アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
生活
住むところと、旅するところ。
c0001023_22451163.jpg

住むところは、
緑が豊かで、川が流れて、空がひろくて、
いつでも風が吹き抜けるところがいいなと思う。
だけど、旅するところは、
騒々しくて、埃くさくて、いろいろなひとがごっちゃに暮らすところが
いいなと思う。

住むところは、
近くにパン屋さんがあって、毎朝、焼き立てのパンを買いに行って、
お店のおばちゃんと「おはよう」と挨拶できるところがいいなと思う。
だけど、旅するところは、
屋台がずらりと並んでいて、女性なんてどこにもいなくて
そこは働くおとこたちのパラダイスで、
みんなひたすら飯をかきこんでいるところがいいなと思う。

住むところは、
春にはチューリップが咲き、夏には花火をして、
秋にはいちょう並木の下を歩き、冬には時折、雪合戦ができるところが
いいなと思う。
だけど、旅するところは、
年中30度を越すような猛暑で、日陰を探しつつ通りを歩いて、
ときどきモンスーンに襲われながら、
雨季の青臭い植物の香りを楽しめるところがいいなと思う。

いつもひとりで気ままに出かけ、
深夜バスの割れた窓から満月を見上げるような旅が好き。
だけど本当は、
どこかの町の小さな家で、あったかいコーヒーを飲みながら
たわいのないことを誰かと話すおだやかな暮らしがいいなと思う。
by asian_hiro | 2008-06-09 00:12 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(18)
Commented by N at 2008-06-09 10:45 x
自分も旅行が好きですが、やはり帰るべきところと待っていてくれる人がいるから、安心して出かけられるんだと日々感謝しています。
今回のこのエントリ、自分のことのように読ませて頂きました。
良いブログとの出会いをありがとうございます。
Commented at 2008-06-09 11:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mrs-jasmine at 2008-06-09 12:06
こんにちは。
>住むところは、
>緑が豊かで、川が流れて、空がひろくて、
>いつでも風が吹き抜けるところがいいなと思う。
>住むところは、
>近くにパン屋さんがあって、毎朝、焼き立てのパンを買いに行って…
まさにわたしの今住んでいるところがこんな感じです。
あたり前だと見過ごしてしまうのですが、あらためていい住まいが見つかったものだな…
って思ってしまいました。^^
旅は非日常が味わえるので、やはりわたしも好きです。
Commented by paris at 2008-06-09 21:16 x
そうですね。共感しながら読ませて頂きました。
Nさんのコメントにも改めて気付かされる事がありました。
旅が好きな理由がわかった様な気がします。
楽し過ぎる程の旅を大満喫している最中ても、ドコか帰省本能と言うか
巣へ帰りたい様な感覚におちいるナって.。。。
戻って来るとすぐ旅に呼ばれるナって。自然の摂理カー!
Commented by makkey at 2008-06-09 21:49 x
私も共感しながら読ませていただきました。
大切な場所は大切な人が居る場所で、
それはなんてことないけど、大切な時間を、
日々を送ることができるのだと思います。
そういう心地良い場所で過ごしてゆければ最高ですね。

ついこの間大切な人との別れがあり、今つくづく実感し、
私はそういう時間や場所を求め、大切な人は違ったものを求め、
再び交わらなかったのだなーと。

週末から旅に出ることにしました。
この日のブログを思い出しそうです。

Commented by yawaragi-tattoshi at 2008-06-09 22:53
ほんとうに。

こころが きゅっとします。


わたしも、たびはすきです。
でも、今は。
わたしが 帰ってくる場所でありたいと そう思っています。

Commented by miya at 2008-06-09 23:35 x
hiroさん お久しぶりです!
最後のところ、そうそうそうだなぁって思いながら読んでました。
ひとりぼーっと電車の窓やバスの窓から、緑を眺め海を眺め、青い空を見上げ、そして行き交う人々を眺めて・・・そんな時間が大好きです。
でもやっぱり私も、誰かとお茶でもしながら
ほっと一息、ゆったりできる場所があればいいなと思うのよね。

ああ最近すっかり旅から遠ざかってしまったなぁ・・・
何だかね、踏ん切りがつかなくなってしまったのかな。
大切な場所をまだ自分の場所だって言える自信がないのかもしれない。
でもほんとは、もうそろそろ旅に出なきゃいけない時期のような、そんな気がしてるんだけどね。

ところで、旅とパン、入れかわった?
Commented by asian_hiro at 2008-06-10 10:50
>Nさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
帰るべき場所と待っていてくれる人がいるから旅に出られる、
わたしも同感です。
今度、もし、わたしが待つ立場になったら
そのひとが安心して帰ってこられるよう、
しっかりなにかを守っていようと思います。
たぶん、人生はそうやって役割を交代しながら
うまくまわっていくんでしょうね。
Commented by asian_hiro at 2008-06-10 10:51
>鍵コメントさん
どうもありがとう。
とてもうれしい一言でした。
Commented by asian_hiro at 2008-06-10 10:56
>mrs-jasmineさん
わたしが今、住んでいるところも同じです。
自分で文章を書きながら、あ、これはこの町のことだ、と
思いました。
旅ではたしかに非日常を味わうことができますが、
本当は、毎日の日常でもふとしたタイミングで
非日常を体験することができるんですよね。
たとえば真夏日の、突然の夕立とか。
昨日の日曜日は、まさにそんな一日でした。
Commented by asian_hiro at 2008-06-10 10:59
>parisさん
「まだ帰りたくない」と思いながら旅を終えるのも、
「帰りたい」と思いながらまだ旅を続けているのも、
どちらも少し悲しいことですよね。
「よし、帰ろう」ってこころから満足して帰りたいと、
いつも旅のあいだ、思っていました。
帰省本能の高まりと旅を終えるタイミングが、
うまく重なる瞬間ってきっとあるんですよね。
Commented by asian_hiro at 2008-06-10 11:04
>makkeyさん
コメントありがとうございます。
makkeyさんのコメントを読んで、おふたりの道は
もう重ならないのかな、って余計なことですが
ふと思いました。
いまは重なっていないかもしれないけれど、
あと5ラウンドくらい回ったら、どこかで重なるかも
しれません。
ぴったり重ならなくても、高速道路と一般道みたいに
目指すところは同じかもしれません。
わたしは、機が熟せばまた会えると信じて、
旅のあいだに出会った人達と一時の別れをしてきました。
makkeyさんの状況を知らずに無責任ですが、
なんとなく、makkeyさんの機が熟すときもあれば
いいなと思いました。
お気をつけて、良い旅を楽しんでください!

Commented by asian_hiro at 2008-06-10 11:05
>yawaragi-tattoshiさん
ああ、いいな、って素直に思いました。
わたしが帰ってくる場所でありたい。
それは、わたしも思っていることです。
いつも、誰かが待っていてくれたみたいに、
今度は、わたしが待つ番なのかな、と。
Commented by asian_hiro at 2008-06-10 11:13
>miyaさん
今日、ブログに書いたこととも重なるんだけど、
ドアの向こうから出汁としょうゆのにおいがしたとき、
あ、ここはわたしの家だ、って
今までのどの瞬間より、強く実感しました。
これまで何度も自分の住所を書いているのに、
一瞬、漂って来た匂いの方が遥かに存在感が大きくて、
「ここはわたしの家」という事実を教えてくれたみたいです。
miyaさんは今もあの場所へお手伝いに行っているのかな。
社員(?)旅行がNYになること、本当に楽しみにしているよ。
ブログのタイトル、さすが!
気づいてくれてありがとう。
でも、変えたことに深い意味はありません(笑)
Commented at 2008-06-11 18:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2008-06-12 10:09
>鍵コメントさん
こちらこそ、ありがとうございます。
あの文章は、もしかしたらそのままわたし自身に向けた
ものだったのかもしれません。
でもそれに対して、そのようなコメントをいただき
とてもうれしく思います。
ありがとうございました。
Commented by inei-reisan at 2010-12-26 19:48
こんにちは。コメントは初めてです。
なんか住むところと旅するところがしっかり決まっていてとても素敵だとおもいます。
インドの旅お気をつけて。。

Commented by asian_hiro at 2011-01-05 23:10
>inei-reisanさん
住むところと旅するところはしっかり決まっている…のか
どうかわかりませんが、
自分自身はいつまでもフラフラしていて、困りものです。
でも、なんとなくやりたいことが見えてきたので
今年はそれのためにがんばろうと思っています。
遅くなりましたが、昨日、無事に戻りました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
<< 肉じゃが しあわせ >>