アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
安定
守り、守られる。
c0001023_2356763.jpg

「オーケストラって、オーボエの音でチューニングするんだよね」
「そう」
「それって、オーボエの音が安定しているから?」
「ううん、逆。
不安定だから、みんながそれに合わせるの」
そう口にした瞬間、こころのなかでなにかが跳ねた。
不安定を土台とする秩序は、
もはや不安定でも危なげでもないのだろう。
そこに、誰かの存在が加わるかぎり。
by asian_hiro | 2008-07-20 00:13 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(14)
Commented by az at 2008-07-20 01:32 x
hiroさん おかえりなさい!

「不安定だから、みんながそれに合わせるの」
この一文を読んで、
私もこころのなかのなにかが跳ねました。

今までやってきたこと
これでよかったんだな、って思えました。
ありがとう!


hiroさんの日々の幸せを願って。
Commented by asian_hiro at 2008-07-20 01:49
>azさん
おひさしぶりです。コメント、どうもありがとう!
自分自身でこの文章を書きながら、
azさんのコメントを読んで、
ああ、まちがいではなかったのだと
心になにか明るいものが跳ね返って来た気分です。
こちらこそ、どうもありがとう。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
Commented at 2008-07-20 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gon1442 at 2008-07-20 12:22
おかえりなさい。

オーボエの気持ちを考える、心を感じる

そんな気持ちがみんなあれば

世の中、もっと幸せな世界になるんでしょうね。

おかえりなさい(^_-)
Commented by masa_kanpon at 2008-07-20 21:59
お互いの存在をお互いが必要と感じれるように。
誰もが完璧ではないので。
誰もが弱さを持っているので。
改めてそんなことを感じました。
Commented by HARU at 2008-07-20 22:37 x
hiroさん、おかえりなさい。

うちも娘が生まれてから家庭が安定したように思います。
(生まれる前が不安定だったわけではありませんが(笑))
娘は感情も行動も不安定そのものだけど、家族の安定のためには欠かせない存在。
子はかすがいって、ホントですね。
Commented by らくだ at 2008-07-21 07:54 x
 おはようございます。お帰りなさいっ♪そろそろ、お帰りかしらぁ~??と思って覗いたら「やっぱりっ!!」って感じでした。 私は、この文章の意味が解らず一瞬、考えてしまいました。日頃から何もかも「完璧」にしようとしていたのかも知れません、出来ないのにっ(笑)。不安定でもいいんだから毎日楽しく、笑って、皆と互いにバランスとってゆこぅ。っと解釈しました☆・・でも、すでにもう誰かが(皆が)加わって私に合わせてくれてるかも。。ともふと思います。
Commented by takusukila at 2008-07-21 10:46
hiroさん、こんにちは! ブログ復活、嬉しいです~~♪

hiroさんの文章は、心がコトっと動くことが多いです。 この文章もしかり。

でも・・・不謹慎な事を思い出してしまいました。

オーボエと言えば、以前つきあってた彼に、クラッシック音楽のコンサートに連れて行ってもらったとき、彼が「あのフレンチ・ホーン演奏者、うまいな」と言ったとき(@英語)、「え??どうして彼がフランス人だと分かるの????」とマジで聞きなおして、彼に大笑い(演奏中だったので、笑をこらえるのに、すごい大変そうだったけど)されたのを思い出しました(笑)。

hiroさん、ブログをリンクさせて頂いていいですか~? 宜しくお願いします。
Commented by asian_hiro at 2008-07-21 10:52
>鍵コメントさん
「おかえりなさい」を、どうもありがとうございます。
じっとり暑いのは、こちらと一緒ですね。
扇風機の風も、熱風となってきました(笑)
どこまで耐えられるか、自分に挑戦中です。
Commented by asian_hiro at 2008-07-21 10:54
>gon1442さん
gon1442さんも(遅くなってしまいましたが)
イタリアからおかえりなさい。
イタリアでは、たくさんのおいしいお酒に
出会えたのでしょうか。
わたしは、ベニスで運河に落ちたという思い出がありますが、
ぜひ、また出かけたいところです。
オーボエの気持ちを考える、いつでもそういう想像力を
持ち続けたいなと思います。
Commented by asian_hiro at 2008-07-21 10:56
>masa_kanponさん
わたしは、masa_kanponさんのブログで
家族の暖かさとか、大切さとか実感しています。
ネパールに似た山並みも、とてもきれいですね。
日本のやさしい自然の景色と暖かい家族の風景、
いつもありがとうございます。
Commented by asian_hiro at 2008-07-21 10:58
>HARUさん
以前、いただいたHARUさんのコメントで
「娘がお嫁に行く日を想像すると…」とあったのを
いま、思い出してしまいました。
それまでの毎日、かけがえのない日の連続ですよね。
なんだか、素敵な家族のひとこまが見えたようなコメント、
どうもありがとうございました。
Commented by asian_hiro at 2008-07-21 10:59
>らくださん
わたしも完璧ではないのに、(妙なところだけ)
完璧を求めてしまいがちです。
でも、自分の気づかないところで
自分に合わせてくれているひとがいるんだということも
忘れちゃいけないんだろうな、と思います。
1ヶ月のお休みを終え、戻ってきました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by asian_hiro at 2008-07-21 11:01
>takusukilaさん
フレンチホーン、たしかにフランス人かと思っちゃいますよね。
そういえば、オーボエの仲間にイングリッシュホルンと
いうのがありますが、
どうしてこれがホルンなのか、いつも疑問でした。
ちなみに、それを演奏するひとはイギリス人ではありません。
リンク、こちらこそどうぞよろしくお願いします!
<< 1ヶ月 日常 >>