アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
深夜3時
真夜中、ひとつのこたえとともに突然目覚める瞬間がある。
c0001023_10125239.jpg

もやもやと考えごとをしながら眠りにつくと、
たとえ、身体は寝ていても
頭だけは、その問題とずっと向かい続けているのに違いない。
だから突然、夜中にぱっと目が覚めて、
ああ、こたえはこんなところにあったのかと、
気づく瞬間があるのだろう。

たぶん、眠っているうち、
こころからしがらみとか欲とか余計なものがそぎ落とされて、
これ以上、分解できないっていうところまできたとき、
ひとつの真実が、頭をぽんと蹴っ飛ばすのだ。
ほら、欲しかったものはこれでしょう、と。

昨日、深夜3時。
そのとき、手にしたひとつのこたえが
はたして結果的に吉と出るかはわからなくても
とりあえず、いまはなにか大きなものに乗りかかるつもりで
任せてみる。
やっかいなのは、それが自分のことではなく
ひとの気持ちに絡むということだけど、
まあ、いいや。
次に真夜中のこたえが出るまで、
いまは、それに賭けてみる。
by asian_hiro | 2008-04-25 10:38 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(6)
Commented at 2008-04-25 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-25 22:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yumi at 2008-04-25 23:36 x
2週間前に買った黄色いガーベラがまだまだシャンとしています。
いつもよりかなり長く楽しませてくれています。
「なにか大きなものに乗りかかるつもりで任せてみる」
ドキドキしますね。
Commented by asian_hiro at 2008-04-26 09:14
>2008-04-25 12:56の鍵コメントさん
どきっ! …なんてことになったらいいのにね(笑)
でも、当たらずとも遠からず。
さすが、インスピレーションもふたり分なのかな。
Commented by asian_hiro at 2008-04-26 09:15
> 2008-04-25 22:03の鍵コメントさん
うれしいコメントをありがとうございます。
わたしは、鍵コメントさんのブログのタイトルが
大好きです。
お見かけするたび、そうありたいと思っています。
Commented by asian_hiro at 2008-04-26 09:38
>yumiさん
わたしにとって、チューリップやひまわりやガーベラは
特別な花です。
まっすぐに立っていて、見ているだけで気持ちが伸びる気がしますよね。
いまは、そのドキドキも不安も丸ごと楽しもうと思っています。
あしたはうれしい土曜日だし、ガーベラを買ってこよう。
<< 夏日 パン屋の窓 >>