ
絶妙な、バランス感覚。
c0001023_9285883.jpg

「つよくならなくてもいいのですよ。つよいものは、いつかきっと、ポッキリと折れるから」。
むかし、知人からそんなふうに言われたことを思い出した。
つよさのなかに忍ばせる、柔軟なしなやかさ。
ameen's ovenのビオ ミッシュは、たぶんきっと、そんなパン。
by asian_hiro | 2007-01-22 23:50 | パンSPECIAL!! | Comments(4)
ameen's ovenのクロワッサン
たとえて言うなら、冬空にしんと輝く、レモン色の三日月のような。
c0001023_1261868.jpg

全員が顔を上げて見るわけではないけれど、それを見た人は確実に心がぽっと温かくなる。
ameen's ovenのクロワッサン。
このパンに会えることだけが寒さの苦手なわたしにとって、冬一番のしあわせ。

前回のこのパン:http://sdays.exblog.jp/3437390/
前々回のこのパン:http://sdays.exblog.jp/2896946/
by asian_hiro | 2007-01-21 21:14 | パンSPECIAL!! | Comments(6)
クリスピー・クリームのドーナツ
たかが、ドーナツ。されど、ドーナツ。
c0001023_23371510.jpg

日曜日に訪ねたときは、「そうだねえ、2時間は待つね」って警備員のおじさんは言ったけれど、さすがに平日の午前9時、行列はわずか10数人程度。
ものの5分もしないうちに店内へ入り、「サンプルをどうぞ!」と、できたてのドーナツが配られた。
まだほんのりと温かく、ピカピカに光ったドーナツにかじりつきたいのをじっと我慢、カウンターで深煎りのコーヒーを頼んでから、2階席へ。
まるで、なめらかなクリームのように口のなかで溶けていくドーナツを食べながら、ゆっくりと時間をかけて数枚の手紙を書いた。

新宿、サザンテラスにあるクリスピー・クリームのドーナツ。
ひねくれもので、流行物には決して飛びつかないわたしだけれど、この心地良い店内と軽い口当たりのドーナツは、ちょっとクセになりそうだ。
今日みたいによく晴れた平日の午前中、また暇を見て出かけようと思う。
by asian_hiro | 2007-01-19 23:54 | グルメ | Comments(16)
旅のベッド
100日もの夜、このベッドで眠った。
c0001023_181975.jpg

硬いマットレスに寝転がって、本を読んだ。
ベッドの下に、シャンプーや石けんや洋服をしまった。
夕方、いきなり窓からスコールが吹き込んできた。
朝、目を覚ましたら床の上にゴキブリがいた。
ぽつんと小さい涙をこぼしつつ、無理矢理目を閉じたときもあったような。

この瞬間も、どこかの国の旅人が、あのベッドで夢を見ているのだろう。
これから眠るわたしの記憶と、どこかでシンクロすればいい。
by asian_hiro | 2007-01-19 01:19 | 日々のこと | Comments(6)