アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
セントラルパーク
「なぜ、あなたは走るのですか」
京劇の女優みたいなアイシャドウが印象的な中国人の女性に尋ねると、
彼女は、にっこり笑ってこう言った。
"talking to myself"
ああ、そうだ。
わたしは、これとおなじことを記事に書いたことがある。
かつて書いた言葉が、ぐるっとどこかを遠回りして
ようやく、自分のこころにすとんと落ちた。
c0001023_1044860.jpg

ひとに贈る言葉はきっと、
自分が誰かに言って欲しい言葉なのだ。
だから、それが不意に自分へ投げかけられると
なにか、とてもなつかしいものが手元に戻って来たような感じがする。
あたたかくて、心強い。
たのもしくて、ゆるぎない。
言葉はいつでも、人から生まれて人に渡り、
そしてまた、人へと返って来るのだろう。


3月になりました。
そろそろ動き出さないとね、というわけで復活します。
どうぞよろしく!
by asian_hiro | 2008-03-03 12:01 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(8)
Commented by gymshimaco at 2008-03-04 00:00
ああっ!
・・・思わず声を上げてしまいました。ジャックリーン・ ケネディの貯水池?

私、NYC行くと、よくここを周回ジョギングするんですが、ここの夕暮れが好きで好きで。
今の携帯の待ち受け、昨夏(=あの時、です ^^)の滞在中に撮ったここの写真なんですよ。びっくりしたぁ・・・。

hiroさんの写真を見て、今の私にも、何か、が戻ってきた感じ。
hiroさんは、あの、偶然にも同じ空気を吸っていた時から継続して、
まだ確かにそこにいるんですね。・・・今さらながら痛感。

祝・復活?!いつも想っています ・・・ミシマパン食べながら。(笑)
Commented by tabijitaku at 2008-03-04 07:56
最近思い出したように聴いている曲を。http://jp.youtube.com/watch?v=kc34Uj8wlmE
曲名は「Blue Rondo A La Turk」です。
わたしにとって始まりのイントロ、ピアノの旋律がすべて。ちょうどあなたの写真のように世界が動き出す感じです。

Commented by asian_hiro at 2008-03-04 10:54
>gymshimacoさん
ミシマさんのパンも、そろそろ春の装いなのでしょうか。
こちらでは、なぜかあまりパンを買うことがなく、
自作の(いまいちな)ベーグルをよく食べています。
どうしてだろう、周りにはこんなにおいしいお店が多いのにね(笑)
4時過ぎのセントラルパークは、手がかじかむほどに寒くて
まだ、春は遠いんだなあと思い知らされました。
それでも、ここへ来るといつもなにか大きなものに
励まされる感じがします。
ニューヨークへ来たばかりのときは、
この近くに泊まっていたので
わたしも毎朝走ったり歩いたりしていましたよ!
Commented by asian_hiro at 2008-03-04 10:59
>tabijitakuさん
なんて素敵な曲を教えてもらったんでしょう!
こういう、なにか胸が騒ぎだすようなイントロは大好きです。
夜に聴くのも似合っているし、休日の午後に聴くのもいい感じ。
とりあえず、今日はこの曲を聴きながら日記を書いて
ゆっくり眠ることにします。
Commented by なつ季 at 2008-03-06 15:15 x
北海道はまだ雪に囲まれていますよ。
4月になったら、私も「さて、動きだそう」って気持ちになるかな。
まだまだ準備、足踏み中です。
この気分の時期は、あせらないことが肝心かなと自分自身に言い聞かせています。
Commented by hearty at 2008-03-07 11:31 x
hiroさま
都内、花粉がスゴイです。黄砂もあるかもしれません。

"talking to myself"

答えは自分の心の中にある。
心の中にたまった思いを誰かが言語化して伝えかえしてくれたとき
「そう、それ!!」そうやって人はほっとするものです。
hiroさんの日記で、私もほっとしました☆
私の日記にリンクさせてください。ナニか不都合があったらおっしゃってくださいね。
Commented by asian_hiro at 2008-03-07 12:02
>なつ季さん
旅も、「帰ろう」と思うときに帰らないと
いつも、心をそこに残して来たような気持ちになるものです。
きっと、なつ季さんにもそういうタイミングが訪れますよ!
わたし自身も、その時が来るのを焦らずに待とうと思っています。
Commented by asian_hiro at 2008-03-07 12:08
>heartyさん
花粉、すごいみたいですね。
こちらにも花粉が飛んでいるみたいで、
わたしもそろそろ症状が出始めたのですが、
東京ほどではないと思います。
heartyさんはだいじょうぶですか?
リンクの不都合など、とんでもありません!
どうもありがとうございました。
<< シーフードのスープ アリラン >>