アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
雨の写真は、撮れるのでしょうか。
c0001023_6272954.jpg

朝、起きたときはとてもいい天気だったけれど、
お昼頃から少しずつ崩れはじめ、とうとう小雨が降り出した。
それまでは本を読み、のんびりと過ごしていたのに
雨が降ると、途端に散歩がしたくなるあまのじゃく。
カメラを肩にかけ、小銭入れと鍵をポケットに入れて外へ出た。

雨の写真は、撮れるのだろうか。
そんなことを思いつつ、
目の前を落ちる透明のしずくへレンズを向けるけれど、
全然、焦点が合わない。どう、撮っていいのかもわからない。
雨を写真に残すには、水たまりとか、傘とか、花とか、
なにか、ほかのものの力が必要なのかもしれないと思ったとき、
もしかしたら、自分自身のことをきちんと知るのにも、
誰かからの言葉とか、態度とか、表情とか、
「わたし」という存在を写し出す
なにか、鏡のようなものが必要なのかもしれないと思った。
by asian_hiro | 2008-05-19 06:53 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(10)
Commented by paris at 2008-05-19 07:34 x
鏡ですかー。なるほど!!
いつもはっとはっとさせられる言葉をどうもありがとうございます。
Commented by NYC at 2008-05-19 20:30 x
parisさんと同じく、いつもはっと心に響く言葉をありがとうございます。
こちらのブログに出会えてから、たくさん大切な言葉を知りました。
周りの人の意見も謙虚に聞かないといけないなと思いました。
Commented by yumi at 2008-05-19 21:46 x
hiroさんの言葉がまさに「鏡」です。
自分にとってタイムリーでドキッとするときもあります。
写真を好きになったのも、自分はどんな写真が好きなのかを
知ることが出来たのも、hiroさんの「鏡」のおかげです。




Commented by mozukun11 at 2008-05-19 23:57
素直になると、もしかしたら『雫』だけが撮れるかもしれません。
それは自身が見えたときに、感覚で写し出すことができるかもしれません。
Commented by asian_hiro at 2008-05-20 09:22
>parisさん
コメント、ありがとうございます。
おとなにとって、子どもは自分の鏡なのだろうし、
きちんと謙虚に鏡の前に立ちたいと思いつつ…
それがなかなか難しいんですけどね(笑)
Commented by asian_hiro at 2008-05-20 09:24
>NYCさん
いえいえ、こちらこそコメントをありがとうございます。
謙虚ということは難しいですね。
先入観とか固定観念とか、いろいろなものが邪魔をします。
それでも、少なくとも「ありがとう」「ごめんなさい」は
素直に言いたいと思います…って、小学生みたいですけど。
Commented by asian_hiro at 2008-05-20 09:25
>yumiさん
わたしはyumiさんのコメントにハッとさせられることが
ありますよ。
いまでもはっきり覚えているyumiさんのコメントが
あります。
それを思い出すたび、背筋がしゃんと伸びるのです。
いつもいつも、力強いことばをありがとうございます。
Commented by asian_hiro at 2008-05-20 09:27
>mozukun11さん
mozukun11さんのコメントを読み、わたしは
「雨の写真が撮れない」と思っているわけではないということに
気づいたのです。
それを誰かに否定して欲しかったんだなあ、と。
撮れないとあきらめ、挑戦しようとしなかったのですね。
お返事になるかわかりませんが、続編とも言える文章を
今日のブログに書きました。
ありがとうございました。
Commented by tabijitaku at 2008-05-21 07:31
あるいは影とか雪跡とか。雨の日に町の排水溝にレンズを向けてみると、雨もけっこう忙しいんだなぁ、て思いますよ。雨の写真を撮るコツは、雨の日にその日いちばん「いたかった場所」でシャッターを切り続けることです…というように最近、その場でアドリブでしゃーしゃーと取って付けたような持論で周りを感心させてしまうはた迷惑なプレゼン能力のあるわたしです(はぁ?)
Commented by asian_hiro at 2008-05-21 12:14
>tabijitakuさん
なるほど、いたかった場所でシャッターを切るのね、と
思わず納得しかけたわたしです。
あぶない、あやうくアドリブに惑わされるところでした(笑)
だけど、もしかしたら本当にそうかもしれませんね。
はた迷惑なプレゼン能力を信じて、
今度、雨の日にたしかめてみます。
<< かたち コインランドリー >>