アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
<   2005年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ニコラのスコーンとコンフィチュール
友達にいただいたオリジンーヌ・カカオのコンフィチュールを開けた。
c0001023_19461822.jpg

大切に大切に、少しずつ食べようと思いながら閉まっておいたコンフィチュールを開けたのは、昨日、ニコラでスコーンを買ったから。
甘味の少ない、素朴な味のほろほろとしたスコーンに、酸味の強いグリオットのコンフィチュールがよく似合う。
これをくれた友達も、選んでくれたグリオットも、早朝から焼いた職人さんも、その手から生まれたスコーンも、みんな私の大好きな味と人。
それがミックスするんだもの、心が動かないわけはない!
早く起きてゆっくり食べる幸せな朝ごはんは、一日を素敵に過ごす最高のビタミン剤だなあと思う。
by asian_hiro | 2005-10-31 20:22 | パン | Comments(6)
ニコラ食堂
c0001023_6455548.jpg

真っ赤な壁には緻密で繊細なパンの絵。
刺激的な色に囲まれた空間なのに、居心地がいいのはなぜだろう。

10日前にオープンした茨城のニコラ食堂
今日、パン友達と初めて訪ねた。
c0001023_6462518.jpg
とあるお祝いごとのために、まずはスパークリングワインで乾杯!
今日、お願いしたのは「前菜の盛り合わせ、本日のパスタ、飲み物」で1,200円のランチコース。
c0001023_647863.jpg
6人分のパンがオリーブオイル、有塩バター、無塩バターとともに運ばれてくる。
これだけの量を前菜とともに食べ尽くし、さらにお代わりをいただいてしまう強胃ぶりを発揮する私たち。
そしてパスタがやってきた。
c0001023_648663.jpg
シンプルなトマトソースながら、細めのパスタに絡む甘味と酸味のバランスが絶妙。
そして、今日のサプライズが登場した!
c0001023_647388.jpg
今日は、お祝いごとのあるお友達のためにあらかじめ職人にケーキをお願いしておいたのだ。
だけど、パン屋とレストランで寝る暇もないくらいお忙しい様子は聞いていたので、「コレくらいの予算でお願いします。あ、でもデニッシュにろうそく立てるだけでもいいんですから!」と連絡した。
まさか予算いっぱいのろうそくがこれでもかとデニッシュに立っていたら、と心配したけれど、実際用意されていたのはこんなに素敵なケーキだった! 
パン職人だよね? ケーキ職人じゃないよね? 
なのに、どうしてこんなに素晴らしい仕事ができるんだろう。
いつか、私のウエディングケーキもお願いいたします(笑)
c0001023_6473673.jpg
カットしたケーキも、こんなに美しく盛り付けられて再登場。
さらに、「デニッシュは(食べられる)?」と聞かれて「じゃ、少しだけ」と答えると、またもや意表をついた形で現れたのが「デニッシュ・ピンチョススタイル」。
c0001023_6481053.jpg
店に入り、席に着いてすぐに目に飛び込む赤い壁。
一瞬にして視線を奪うその色は、きっとこの店を作り上げた職人さんの心の色なんだと思った。
挑戦。追求。楽しさ。もてなし。チャレンジ。ゆとり。
普通ならちょっと刺激が強いような色だけど、居心地よく感じるのはそこに人の心が見えるからだ。
いつものとおり、職人さんに送られて家に帰る。
振り返って手を振る瞬間、懐かしい馴染みの家を去るような、少し寂しい、けれどどこかあったかい気持ちがした。
by asian_hiro | 2005-10-30 20:06 | パンSPECIAL!! | Comments(21)
ニコラ食堂とニコラのパン
ニコラ食堂でテイクアウトしたカスクルート。
c0001023_19223050.jpg

これはすごい。「うまい」じゃなくて「すごい」。
つんと効いたペッパーの刺激を弾力の強いバゲットがしっかりと受け止める。
そこにコクをプラスするミモレット。
「すごい」としか言葉がないのがもどかしい!
c0001023_19243064.jpg

ニコラの新作、「マガジーヌ」。
パン好きさんの間では恐らく定番のメニューでしょうが、ニコラではニューフェイス。
これが…これが、これが、本当においしかった!
お店へ行ったらちょうど焼き上がったばかりで、そのときのさくっとした軽い食感は、家へ持ち帰った後でもまったくの健在。
なにより感動したのは、薄い羽のような表皮の部分とチョコレートを包み込んだもっちりした中心部分のコントラスト!
焼き立てのジャストなタイミングでお店へお邪魔できたのは、パンに呼ばれた運命としか思えない。
幸せな日曜日をありがとう!
by asian_hiro | 2005-10-30 19:33 | パン | Comments(0)
また、会おう。
いきなりタタタと走り寄ってきたと思ったら、小さな花を差し出した。

名前も知らない、家も知らない。
でも、あの海辺の小さな村を訪ねたら、きっと会えるような気がするね。
今度こそ、ちゃんとお礼を言わなくっちゃ。
できればあなたがしゃべるタミルの言葉で。
c0001023_23273472.jpg

また、会おう。
南インド、マハーバリプラムにて。
by asian_hiro | 2005-10-29 00:05 | インド旅行記 | Comments(24)
e-streetのスコーン
真夜中のスコーンタワー。
c0001023_771672.jpg

「マフィン屋になってくれ」だの「スコーン屋を始めるってのは?」など散々けしかける私をかわいそうと思ってくれたのかもしれない。
昨日、友達からe-streetのスコーン3種をいただいた。
友よ、ありがとう(笑)

賞味期限は27日とのこと、本当は1日くらい伸ばしてもそれほど大差はないのかもしれないけれど、せっかく友達にもらったものだしと律儀に守って12時寸前に食べる私。
単に誘惑に勝てなかっただけとも言う。
上からパンプキン、シナモンアップル、さつまいも。
どれもみなしっとり(ってことは油分たっぷり)で、特にスパイシーな生地のなかに大粒のリンゴが練りこまれている「シナモンアップル」が気に入った。
先日のameen's ovenのスコーンとはまったくの対極。
なんとなく、ameen's ovenのスコーンは朝のさわやかな空気のなかで、e-streetは夜中にコーヒーを飲みながら食べたい気がするな。
どうもありがとう!
by asian_hiro | 2005-10-28 07:16 | グルメ | Comments(16)
パワー
パワーは毎日どこから生まれてくるんだろう。
c0001023_21254812.jpg

鳴り止まないクラクションと、
肌にべたつくぬるい風と、
鼻を刺すスパイスの香りと、
羊肉の血の臭みと、
チャパティの焼ける香ばしい匂いと、
夕暮れを知らせる遠くのアザーンと、
すれ違うたび互いの汗にひやりとする人ごみと、
みんなごっちゃに混ざる細い路地を迷子になるまで歩きたい。
そろそろパワーレスになる前に!
by asian_hiro | 2005-10-27 21:41 | インド旅行記 | Comments(9)
バナナを買いに
パンの話が続いたところで、久しぶりにインドの話を。
c0001023_712039.jpg

南インドではみんなよくバナナを食べる。
アシュラムに行ってもバナナ。電車に乗ってもバナナ。人の家へ遊びに行ってもバナナ。
そしてオヤツにはしょっぱいのと甘いのと2種類あるバナナチップス。
バナナづくしの毎日だ。
c0001023_745295.jpg

赤いもの、青いもの、黄色いもの。
さつまいもみたいにほくほくするもの、ねっとりと味の濃いもの、カスタードクリームみたいに溶けるもの。
数百もの言語があるインドには、同じ数だけのバナナもある。
by asian_hiro | 2005-10-27 07:10 | インド旅行記 | Comments(9)
ZOPFのいちじくケーキ
ただひとつ温存していた大好きなZOPFのケーキ。
c0001023_7131798.jpg

いちじくとナッツがたっぷり入っていて、見た目もなんとなく秋らしい。
いつもなら待ちきれずに買ってすぐ速攻で食べちゃうけれど、今回は味がしっとりなじんだ頃を見計らっていただいた。
あったかいカフェオレとともに今朝一番の朝ごはん。
インドで買ってきたシナモンとカルダモンとドライジンジャーを使ってチャイを淹れてもよかったなあ。
ちょうどこんなふうに!(まだまだできませんが…)
by asian_hiro | 2005-10-26 07:20 | パン | Comments(23)
パティスリーのアップルパイ
高校生だった頃、アップルパイばかり焼き続けた時期がある。
今、振り返ってみても何かにとりつかれていたとしか思えない。
夜の10時や11時から粉の計量を始め、こねて寝かし、その時間を使ってりんごに軽く火を通し、生地の上にたっぷりと敷き詰め、オーブンで焼き上げる。
完成する頃にはもう日付が変わっていたりするんだけど、ザクザクと音を立ててカットした熱々のパイを1カットだけ味見するのが好きだった。
今でもシナモンの匂いを嗅ぐと、真夜中のしんとした台所を思い出す。
c0001023_6522450.jpg

たまたま通りがかったパティスリーで買ってみたアップルパイ。
中のりんごはもう少し大きくて、もとの形が残っているくらい半生の方が好きだけど、でもパイ生地にたっぷり練りこまれているバターの風味が懐かしかった。
今年の秋はアップルパイでも焼いてみようかなあ。
ただし、オーブンが壊れているのでトースターで。焦げそうだな…。
by asian_hiro | 2005-10-25 07:11 | グルメ | Comments(7)
ZOPFのパン
今年の夏、私がインドへ行く前に新登場したZOPFのパン。
ずっとずっと気になっていたけれど、ようやく出会うことができた。
c0001023_7155149.jpg

「ベーマーバルトブロート」。
ナイフをいれた瞬間、思わずパンに刃をひっぱられるほどの粘着具合。
ライ麦独特の酸味も食感も見た目も文句なし、あるわけない! 
これは私にとって「ヨーグルトライ」に匹敵するお気に入りにランクイン。
殿堂入り決定。
c0001023_718489.jpg

コーンミールがたっぷりついた「ブロア」。
ライ麦の風味は思ったより少ないけれど、その代わりコーンの甘さが十分に存在を主張。
c0001023_719626.jpg

以前も食べたお茶マーブル。お茶の苦味もしっかりする大人の味。
なによりもこの食パンの耳が好き。
友達と1コを半分にしたんだけど、「耳をくれ~」という無言の圧力で奪っちゃってゴメンね(笑)

幻?のレインボー食パン:http://sdays.exblog.jp/1722207/
夏のずんだ食パン:http://sdays.exblog.jp/2196173/

このお店のパンには、どれにもきちんと表情がある。
上を向いて、明るくて、前向きで。
それはきっとこのパンを作ったり売ったりする職人さんの顔なんだろう。
だから私はZOPFのパンを食べる朝が大好きだ。
それだけで一日がんばるエネルギーをもらえるような気がするなあ。
by asian_hiro | 2005-10-24 07:51 | パンSPECIAL!! | Comments(10)