アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
カテゴリ:ニューヨーク生活・散歩( 43 )
ロシアのパン
パンからはじまる連想ゲーム。
c0001023_01558.jpg

寒い国では黒いパン。
暑い国では白いパン。
なんとなく、そんな図式がわたしのなかで出来上がっている。

写真のパンは、ロシアのパン。
ニューヨークのロシア人街に出かけたとき、
グロッサリーのすみでひっそりと売られていたものだ。
店のそとは、たしかに真夏のニューヨークだったけれど、
黒いパンが置かれたその部分だけは、違う景色を想像させる。
夏でもひんやりした空気の流れる異国の街とか。
熱いスープにパンを浸し、黙々と食べるひとたちの様子とか。
by asian_hiro | 2008-09-13 00:10 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(12)
おしまいに
アジアの朝市を訪ねる気分で、
c0001023_1430445.jpg

ユニオンスクエアのマーケットに行くの、
大好きだったなあ。
c0001023_14311314.jpg

色とりどりの野菜やくだもの、
c0001023_14315264.jpg

飽きることなく、写真に撮った。
c0001023_14321988.jpg

一年間、この街で暮らしたなかで、
c0001023_1433265.jpg

いちばんたくさん出かけた場所。
c0001023_14334472.jpg

大好きだけど、もうおしまい。
c0001023_14494140.jpg

さよなら、ニューヨーク。

次の更新は、日本から。
あした、飛行機に乗ります。
by asian_hiro | 2008-08-28 14:51 | ニューヨーク生活・散歩
観覧車
晴れた日は、観覧車に乗りたい。
c0001023_9481975.jpg

遊園地の乗り物のなかで、
いちばん、動きがゆっくりで
いちばん、平凡かもしれないけれど、
晴れた日に遊園地へ行ったら
真っ先に、観覧車に乗りたい。

コニーアイランドにて。
by asian_hiro | 2008-08-25 09:45 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(2)
青空市にて・その2
「ねえねえ、お嬢ちゃんたち、なにやってるのー?」
c0001023_10282873.jpg

「ねえねえ、なにを一生懸命選んでるのー?」
「そっちのほうがかわいいよー」
「えー、こっちのほうが大きいよー」
c0001023_10582887.jpg

「ん? キャラクターの人形かな?」
c0001023_1030125.jpg

でも、わたしはお嬢ちゃんの
輪ゴムをはめたような手首のほうがかわいいと思う…。
by asian_hiro | 2008-08-13 11:10 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(2)
青空市にて・その1
「この犬、とってもおとなしいのよ」
「ホントに?」
c0001023_10192565.jpg

「ほーら、こんなことしても怒らないのよ」
「あ、ホントだ」
c0001023_10303417.jpg

「じゃあ、目つぶしだー」
c0001023_10211988.jpg

(犬)「……」
by asian_hiro | 2008-08-11 10:24 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(8)
青空市
カメラを肩にかけ、帽子をかぶり、いざ出発!
c0001023_824510.jpg

今日は日曜日。
フリーマーケットの開催日。
c0001023_8253637.jpg

カラフルなキッチン用具とか、
c0001023_825010.jpg

どうやって持って帰るのっていう家具とか、
c0001023_8293432.jpg

いろいろな柄の古い布とか、
c0001023_8221012.jpg

ハンドメイドのアクセサリー、きれいだなあ。
c0001023_8234331.jpg

やっぱり夏はワンピースがいちばん、と洋服屋さんをまわったら、
c0001023_841066.jpg

パンとお菓子で栄養補給。
c0001023_8273273.jpg

「こんな暑い日に青空市なんて、まったくオトナも物好きよねー」
c0001023_8224342.jpg

「まあ、楽しいからいいんじゃないの!」
c0001023_826672.jpg

ねじ巻きや電気式の目覚まし時計も、
c0001023_8282630.jpg

アンティークのカメラも、
c0001023_8231461.jpg

ニョロニョロみたいな合唱団も、
c0001023_8204582.jpg

どれもみんないい顔で、思わず手が伸びてしまう。
c0001023_8213559.jpg

ブルックリンのフリーマーケット。
またひとつ、お気に入りの遊び場を見つけた気分で会場を後にした。
ここは、わたしの「ニューヨーク・とっておきベスト3」に決定!

http://www.brooklynflea.com
by asian_hiro | 2008-06-02 08:58 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(10)
パン屋の窓
いつの間にか、すこし欲張りになっていた。
c0001023_97725.jpg

窓を通して香りは流れてこないけれど、
それを想像する楽しみはある。
手を伸ばしてパンをつかむことはできないけれど、
きれいに整列したパンの写真は
ここからじゃなければ撮れない。
なんだ、窓の外にいるのもいいものだ。
あせらず、あわてず、
一歩さがって、向こうを見通すゆとりを持とう。

なんだか無性に気になるのですが…
by asian_hiro | 2008-04-24 09:32 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(6)
トライベッカ
わたしにとっての快適。
c0001023_927638.jpg

トライベッカに居心地の良いカフェがあると聞き、
先日の休みにのぞいてみると、
そこは、思いのほかこぢんまりとしていて、
店のすみにテーブル席がいくつか並ぶだけの、
とても小さな空間だった。
窓際のイスに座ったら、
カウンターのなかでコーヒーをいれるマスターと
しっかり目があいそうだったので、
申し訳ないけど、のぞいただけでドアを閉めた。
わたしにとって居心地の良いカフェとは、
適度な広さがあって、
うるさくないくらいのボリュームで音楽が流れていて、
その音楽の一部みたいにひとのしゃべり声が聞こえていて、
天井が高く、窓から光が差し込むところ。
わたしは、知らないひとのなかでひっそりと埋もれるために
カフェへ行くのだと思った。

ひとの波に埋もれながらコーヒーを飲んだあと、
誰もいない道を歩く、このコントラストもいい。
by asian_hiro | 2008-04-17 09:38 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(6)
テレパシー
あなたに送りたい、青空。
c0001023_935575.jpg

マメナシの花の白。
雲ひとつない空の青。
首をぐっと傾けて、涙がにじむまでじっと見る。
まぶたを閉じたら
目に焼き付けたこの光景が、
まるごとあなたに伝わればいいのになあ!
どこか、異次元の世界を通って。
by asian_hiro | 2008-04-16 09:46 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(6)
桃色の花
目の前の存在を、何度でも確かめたい。
c0001023_6267100.jpg

市場で見かけた、桃色の花。
アーモンドの花は、桜に似ていると聞いていたから
これは、もしかしたらアーモンドかもしれないけれど、
花びらが5枚、色は桃色、時期は4月、
これだけの事実がそろえば、
あなたの見た、日本の桜とだぶらせるのに十分。
by asian_hiro | 2008-04-13 06:46 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(4)