アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
デュヌラルテのヴィーニュ
忘れたという事実さえ、忘れることができるなら。
c0001023_2138209.jpg

記憶から大切な思い出が消えるのと、
現実の世界からそれが本当に無くなるのと、
いったい、どちらが先に起こればよかったのだろう。
「忘れる」ということに逃げ込みたくはないけれど、
それがもうこの世にないという事実は、
目に見えない小骨のように、ときどき喉に突き刺さる。

デュヌラルテのヴィーニュ。
ぎっしりつまった山ぶどうの酸味が、切ない気持ちを隅に追いやり、
心地よい朝の時間を連れてきた。
by asian_hiro | 2008-10-22 23:37 | パン | Comments(6)
Commented by bebe at 2008-10-23 08:44 x
hiroさん、おはようございます。忘れたいこと、たくさんたくさんある、気がします。じぶんのなかにも、よのなかの無秩序や、欺瞞や、狂気のなかにも忘れてしまいたい、目を覆いたくなるような、むざんなことがたくさん。けれども、忘れられる、ということはものすごく空虚な、かなしいことのような気もして。
ローランサン(綺麗な女のひとの絵を描くおばあちゃまでしたね)さんは、「うちのめされたおんなよりも、捨てられたおんなよりも、いちばんかなしいのは、忘れられたおんな」と書いていて、衝撃的でした、わたしには。
忘れてしまって、さっぱりと、すがすがしく、いちから歩き直したいことはたくさんあるけれども、それでも、忘れられなくて、かさぶたのまま、歩くんだろな。。
でも、hiroさん、わたし、こじんてきには、かさぶたがたくさんあるひとは嫌いじゃないんです、>< ふしぎですね。
じぶんのかさぶたは剥がしてしまいたいのに。
かさぶたがたくさんあるひとは魅力的で、いとおしくて、わたしは、背中から抱きしめたくなってしまいます。
Commented by EMI at 2008-10-23 20:36 x
今晩はです。。。
「忘れたという事実さえ、忘れることができるなら」
私は・・・「忘れたいという事実さえ、忘れる事ができるなら」です(汗)
hiroさんの、忘れたって聞こえは・・・なんか許せるヤンチャな感じがして。。やっちゃったって、舌ペロッって出したりして(笑)
言葉の取り方が違っていたらゴメンなさい。勝手な想像です。

今日ね、頭の中の考えで面白い事があって。
とある人の写真展に出かけたの。行きの電車の中で、会ったらどうしよう、何話そうってワクワクとしていたの。
その時に気づいたんだ。。あぁ、この人は「想像を与える」仕事をしているんだって。。そう思い出したら、言葉が頭の中に溢れてきて。。
あぁ。だからか、この人の写真展に足を運んでいるのはって。。
想像も空想も出来ないなら、きっと足を運んで無かっただろうなって。。

今日は本当に素敵な一日になりました
Commented by asian_hiro at 2008-10-26 09:58
>bebeさん
こころのかさぶたがどれくらいあるものか、
わたし自身にはよく見えませんが、
それでもふとしたときに蘇るかさぶたはありますね。
なにかの景色を見たときとか、どこかの地名を耳にしたときとか。
背中から抱きしめたくなるという気持ち、
なんだかわかる気がします。
いつまでもケガをしたままではなく、
治ろう、治そうとしている様子が見えるからでしょうか。
なんとなく、そんな人生はいとしくて素敵だなあと思いました。
Commented by asian_hiro at 2008-10-26 10:03
>EMIさん
「忘れたという事実」と書いたのは、
それを恋しく思っていたときのことも
きれいに忘れることができたなら、という意味でした。
「忘れた」ということは、
定規でいえばたった1目盛りのことではなく、
ある長さを伴うことなんですよね。
…と、日曜朝からなんとなくそんなことを思いました。
さてさて、写真展。いいですね!
わたしは今日(も?)、パン屋さんへ行ってきます。
どんなパンが並んでいるか、想像と空想で胸を膨らませて。
Commented by hi-vison_1103 at 2008-10-28 22:54
毎日、倒れるくらいに学生してまっさ〜(^ー^)b
高三の2月と一緒くらいに。
この「デュヌラルテ」最初、初めて、仏語をみたとき、この日本語になるのかとけっこう驚きました。
英語でのrareってことなんですねー(^ー^)
いいとこに、目、つけはりますなぁ♪お見事なパン屋さんなり!byふつべ〜
Commented by asian_hiro at 2008-10-29 22:48
>hi-vison_1103さん
いいな、倒れるくらいの学生生活。
わたしも時々セミナーに行くことがありますが、
とても新鮮な気持ちで机に向かっています。
このフレッシュな気持ち、学生時代のわたしに分けて
あげたいくらいです(笑)
デュヌラルテ、たぐいまれな、という意味ですよね。
このパン屋さんのおかげで、
わたしのフランス語のボキャブラリーが増えました。
<< 市場 あんずとプルーンのパン >>