アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
カテゴリ:グルメ( 201 )
夏日
あさがお、ほしぞら、かきごおり。
c0001023_1831379.jpg

気がつけば、8月ももう後半。
そりゃあ、せみだって本気でなくし、
星だっておもいっきり瞬くし、
朝顔だって、ビロードみたいな花びらをめいっぱい広げるよね。

そして、わたしはかき氷を食べる。
果肉たっぷりのいちごと、苦味がきいている抹茶。
三宿、「かんな」にて。
by asian_hiro | 2013-08-16 19:12 | グルメ | Comments(4)
カフェラテ
こころは、失くさない。
c0001023_1731563.jpg

ヨガが必要だと思うときには、
必ず、そとに散らかっている想いがあり、
練習を終えるころには、
きちんと、あるべき位置におさまっている。

猿田彦珈琲のカフェラテ。
これ以上でもこれ以下でもない、
あるべき位置の、最適な温度。
by asian_hiro | 2013-04-06 17:42 | グルメ | Comments(6)
鹿乃子のあんみつ
あんみつと、まんげつ。
c0001023_2355329.jpg

もう少しで、満ちる月。
オレンジ色に光る東京タワー。
深く、深く、息を吸って
からだの内部に意識を向ける。
結果を信じるんじゃないよ、
いま、まさに、この瞬間の気持ちを信じるんだよ。
このごろ、こんなことばかり考えている。

取材後に、お友達の編集者さんといただいた鹿乃子のあんみつ。
あすは、今年最後の満月。
by asian_hiro | 2012-12-27 23:10 | グルメ | Comments(0)
マーロウのパウンドケーキ
たとえ、煙突から下りてくるサンタの姿が見えなくても。
c0001023_9422946.jpg

「どうか、本当のことを教えてください。
サンタクロースはいるのですか」
そんな質問を投げかけた8歳のバージニアに、
新聞「ザ・サン」の記者は丁寧にこたえている。
「実はね、バージニア、サンタクロースはちゃんといるんだ。
愛とか思いやりとかいたわりとかが、この世にちゃんとあるように
サンタクロースもちゃんといる。
愛もサンタクロースも、ぼくらに輝きをあたえてくれるんだよ」

目に見えることだけがすべてではなく、
耳に聴こえることばだけが真実ではない。
最近、つくづくそう思っている。
「誰か」や「なにか」を信じようとすれば、
時にそれはとても大きな壁になる。
小さなことでフラフラするし、頼りなく足場が揺れることだってある。
だけど、少なくとも、
それらを信じようとする「自分自身」を信じることができれば
たいていのことは、乗り越えられそうな気がしている。
まずは、ここからはじめよう。

マーロウのパウンドケーキ。
クリスマスの朝、淹れたてのコーヒーとともに。

http://www.newseum.org/yesvirginia/
by asian_hiro | 2012-12-25 09:57 | グルメ | Comments(2)
CAFE SHOZOのマドレーヌ
焦らずとも、教えてくれる。
c0001023_20445910.jpg

ひさしぶりに出かけた町は
いつも通り、若い女の子たちでいっぱいで
きらきらオーラが漂っていたけれど、
ヨガマットをななめ掛けしたわたしがずっと考えていたのは
買ったばかりの、フライパンのことだった。

はじめてのフライパンで
なにを作ろうか、あれこれ考えていたけれど、
結局、作ったのはなすの味噌炒め。
ニューヨークにいたときもよく作っていて、
思い通りの仕上がりにならないと
母にメールで作り方を聞いたりした。

この間、友だちと
ニューヨークのことをなつかしく話していたからだろうか、
そろそろあの町に帰ってもいいかな、と思っている。
あの、イーストリバーの近くの家を通りから眺めたい。
可能なら、あの部屋のなかに入って
窓を開け、非常階段からマンハッタンの夜景を眺めたい。

なにごとにおいても、
「そろそろ」という感覚はわたしにとって大切なもので、
先日、富士山に登ると決めたのも
「そろそろいいかな」と思ったからだし、
今度、インドへ行くのも「そろそろだな」と思っている。
焦ってことを急ぐときは、たいていうまくいかなくて、
「そろそろ」という感覚が
ときにひょっこり、
ときに満を持して登場したときは
たいていのことがうまくいく。

写真は、CAFE SHOZOのマドレーヌ。
わたしにとって、悲喜交々のこのカフェへ
ふたたび出かけることができたのも
「そろそろ」という感覚が、ぽんっと現れたからだった。
by asian_hiro | 2012-09-08 20:52 | グルメ | Comments(4)
kibiyaのスコーン
来客待ちて、いそいそと。
c0001023_1859341.jpg

夜にともだちがやって来るというので、
うめ麦茶をたっぷり煮出して冷蔵庫で冷やし、
先日、おみやげでもらったハーブティーも開封した。
それから今日、しごと帰りに神楽坂で買ったPAULのケーキと
梨と桃。
いそいそと、だれかを迎える準備をするのが大好きだ。

先日、鎌倉で買ったkibiyaのスコーン。
いつもこれを食べるたび、
作り手の、てのひらの大きさを想像する。
by asian_hiro | 2012-09-06 19:04 | グルメ | Comments(2)
HIGU BAGEL & CAFE
新しいカフェの、はじめの一歩。
c0001023_20162088.jpg

これが、10年来の友だちが開いたカフェではなく、
ただの、通りすがりの一軒に過ぎないとしても、
恐らく、わたしは「あ、なんとなくイイな」と思うだろう。
c0001023_20171394.jpg

手の温もりが伝わるような、ベーグルサンドと
プルプルの食感が楽しいキッシュ。
ひだまりの特等席で
友だちのランチをちょっとお借りして、写真撮影。
オープニングパーティの当日、わたしはお手伝い組だったので
厨房のなかで、立ったままあれやこれやつまみ食い。
だけど、そんな行儀悪さも許されてしまいそうな、
おおらかで穏やかな雰囲気が、このカフェにはある。
c0001023_20211363.jpg

忙しい店主の袖をひっぱるように、ラテアートをお願いした。
ささっと竹串で描いてくれたのは、
店の人気キャラクター「ヒグベー」ちゃん。
これからますます愛されキャラになるんだろうね、この土地で。
堀口珈琲の豆を使ったラテは、口当たりがまろやかで
すーっとのどに溶けていく感じがした。
c0001023_20233223.jpg

デザートのアフォガードもしっかりいただく、
とことんずうずうしいお手伝い。
これ、ホントにおいしい!
ベーグルサンドをたらふく食べたあとでも
すっきり胃袋におさまっていく、危険なスイーツ。
c0001023_20244818.jpg

夢を口にすることは、ほんとうに勇気がいる。
そして、口にしたことを現実にするには大変な努力がいる。
カフェを開きたいって初めて聴いたのは、いつだったかな。
とうとう、その夢が叶っておめでとう。
これからも、地元のひとたちに長く愛されるカフェでありますように。

HIGU BAGEL & CAFE
by asian_hiro | 2012-03-05 20:32 | グルメ | Comments(6)
リベルタン
まだ、だいじょうぶ。
c0001023_043467.jpg

リベルタンで夜ごはん。
肉と野菜、そして、パン。
楽しいおしゃべりに、おいしいワイン。
まだ、がんばれるわ、こんな夜があるなら。
by asian_hiro | 2012-02-10 00:15 | グルメ | Comments(0)
ひなた焼菓子店のスコーン
ふたたび、ここから。
c0001023_16273671.jpg

インドから帰ってきて、すぐに実家へ行き、
1ヶ月半、そのままそこに泊まっていた。
実家を出てからというもの、立ち寄ることはあっても
そこで寝泊まりするということはなかったので
とても久しぶりに、自分の部屋のベッドで寝て、
窓の大きな部屋で、ごはんを食べた。
たしかに、そこで10年以上も暮らしていたから
久々とはいえ、一瞬でその場に馴染んでしまったのだけど、
今日、5ヶ月ぶりにいつもの家へ帰ってきたら
やっぱり、ここがわたしの居場所なのだと実感した。

窓から見える東京タワー、小さく見えるスカイツリー、
東京の青空、家並み、銭湯の煙突。
以前と、なにも変わらない。
8月の日付が書かれたレシートが部屋に落ちていたりすると
一瞬、いまが何月なのかわからなくなるけれど、
いつもの部屋、いつもの景色、いつものパソコン、いつものにおい。
すべてに「ただいま」と挨拶することが
どんなにたわいのないことだとしても、
今、ふっと笑顔になるほど、とても、たのしい。

先日、渋谷西武で買ったひなた焼菓子店のスコーン。
ざくざくとした食感が、いつまでも口に残った。
by asian_hiro | 2012-02-01 20:12 | グルメ | Comments(0)
成田ゆめ牧場のスコーン
いつでも、ヨガから始まる暮らし。
c0001023_1313596.jpg

やさしいうたを聴きつつ眠り、
まだ、日が昇らないうちに目を覚ます。
空が少しずつ明るくなる様子を見ながら
深くて静かな呼吸とともに太陽礼拝を繰り返し、
それから、百花蜜をたっぷり入れた
ハニージンジャーレモンを飲む。
これが、最近の日課。
朝が気持ちよく、穏やかならば、その日まるごと良い一日になる。

初詣の帰りに買った、成田ゆめ牧場のメープルスコーン。
羽より軽い粉雪のように、ほろほろと静かに溶ける。
by asian_hiro | 2012-01-10 13:27 | グルメ | Comments(2)