アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
足跡
たとえ、待っていたわけではないとしても、
見つけてもらった瞬間から、その過去は待ち時間になるのだろうか。
c0001023_6505924.jpg

「はじめて、あなたの足跡を見つけました」
旅に出ている友人からメールが届いた。
なんだろうと思って読むと、
宿で読んだ情報ノートに、わたしの寄せ書きを見つけたとのこと。
レバノンにあるその宿は、看板もなにもなく、
ふつうの民家に下宿させてもらうようなところなのに、
わたしもその友人も、よくその宿に出会ったものだ。
友人が送ってくれた寄せ書きの写真は
まぎれもなく、わたしの文字。
市場で見つけたお菓子のことを、へたな絵をまじえて書いていた。
そうそう、これ、おいしかったんだよねえと懐かしく思い出す。
気がつけば、5年も前のことなのだ。

宿帳のなかのわたしは、わたしの分身。
見つけられることを待っていたわけではないけれど、
友人がその文字に出会った瞬間、
わたしの旅もふたたび動き出したような気がした。
by asian_hiro | 2008-09-11 07:07 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by tabijitaku at 2008-09-11 07:43
「ずっと」と「ずうっと」日本語力すごいですね。
Commented by HARU at 2008-09-11 22:49 x
hiroさんおかえりなさい。
久しぶりの日本での生活、いかがでしょうか?

旅先での、5年前の足跡を見つけてもらえたこと、本当に嬉しいですよね。
僕にはそんな経験はありませんが、気持ちがよく分かります。
旅で過ごした時間が、自分にとって宝物ですからね。
Commented by naomi at 2008-09-11 23:45 x
とうとうブログへジャンプ!ピョンピョ~ンと。
時差のない hiroさん、こんばんは。

レバノンへも行かれたのですね。
昨年、中東を訪ねた際、レバノンにも立ち寄りたかったのですが、
情勢を考えてあきらめました。
約10日で、ヨルダン・シリアを駆け足で回り、おまけに1泊ですが
ドバイにも滞在し、アラブの人々に色々助けていただきました。
(すいかをご馳走になったり車に乗せてもらったり。あまり人に言えません...。)

hiroさんのブログを見て、私の旅も動き出した気がしました。
さぁ、旅に出掛けましょう!

Commented by プロの中華料理人ヘルシーレシピ at 2008-09-12 11:21 x
はじめまして^^

悟ると申します。

検索でいろいろと調べていたらたどり着きました。

ブログの記事を何気に読んだら
とてもいい内容だったので
コメントしました。

また、遊びに来ますね。さとる
Commented by タナカユキエ at 2008-09-12 20:18 x
おお!遂に、帰国だね。ひさびさに日本に立ち寄り、だね(笑)。
こちらも先日、Hiより帰国しました、って、
こちらはたかだか2weeksの旅ではございますが…。

香りと温度と湿度と風、そして音まで伝わってくるかのような
daiaryは、一種の芸術だと思いまーす。さすが、だぎゃ。

こちらはヒマラヤの風景を胸に、辞書を片手に、
MATTHIEU RIGARDの『HAPPINESS』と格闘中。
また違った触発を起しに、お時間があるときにでも、お誘いくださいまし。
日中、いくらでも時間作れます(笑)



Commented by asian_hiro at 2008-09-12 23:28
>tabijitakuさん
わたしもそう思います。
「ずっと」と「ずうっと」。
「う」にちからがこもりそうです。
Commented by asian_hiro at 2008-09-12 23:30
>HARUさん
旅で過ごした時間も宝物だけど、
いま、ここで過ごしている時間も同じように宝物ですね。
旅も日常も、境目なく続いているような気がします。
HARUさんにとっては、親子3人で過ごす時間が
きっと何にも勝る宝物なのでしょうね。
Commented by asian_hiro at 2008-09-12 23:33
>naomiさん
わたしもシリアに着いた当日、車でイエメン大使館まで
案内してもらいました。
バスに乗ったら「あなたはわたし達のお客さんだから」と
バス代を受け取らなかった運転手さんもいました。
レバノンは、わたしのなかで魔女の宅急便の世界です。
いつか、naomiさんも再トライできるといいですね。
Commented by asian_hiro at 2008-09-12 23:36
>プロの中華料理人ヘルシーレシピさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
なんとも惹かれるお名前で、ついブログを見入ってしまいました。
これから、参考にさせていただきます!
もちろん、プロの味には到達しなくても、
セミ・セミ・セミプロ(もどき)になるように…。
Commented by asian_hiro at 2008-09-12 23:37
>タナカユキエさん
ひさしぶり!
去年、ニューヨークからメールを送ったんだけど
なぜか戻って来てしまったのよ。コメントをくれてよかった。
今度こそ、会えるといいな。
Hiの話もブータンの話も聞きたいです。
<< 鍵盤 幼稚園 >>