アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
SOHOにて
待っている事実さえ、忘れる。
c0001023_1052780.jpg

数千人、もしかしたら、数万人。
これだけたくさんのひとが目の前を行き交っているのに
足を止めるひとは、ほとんどいない。
それでも、彼は北風のなかで立っている。
まるで、景色の一部みたいに
かすかな存在感を残しつつ。

たぶん、待っているあいだは
まだ、ときが熟していない証拠。
やがて、待っていることさえ忘れたときに、
それは、手に入るのだろう。
by asian_hiro | 2008-02-05 11:04 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(10)
Commented by タッド at 2008-02-05 15:07 x
わたしは40も過ぎて、いまだに、、、というか、仕事も定まらない状態です。美大を出て、デザインの仕事から、いまではホテルのフロントにたってます。それを思うたびに自身を憂い、なげくのですが、私もかつて絵を描きにスタジオに通ったSOHOで、おしゃるとおり正直「これ、売れるの?」というものをいいおじさんが路上に広げて商売をしている。それがなぜか励まされるというか、ああいう風でもいいという気に・・そう思うのは多分、このおじさんのまわりはおじさんの時間で動いていて...なにより、傍目にはかっこいい!? こんなでもいいじゃん!って・・
・・思っているうちは手に入らない・・まさに同じようなまなざしで見ていたこと、なつかしく感じました。アリガトウ!
Commented by じじ at 2008-02-05 17:15 x
インドの道っぱたにもいますね。
来ない客をただただ待ち続ける今、明日、明後日、1年後、10年後・・・?!
と思って見ている方が途方にくれました。
でも向こうからすれば「あんた暇ね、何ずーっと見てんの」だったろうな。

待っていることを忘れたい。
忘れて、いつの間にか手に入れたい。
そういうことを、熱望します。
熱望しているうちは、なーかーなーかー来ないんでしょうね。
Commented by hearty at 2008-02-05 19:03 x
hiroさま
待っている事実を忘れる。
忘れるかどうかわかりませんが「果報は寝て待て。」そんな言葉が好きです。
報われない自分を嘆くのでなく、寝る時間のある日々に感謝する。どんなときも感謝を忘れないでいたらきっとその報せは届く。
私はそう信じてます。
Commented by EMI at 2008-02-05 20:40 x
待っている事がとっても辛く、我慢出来ない私です。。
誰かをとっても好きになってしまうと、四六時中待ってしまうから。
だから、今度は待たない恋をしたいなぁなんて思ったりしてます(笑)
最近とっても会いたいなぁって思う人が居て・・
とっても話したいなぁって思ったりして・・
心の垢も涙も自然に任せようって思ってるこの頃です。
Commented by あゆ at 2008-02-05 22:10 x
今、じっとチャンスを待ち続けている状況です。
時に周りの人に先を越され、焦ったりすることも・・・。

でも、結局は自分のタイミングで進んで行くしかないんですよね!!
今出来ることを確実にこなしつつ、時期が来るのを楽しみに待ちます。
Commented by asian_hiro at 2008-02-06 11:04
>タッドさん
もしかして、この通りを画材を持ったタッドさんも
歩いていたのかもしれませんね。
久しぶりにSOHOへ行ったんですが、
ここには独特の空気が流れているというか、
前衛的なアーティストは、
とっくによそへ移ってしまったけれど
やっぱりここにしかない世界があるような気がします。
たぶん、その世界観はひとそれぞれで
誰も共通点がないけれど、
だからこそ、自分は自分でいいのだという
潔さがあるんですよね。
Commented by asian_hiro at 2008-02-06 11:09
>じじさん
わたしがインド人を好きな理由は、
みんな、自分に与えられた運命のなかで、
最大限、しあわせになろうとしているからです。
牛追いのこどもは、牛追いという職業のなかで
一生懸命、しあわせになろうとしているし、
チャイ屋も、道化師も、物乞いも、
みんな、なにかをあきらめた上で
(それは、決してマイナスな意味ではなく)
しあわせになろうとしているんだよね。
だから、逆にわたしたちのことを
「あんたたち、暇ねー」って思うんだろうな。
そんなインド人に、いま、とても会いたいです。
Commented by asian_hiro at 2008-02-06 11:11
>heartyさん
わたしは、あたまが短絡的にできているのか、
「これじゃなきゃダメ」と、つい思ってしまうんです。
だけど、ちょっと力を抜いたら
それ以外にもたくさんの選択肢が見えて来るんですよね。
きっと、寝て待っているあいだに余分な力が抜けて、
ほんとうに必要なものが、おのずと向こうから
やってくるんでしょうね。
Commented by asian_hiro at 2008-02-06 12:46
>EMIさん
わたしは、待つことが好きです。
でも、それは「きっと来る」「たぶん来る」という
予感みたいなものがあるからで、
「来なきゃイヤだ」「来なかったらどうしよう」という
不安があるうちは、待つということを楽しめませんよね。
「待たない恋」、
それはものすごくしあわせかもしれないけれど、
ほんの少しだけ、待ったあとのよろこびも味わいたいと
思ってしまうのは…ぜいたくすぎますね(笑)
Commented by asian_hiro at 2008-02-06 12:47
>あゆさん
きっと、なにかを待つ時間が長引くということは
なにかを楽しむ時間も長引いているんですよね。
まだかな、まだかなってワクワクしながら
それがいつ叶ってもいいように、
じっくり、準備していたいですね。
<< someday Balducci'sの... >>