アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
夏日
一年のうち、半分は夏のままでいい。
c0001023_8574773.jpg

たった3分足らずの曲を、エンドレスで聴くことがある。
居心地のいいお店やカフェへ、毎日通うことがある。
気に入った料理を、いつまでも作り続けることがある。
何度読んでも深く心に染みる文章は、
空ですらすら言えるほど、繰り返し目で追うことがある。

大好きなものは、いつでもそばにあって欲しいし、
姿が見えなくなったら、必死でそれを追いかける。
結構、わたしって情熱家なのねと笑いながら
夏色の太陽を仰ぎ見た。
by asian_hiro | 2008-04-26 09:12 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(16)
Commented by paris at 2008-04-26 18:50 x
hiroさん。
大好きなものに夢中になっていながら
不安になったり、まだまだって虚しくなったりする時は
どうやりすごしたらいいのかしら。

hiroさんにこんな不安はないのかな・・・
情熱がたりないのかなぁ。。。。
Commented by asian_hiro at 2008-04-26 19:10
>parisさん
そういう不安、ありますよ。
むしろ、いつも不安ばかりです。
でも、それはきっと「大好き」という情熱のオマケで、
どちらかを切り離すことはできないんじゃないかと
思っています。
…なんて、割り切ることができれば簡単なんですけどね!
Commented by yawaragi-tattoshi at 2008-04-26 21:22
そうかぁ、大好きだから。

そばにあってほしいと願うのは、大好きだからなのですね。
Commented by mozukun11 at 2008-04-26 21:51
賛成です〜☆
だって好きなんだもん♪(笑)
Commented by tabijitaku at 2008-04-27 05:27
わたしは「Don't Let Me Be Misunderstood」という歌のイントロ部分の8秒を最近、弟にループしてつないでもらいました。このリズムが自分に欲しかったのです。
Commented by asian_hiro at 2008-04-27 09:10
>yawaragi-tattoshiさん
うんうん、大好きだからそばにあって欲しいと思うのは
当然のことなのでしょうね。
姿が見えないと不安になったりするのも
当然のことなのでしょうね。
Commented by asian_hiro at 2008-04-27 09:11
>mozukun11さん
mozukun11さんがもずくちゃんを愛しているように、
きっと、もずくちゃんも mozukun11さんが大好きなんでしょうね。
そんな気持ちが伝わるブログに、いつも癒されています。
わたしも猫が欲しい!!
Commented by asian_hiro at 2008-04-27 09:12
>tabijitakuさん
早速、聴いてみましたよ。
でも、同じ曲名がたくさんあり過ぎて、どれだかわかりませんでした…。
ひとつの曲のなかで、イントロ部分って重要ですよね。
そのイントロ部分を聴きたいために、何度も繰り返すことがあります。
Commented by paris at 2008-04-27 10:59 x
>「大好き」という情熱のオマケが”不安”
>どちらかを切り離すことはできない

ふむふむ。不安も情熱の欠片かって思えればイトオシイです。
情緒にバランスがあって、持たねばならないのなら、
漠然とした不安ではなく、情熱の欠片の不安を持ちたいなと思いました。

ありがとう!
Commented by takusukila at 2008-04-27 11:29
あ、NYUだ!(笑) 

hiroさんの記事は文章の魅力もさることながら、写真の場所当て(笑)も、私の楽しみの一つだったりします。 ↓のle pain quotidien、私はユニオン・スクエア近くのお店によくいきます~~♪ 
Commented by asian_hiro at 2008-04-27 11:30
>parisさん
いえいえ、こちらこそ改めて考えるよい機会を
いただきました。
ありがとうございます!
Commented by asian_hiro at 2008-04-27 11:32
>takusukilaさん
さすが! よくわかりましたね。
昨日、おとといと暑かったですよね。
今日は一気に気温が下がって、変化の激しさに負けそうです。
le pain quotidien、まさにそのお店で撮ったんですよ。
わたしは、セントラルパーク近くのお店か
グランドセントラルの近くのお店に行くことが多いです。
お店によって雰囲気が全然違って楽しいですよね。
Commented by yawaragi-tattoshi at 2008-04-27 23:09
こんばんは。NYは何時ごろでしょうか?

hiroさんのお話を目にするまで、
「どうしてこんなにそばにいてほしいんだろう。」と、
思っていました。

それで、はっとしたのです。
そうか、大好きだからなんだ。と。
Commented by tabijitaku at 2008-04-28 00:20
http://jp.youtube.com/watch?v=ajbX7CzEN-U
これです。映画「KILLBILL」のサウンドトラックで知りました。日本ではいま車のCMにも使われてます。
Commented by asian_hiro at 2008-04-28 03:47
>yawaragi-tattoshiさん
ニューヨークと日本の時差は、13時間。
わたしのノートパソコンは未だ日本時間が表示されているので、
すぐにわかります。
簡単な覚え方は、
日本時間から1をひいて、昼夜逆転するということです。
つまり、日本が午後3時だったら
ニューヨークは夜2時ということですね!

大好きなものがそばにあるとしあわせ、という気持ち。
当たり前すぎて、なかなか気づかないものかもしれませんね。
Commented by asian_hiro at 2008-04-28 03:51
>tabijitakuさん
聴きました。何度も繰り返し、聴きましたよ。
わたしはイントロの部分を知らなかったのですが、
さび(?)の部分に聴き覚えがありました。
いったいどこで聴いたんだろう?
なんだか心をつかまれるイントロで、
何度も何度も聴きたくなる気持ちが
わかるような気がしました。
<< 路上にて 深夜3時 >>