アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
My Last Supper
人生で、最後の食卓。
c0001023_1218876.jpg

あなたは、人生最後の食事になにを食べますか。

玄米ごはんと納豆とお味噌汁とか、
ありあわせの野菜の煮物とか、
自分でさっと用意した、あたりまえの食事がいい。
または、何千、何万回と繰り返した母の料理。
特別なメニューや豪勢な食事などいらない。
食べ慣れた味がいちばんいい。

どこで、誰と食卓に着きますか。

ひとりで。
または、誰かとふたりで。
何でもないような表情で、
この先、ずっとこういう食卓が続くんだよっていう顔をして
いつもと同じ席に着きたい。
食べ終わって、箸やマグカップを元の位置に戻すまで
まるで、昨日の焼き直しかと思うくらい
笑っちゃうほど、ふつうがいい。

そこには、どんな音楽が流れていますか。

たぶん、音楽は要らない。
家の外を走る自転車の車輪の音とか、
家路を急ぐひとたちの靴音とか、
耳を澄ませなければ気づかないくらい微かな風とか、
そんな音が聴こえたら、それだけで十分。


"My Last Supper"
50人の有名シェフたちが語る、「最後の食卓」を集めた本。
あるひとは、一番弟子の握ったお寿司が食べたいと言った。
あるひとは、妻とクラシックを聴きながら食卓に着きたいと言った。
あるひとは、そこに水と川の音があればいいと言った。
わたしは、一瞬、インドのチャイ屋の店先で、
インド人のおしゃべりに耳を傾けながら
小さいチャイグラスを手に持つ自分を思い浮かべた。
そして、次の瞬間には、
日本に残してきた何の変哲もない食卓がこころに浮かんだ。
その席に着く自分。
となりにいる誰か。いない誰か。
テーブルの上にある食事。
窓の向こうに見える風景。
耳に入るざわめき。静寂。自然の音。
そんな光景を胸のなかに描いていたら、
なにかとても暖かいものが胸に迫った。
by asian_hiro | 2008-04-23 12:20 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(9)
Commented by mozukun11 at 2008-04-23 22:17
最後の食卓、それはある意味、最後の最後まで生き抜くという人間の生命力なのかもしれませんね。
生きるために食べる。そして、死ぬまでに食べる。死ぬ前に食べる。
美味しい料理の究極ともいえますね。美味しさは素材がいいだけでは食べてみたい願望は湧かないですし、その時の状況で左右されますね。
私たちはなぜ生きているのか?という問いが常にあり、
最後に食すものを考えるだけで、死への恐怖がまぎれ、安心しているのかなと最近感じました。
hiro さんが今回かかれたものの中に、きっと自分も同じようなシーンがあると思います。そういう部分、大切に思うことが重要なんですよね。
なんだか、ちょっと感動しました。
Commented by みい at 2008-04-23 22:56 x
私もふつうがいいな
自分で漬けたちょっとしょっぱい梅干しと白いご飯
パンは大好きだけどやっぱり最後はご飯がいいな
お味噌汁も丁寧に出汁をとって油揚げと菜っ葉
ひとりで静かに今まで過ごした思い出をゆっくり思い出しながら
食べたい・・・
なんか泣きたくなっちゃった
Commented by asian_hiro at 2008-04-24 09:45
>mozukun11さん
もう一度食べたいなと思う料理は世界中にたくさんあっても、
もし、それを最後に食べてしまったら、
わたしの人生に潔く幕を下ろすことができないんじゃないかと
思いました。
やっぱり、最後に「ああ、おいしかった、ごちそうさま」と
満足して箸を置くことができるのは
食べ慣れた味がいちばんですね。
たぶん、食べるということを通して、
いつでも安心感を求めているんだと思います。
Commented by asian_hiro at 2008-04-24 09:49
>みいさん
わたしは最後にパンでもいいんだけど
(おそばでも、うどんでも、冷やし中華でも)、
でも、食べる空間は大切にしたいなと思います。
旅に出ているときも、最後の食事はどこで食べようと
いつも、あれこれ悩みます。
屋台の端に座って、今まで出会ったひととか
交わした言葉とか、いろいろなことを回想しながら
食事をしたことが懐かしいです。
もしかしたら、「旅での最後の食事」は「人生最後の食事」に
つながるのかもしれませんね。
Commented by mamakarin at 2008-04-24 15:12
こんにちは。
昨日も今日も一昨日も、hiroさんの一言に胸がしんとなったり
ぎゅっとなったりじわっとしたりしています。

人生で最後の食卓。
私は何故か子供の姿で母の作った料理を
家族で囲んでいる情景が浮かびました。
やはり、食べなれた懐かしい当たり前の食事がいいですね。
自分で作るなら普通に玄米とか全粒粉の素朴なパンとか。
旅の最後の日も、ちょっと贅沢しちゃおうかなんて言いながら
結局いつも通いなれた場所でしめくくることが多いです。
↑の最後の言葉、本当にその通りだなと思います。

Commented by mamakarin at 2008-04-24 15:16
追伸: ごめんなさい、「↑」は「↑のhiroさんの最後の言葉」です。
Commented by dadaccox at 2008-04-24 17:19
こんにちは。
私は、誰と食べたいかをしばらく考えてみました。

自分の家族と。
父と、母と、おばあちゃんと、兄と、
小さな頃、当たり前の用に食卓に並んでいた顔ぶれ。
最後となると、実現不可能なんでしょうけど(笑)
でも笑いあい、その日の出来事を語り合い、もう一度ちゃぶ台を囲んで母の作った料理を食べたいなぁ。
きっと、毎日1人で食べているからそう思うのかな。
やっぱ、食事は1人より誰かとがいいですね♪
Commented by asian_hiro at 2008-04-25 10:47
>mamakarinさん
お母さんの作ったお料理が頭に浮かぶというのは
とてもしあわせなことですよね。
それだけ、たくさんの思い出があるということだから。
肉じゃがとか、さばの味噌煮とか、
おしゃれでもなんでもない、ふつうのメニューが
時々懐かしくなることがあります。
…自分で書きながら、
ちょっとホームシックになったりして(笑)
Commented by asian_hiro at 2008-04-25 10:51
>dadaccoxさん
その日のできごとを話しながらの食卓、
とてもいいですよね。
小さいころは、それが将来、とても大切な思い出になるとは
想像さえしなかったのにな。
わたしもこちらへ来てから、ほぼすべての食事を
ひとりでしていますが、
たまに誰かと食べると、なんだかホッとします。
<< パン屋の窓 リンツ >>