アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
あんずとプルーンのパン
ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、最後。
c0001023_21243545.jpg

先日、ニューヨークから送った船便が届いた。
30キロまで詰め放題の段ボールが2箱、つまり合計60キロ。
ああ、このガムテープは駅前の99セントショップで買ったものだ、
この段ボールはタイムズスクエアの近くで買ったものだ、
これをわきの下に抱え、地下鉄のNラインで家へ帰ってきたのだ、
荷物を送ったのはアメリカを出る前日だった、
夕方、運送会社のおじさんが荷物を取りに来て、
これじゃあ口が開いちゃうからって、
自分のガムテープで補強してくれたのだ、
おじさんは軽快な大阪弁で、おしゃべりなひとだった、
荷物を送り出したあとの部屋は妙にがらんとしていて、
それがあまりにさみしくて、夕方、ヨガスタジオへ出かけたのだ、
駅へ向かいがてら、川沿いの遊歩道を歩いていたら
対岸にそびえたつ摩天楼の上に夕日が見えて、
ああ、これがほんとうに、ほんとうに、ほんとうに最後の太陽なのだ、
あしたは夜明け前にこの町を去るのだと、
そんなことを考えながら、朱色に染まるビルの連なりをじっと見た。

荷物のなかには、洋服の詰まった圧縮袋が5、6個あって、
そのファスナーを開けるたび、なつかしいにおいがした。
最後の1袋を開けるとき、
ああ、これがほんとうに、ほんとうに、ほんとうに最後なのだ、
これを開けたら、ほんとうにニューヨークが終わるのだ、
もう、家に届くものはなにもなく、
わたしとニューヨークをつなぐものは消えるのだ、
そんなことを考えながら、圧縮袋をぐいっと開けた。
その瞬間、空気が溶け出してしまうのがもったいなくて、
袋のなかに顔をぐっと押し込んだ。
肺いっぱい吸い込んだ生ぬるい空気、
それは、まぎれもなくニューヨークで1年過ごした
あの部屋のにおいだった。

いまもまだ、目の前には2箱の段ボールが並んでいる。
それを見ながら、今朝、小諸で買って来たパンを食べた。
おーがにっく屋のあんずとプルーンのパン。
ニューヨークではなぜかあまりパンを買わず、
たいてい自作のしょぼいベーグルばかり食べていたから、
こんなにジューシーなあんずやプルーンがたくさん入ったパンは
ほとんど出会わなかったけれど、
それでもわたしは、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに
ニューヨークが好きだったみたいだ。
by asian_hiro | 2008-10-21 22:13 | パン | Comments(16)
Commented by じゃり at 2008-10-21 23:33 x
じゃりは今東京にいます。でも、やりたいことが見つからずフラフラしっぱなし・・・・
また美味しいもの一緒に食べたいな。

このパンも美味しそう。ジューシーさと酸っぱさが伝わってくるね。
今毎日お昼はベーグル食べてるよ。hiroベー食べたい!!
Commented at 2008-10-22 00:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by P at 2008-10-22 00:16 x
胸が痛むほどに、伝わりました。
hiroさんの愛する場所への、気持ち。

時折思うけれど、どうして本当に大切なものへの張り裂けそうな想いは、せき止めようとしてしまうんだろう?

遅ればせながら、はじめまして。
Commented by tabijitaku at 2008-10-22 08:01
読点と句読点という言葉に言い換えると、考え方も感じ方もまるで違ったものになりはしないでしょうか?
Commented by mamakarin at 2008-10-22 08:31
遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
↓↓の記事を読みながら、昔誕生日をダブリンで迎えて
夜一人でテンプルバーのカフェに入ったことを思い出しました。
ワインで乾杯 ではなくアップルタルトと珈琲を頼みましたが
カフェの雰囲気がhiroさんの喫茶室の写真と似ていて
その時の思い出がそっくり浮かんできました。
今日の文章もそうですが、hiroさんのことなのにいつの間にか
自分の思いと重なって不思議な気持ちがします。
NYも素敵なところなのですね。
Commented by a-monly at 2008-10-22 14:22
愛おしくて、しかたのない気持ち、、袋にあるNYの空気を吸い込む・・・
何となく分かる気がします。
年末年始、NYへ行く予定です。hiroさんのブログを読んでいると、また違った見方を出来そうな気がします。

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます☆
素敵な1年でありますように・・・

 
Commented by asian_hiro at 2008-10-22 23:13
>じゃりさん
hiroべーは、山あり谷ありというか、
おいしいときはホントにおいしいのだけど、
失敗すると目も当てられないほど無惨な結果になります。
そんなんでよかったら、どうぞ(笑)
また、おいしいもの食べに行こうね!
Commented by asian_hiro at 2008-10-22 23:15
>鍵コメントさん
リンクのこと、どうもありがとうございます。
ブログにオジャマさせていただきました。
とても素晴らしいパンを焼かれていてビックリ!
わたしのしょぼいベーグルとは天と地の差がありますね。
もっと精進せねば、と決意を新たにしました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by asian_hiro at 2008-10-22 23:16
>Pさん
本当にそうですね、どうしてせき止めようとしてしまうので
しょうね。
それ以上好きになったら、その好きという気持ちを
自分で支えきれなくなるからでしょうか。
その防御本能なのでしょうか。
コメント、どうもありがとうございました。
Commented by asian_hiro at 2008-10-22 23:18
>tabijitakuさん
それは、文章中の読点を句点に変えるということですか?
あたまのなかが、そのまま文字になってしまったように、
これは、少し切羽詰まった感のある文章でした。
句点に変えたら、もう少し息をしっかり吸いながら
読むことができるかもしれません。
Commented by asian_hiro at 2008-10-22 23:20
>mamakarinさん
わたしが海外で誕生日を迎えたことがあるのは、
2003年のイランと、2004年のタイだけです。
ダブリンでお誕生日なんて素敵ですね!
しかも、ひとりでテンプルバーなんて。
イランでチキンにかじりついていたわたしとは
大違いです(笑)
Commented by asian_hiro at 2008-10-22 23:22
>a-monlyさん
年末年始にニューヨーク、いいですね。
とても寒いと思うので、暖かくしてお出かけください。
去年、わたしは部屋から花火を見ていました。
元旦は何をしていたのかなあ、あとで日記を見返してみようと
思います。
どうぞ素敵な旅を…って、まだ2ヶ月以上ありますね(笑)
Commented at 2008-10-23 01:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asami at 2008-10-23 04:19 x
はじめまして。
数ヶ月前に、何がきっかけだったか、もう分からなくなってしまいましたhiroさんのこのブログを読ませて頂いて以来、いつも読ませて頂いています。

私は今、ドイツに居て、あと4ヶ月で日本に帰ります。今日のhiroさんのログを読みながら、「ああ、私も帰るときにはこんな気持ちになるんだろう。」と、凄く切なくなりました。日本ももちろん大好きで、帰れるのはとっても嬉しいのですが、1年近く暮らしたこの町の空気を、もうしばらくは感じることができなくなるのだと思うと、何だか今から切ない気持ちになります。残されたもうすこしの時間を、しっかり満喫しなくては。そんな気持ちになりました。

コメントするのは今日が初めてですが、いつも読ませて頂いております。更新されるのをいつもとっても楽しみにしています。

これから日本もどんどん寒くなってゆくと思います。体には十分お気をつけ下さい。
それではまた(*^_^*)
Commented by asian_hiro at 2008-10-26 09:53
>鍵コメントさん
世の中は、ほんとうに狭いですね。
わたしも彼女とは久しくお会いしていませんが、
いまでも良きお友達です。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします!
Commented by asian_hiro at 2008-10-26 09:55
>asamiさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
あと4ヶ月で帰国といういまのお気持ち、
なんとなくわたしにもわかります。
ただわたしの場合、帰国すると決めたのは2ヶ月ほど前の
ことなので、asamiさんの方が帰国への準備期間は
わたしより長いですね。
「いま」を満喫して、無事、日本へ着地することが
できますように!
これからもどうぞよろしくお願いします。
<< デュヌラルテのヴィーニュ 未来 >>