アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
黒パンのサンド
今日の風は、あの町の風。
c0001023_23552713.jpg

朝、アパートの扉を開けて身体に風が当たった瞬間、
ああ、これはあの町の風だと感じることがある。
こころに浮かぶ光景は不思議なほどに鮮明で、
今日の風は、雨季明けのチェンマイで、
旧市街を歩いているときの風と同じだとか、
これは、ペナンの宿の屋上に洗濯物を干しているときと同じだとか、
これは、ダラムサラの屋台で朝食を食べているときと同じだとか、
気温も、日差しも、周りから聴こえる音も
記憶のなかと今とでは、まったく共通点がないけれど、
わたしの旅の記憶には、きっと「風」という索引があって、
いつでも風から思い出をたぐることができるのだと思った。

朝食に、先日初めて出かけた町で見つけた黒パンを使って
ツナのサンドイッチを作った。
今日の風は、インドの北部、バドリナートかガンゴートリーで
寺から聴こえる鐘の音を聴きながら、チャイを飲みつつ
山を見ていたときと同じ風。
だから、ツナにも少しだけスパイスを混ぜたくなったのかもしれない。
by asian_hiro | 2008-05-27 00:07 | ニューヨーク生活・グルメ | Comments(10)
Commented by emi at 2008-05-27 06:34 x
初めまして!いつも素敵なブログだなと思って楽しみに見ています。
風から思い出すいろいろな国の話、とても共感しました。私は風じゃないけど、何かの音楽を聞いたときに思い出す国があります。どこかで音楽とその国がつながっているんだろうなーと思いました。また、あそびに来ます!
Commented by aamui at 2008-05-27 07:28
黒パン ちょっとすっぱいあの味はどうして出るのでしょうか スパイスを聞かせたくなる気持ち よく解ります おいしそう!
Commented by asian_hiro at 2008-05-27 07:33
>emiさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
音楽を聴いた瞬間に思い出す国、たしかにありますね。
きっと、記憶のタンスに音楽とその国がセットで
しまい込まれているんでしょうね。
ふとしたタイミングでそういう記憶がよみがえる瞬間、
大好きです。
また、ぜひ遊びに来てくださいね。お待ちしています。
Commented by asian_hiro at 2008-05-27 07:35
>aamuiさん
これ、東欧系の移民が多い町で買ったんです。
だから、ドイツ風の黒パンとはちょっと違って
酸味も弱いような気がしました。
でも、寒い国の人たちもこのパンをスープと一緒に
食べているんだろうな、と想像させる味でした。
Commented by masa_kanpon at 2008-05-27 21:23
僕も今の暮らしが旅とリンクする時があります。
嬉しいような、切ないような気分になります。
Commented by じじ at 2008-05-28 11:58 x
ペナンの風も、ダラムサラの風も
言われてみれば私も鮮明に思い出すことができます。
それを日本で感じたことはないけど…その時思い出さなかったのかもしれないけど。

hiroさんの文は時に、自分の旅と日常の関係やバランスを考えさせてくれます。あたしゃ~随分、両者が、バツンと分かれているみたい。
不思議なものだなあ。

黒パン、すっぱいの食べたくなりました!
この辺どこに売ってるかな~
Commented by asian_hiro at 2008-05-28 12:15
>masa_kanponさん
masa_kanponさんの生活は、きっと旅と連続している
ものなんでしょうね。
安曇野で親子3人の生活、本当にうらやましくなります。
お子さんの成長が、なぜかわたしまで楽しみです。
きっと、マレーシアの青空みたいに
のびのびとしたお子さんになるんでしょうね!
Commented by asian_hiro at 2008-05-28 12:20
>じじさん
わたしは風と同様に、音楽や色でもその国を思い出す
ことがあって、昨晩は遠くからお祭りみたいな声が
聴こえてきたんだけど、ああ、これは南インドの
カニャークマリでお寺から聴こえてきたお祈りに
似ているなあって、ずっと思っていました。
そうやって妄想の旅人になるのが近頃の趣味です。

黒いパン、ZOPFに売っているよ!
あ、でもあまり遠出はできないかな。
東京駅まで行けば、丸ビルの地下の「ユーハイム」で
ドイツパンを売っているんだけど…。
Commented by 止める at 2008-05-28 19:40 x
こういうサンドイッチを見ると、村上春樹を思い出します。
私だけでしょうか??
Commented by asian_hiro at 2008-05-29 09:44
>止めるさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
村上春樹の小説は、いくつか読んだことがありますが、
言われて「なるほどー」と思いました。
どうしてでしょう? 
このサンドイッチにちょっと北欧あたりの雰囲気があるから?
(「止める」というお名前に少しドキッとしました)
<< バス停 共通項 >>