アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
理想の家
自分の住まいが団地やマンションみたいな集合住宅だったとして、
その1階に何があったら嬉しいですか?
c0001023_21394226.jpg

わたしなら、1階にチャイ屋があったらとても嬉しい。

夜明け前から無愛想なおじさんが黙々とチャイをいれ、
店の前にはおんぼろの木のベンチと
小さな机がひとつずつ置かれている。
傾いた机の上には、昔、駄菓子屋に並んでいたような
プラスチックの四角いケースがあり、
なかには湿気たビスケットが入っている。
それは1枚1ルピーで(どうして円じゃなくてルピーなんだ!)、
食べた分だけ自己申告で精算する仕組みだ。
ときどき、数ヶ月分もツケが溜った客もいるが、
それでも平然とビスケットをつまみ、チャイを飲む。
店のおじさんも見て見ぬふり、知らんぷりだ。
今日はしょうがの味が強すぎるとか、
今日はカルダモンを入れ忘れているとか、
チャイの味は日によってまちまちで、
それほど絶品というわけではないのに
いつ訪ねても、必ず客がひとりはいる。
夜、わたしが会社から帰ってくるとき、
曲がり角を折れると道の向こうにチャイ屋のあかりが見え、
冬には、店の前でたき火の炎が揺れていることもある。
わたしはおじさんの前に立ち、
ただいまの代わりにチャイを1杯注文して
それをちびりちびりと飲んでから部屋に入るのだ。
そういえば、インド人の仕草でいつ見てもかっこいいと思うのは
チャイグラスをそっと持つ、右手の柔らかい手付きだった。

どうしてだろう、昔はチャイ屋になりたかったが、
いまはむしろ、チャイ屋の近くで暮らしたい。

tabijitakuさんのブログから、お題をいただきました。
by asian_hiro | 2008-10-06 23:10 | 日々のこと | Comments(20)
Commented by hi-vison_1103 at 2008-10-06 23:08
いつもいつも、えー写真や〜(^ー^)
お葉書、ブログの方に載せて、「ハレルヤ!」とコメントしたのですが、見てなかったらごめんしてくださ〜〜〜〜〜〜い!
カフェオレ系、いつかまた期待しててね!
ワタクシもカメラの勉強を始めましてん(^。^)
面白いですねーーーーーっ!byくろべ〜@ちゃんと着いてるのにきちんとしたお知らせがおくれました!
Commented by asian_hiro at 2008-10-06 23:17
>hi-vison_1103さん
こちらこそ、「ただいま」の報告が遅くなりました。
そしてたったいま、「ハレルヤ」のコメントを拝見しました。
あのハガキを書いたわたしと、いまのわたしがつながっていると
なかなか信じられない部分もありますが、
なんだかとても懐かしい気持ちになりました。
いつも、ほんとうにありがとうございます!
Commented by さや at 2008-10-06 23:52 x
文房具のお店がいいな。きれいなペンとかノートとか見ているだけで幸せです
Commented by hearty at 2008-10-07 07:58 x
hiroさま
チャイ屋さん!いいですねえ。
私はBARバール;イタリアで言うところのカフェ。
朝一杯のカフェ、帰りには軽くアペリティーヴォ。
それぞれがメニューにない飲み物や飲み方をリクエストしてもササっと。

CIAO come stai?
たったそれだけの会話ができる幸せ。
東京では覚えきれないような長い名前のコーヒーで、
バイトの店員さんが入れ替わり立ち代わりでさびしいですもの。
Commented by b_nomad at 2008-10-07 19:00
うんうん、うんうんと頷きながら読みました。
「どうしてだろう、昔はチャイ屋になりたかったが、
いまはむしろ、チャイ屋の近くで暮らしたい。」
というのにも大きく頷いて(笑)

モロッコの住処の一階にあった小さな乾物屋で、毎朝パン屋が
配達に来た丸いパンを買って、朝食に食べていたのを思い出しました。
チャイ屋さんや中華のお粥屋さんもいいな。
Commented by tk-cafe at 2008-10-07 23:24
お久しぶりです!
チャイ屋さんなんて素敵ですねー!冬とか秋なんかは毎朝飲みたいで
す。
ちなみに僕ならアパートの1階に沖縄のスパムおにぎりを売ってるお
店があれば最高ですね。毎朝2個は平らげます。
Commented by gon at 2008-10-08 07:25 x
チャイ屋いいですね。

一階にチャイ屋とパン屋。
向かいに居酒屋。
はす向かいに市場があれば・・・・・

幸せの空間です。
Commented by じじ at 2008-10-08 09:34 x
インドでいっぱい飲んだけど、覚えているのは3か所のチャイ屋さんです。
1、カルカッタの素焼のコップのチャイ屋さん。飲み終わると地面に捨てちゃうのが衝撃的でした。
2、冬のマナリに向かうバスで凍え、休憩に停まった所にいたチャイ屋さん。あのチャイがなければ病院沙汰だったかも…。
3、ダラムサラーで何の工夫もせず日がな一日座ってるだけの物売りを、
私もまた何の工夫もなくチャイ飲みながら眺めていました。

hiroさんちの1階のチャイ屋さん(架空)は、どんな印象をオラにくれるだろうか・・・。
Commented at 2008-10-08 10:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomily at 2008-10-09 00:33
hiroさん、おはようございます^^
チャイ屋さん、日本の風景には考えづらいけれど(一枚1ルピーなんて言ってるし!)、とってもhiroさんらしい答えですね。
私ならなんだろう。。。。って考えたら、もうそれは言うまでもなく答えは決まってて、想像するとどんどん楽しくなったので、当ブログにて記事にさせていただきました。
リンクも勝手にいただいてしまって、事後報告となってしまい、ごめんなさい^^;

わたしも昔はパン屋さんになりたいって思ってたのに、今はベーグル屋さんの近くに住みたいって思うようになってます^^
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:27
>さやさん
わかります。
わたしも先週末、素敵な文房具屋さんへ行きました。
とても狭いお店でしたが、宝箱みたいにおもしろいものや
かわいいものがぎっしり詰まっているお店です。
その上はアパートのような集合住宅だったので、
いま、ふとそのお店を思い出しました。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:28
>heartyさん
日本では、そういう文化ってカフェではなく、
立ち飲み屋さんとか、飲み屋さんの方にあるのかもしれませんね。
バールはわたしも大好きです。
家の下がバールだったら、朝と晩、2回通いそうです。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:30
>b_nomadさん
家で朝ごはんを食べるのもいいけれど、
喫茶店とかファミレスとか、外で食べると
なんだかとても贅沢しているような気分になりますね。
一階がおかゆ屋さんというのもいいな!
店の前には丸テーブルを並べたいです。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:31
>tk-cafeさん
わたしはスパムという食べものを、大人になって
というより、つい数年前にはじめて食べたのですが、
まだスパムのおにぎりを食べたことがありません。
写真では見たことがありますが、下駄みたいなものですよね?
スパムおにぎり屋さんのメニューはそれひとつで
単品勝負でしょうか。いさぎよいお店です。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:32
>gonさん
わたしは、パン屋さんは歩いて5分の圏内にあって欲しいなと
思います。
小銭を持って買いに行くのが楽しいから。
家の一階が市場だったら、ということも考えました。
それも朝からにぎわっていいですよね。
そんな空想(妄想)をしていると、あっという間に時間が
過ぎます。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:35
>じじさん
インドをぐるっと一周してカルカッタに辿り着くと、
いつでも、なんだかとても懐かしい気がします。
それは初めてカルカッタに着いたときから思っていたことで、
あの町は物価も安いし、イギリス風の建物も少し残っていて、
昔ながらのインド、
これぞインドという感じがするんだと思います。
そこで飲むチャイは、たしかにおいしかった。
素焼きのコップで飲んだのは、カルカッタだけです。
わたしのチャイ屋はどんなお店になるんだろうな。
看板もなく、近所のひとの寄り合いみたいになっているかも
しれません。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:36
>鍵コメントさん
すばらしい!
わたしもそこに住んでみたいです。
そして、ご紹介いただいた集合住宅は
以前、天然生活だったか、リンカランだったか、
なにかの雑誌で読んだときから行ってみたいと
思っているところです。素敵ですよね。
Commented by asian_hiro at 2008-10-09 06:39
>tomilyさん
こちらはいま、朝になりました。おはようございます。
ベーグル屋さん、読みましたよ!
tomilyさんのベーグル屋さんがオープンしたら
日本から飛行機に乗っておじゃまします。
プレーンにクリームチーズ、
またはプレーンにバターとはちみつ、
ときどき、シナモンレーズンにメープルウォルナッツの
クリームチーズを注文すると思います。
ベーグルはやっぱりアメリカンサイズがいちばん!
Commented by amara at 2008-10-29 19:01 x
5月 開いたばかりの ガンガゴートリ    半ズボンTシャツで   現金は ほとんどなく チェックを両替して 服を買おうと おもうが ローカルバンクでは チェックの両替は してくれない。。

しかたなく ゴームクへの 道を 歩く  saduでさえ 靴をはき 毛布をかかえてる ヒマラヤ 標高 3500。。
歩いていると 雪が。。。 寒さに震えながら やっと着いた 寺院 ここでの 一杯のチャイの おいしかったこと。。。

うえのような チャイ屋 やってみたいですね。。。
Commented by asian_hiro at 2008-10-29 22:58
>amaraさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
わたしがゴームクへ行ったのは6月でした。
5月なら、もっともっと寒かったんでしょうね。
しかも半ズボンにTシャツ…。
昼間はよくても、きっと夜は冷えたでしょう!
わたしはゴームクのチャイ屋に泊まったのですが、
重く、湿った布団を思い出しました。
<< profile 通過点 >>