アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
わたしはあなたが泣いても、心配しない。
c0001023_1214493.jpg

一生続く青空はないし、
ずっと溶けない雪もない。
いつかは涙だって乾くのだから、たまに流すのもいいものだ。
そのあとに、七色の光が見えればもっといい。

わたしはあなたが泣いても、心配しない。
だけど、涙が少しずつおさまる様子を
しっかり見守っていたいと思う。
だから、安心して泣いたらいいのに!って
遠くの友へ、届くかな。
by asian_hiro | 2008-01-29 12:17 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(8)
Commented by cemia at 2008-01-29 14:12 x
『わたしはあなたが泣いても、心配しない。
だけど、涙が少しずつおさまる様子を
しっかり見守っていたいと思う。
だから、安心して泣いたらいいのに!って』

親しい人が、嬉しいこと、悲しいこと、気持ちが押さえきれなくなった時に、わたしの前で泣いてくれるほど絆の強さを感じることはありません。こういう気持ち、とてもよくわかります。
そしてわたしもまたその人の前で泣きたいときは泣けるんですもの。

Commented by EMI at 2008-01-29 19:41 x
こんなに切なくて嬉しいラブレターを貰ったら、どんなに嬉しいだろう。。
正に私が恋人に求めている気持ちだったりした。
静かに胸を貸してくれて、何を求めるでもなく、ただ泣いて。。
でも何も聞かず、そのあとはきっと元気になるし。。。
なんだかhiroさんは頼れる人みたい(笑)
Commented at 2008-01-29 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jiji at 2008-01-30 10:56 x
ともだちっていいなあ。

だから私たちは安心して、
ひとりでどこへだって行けるのですよね。
Commented by asian_hiro at 2008-01-30 12:52
>cemiaさん
この間、泣いたのはいつだったかなあとか
この間、笑ったのはいつだったかなあとか、
いろいろ考えているうちに、こんな文章になりました。
たぶん、いろいろ泣いたり笑ったりしているはずなのに
あまり覚えていないということは、
能天気だから…いやいや、当たり前に出来ているという
ことなのかなとか思ったりしています。
誰かの前で安心して泣いたり笑ったりできるって
いいですね!
Commented by asian_hiro at 2008-01-30 12:54
>EMIさん
頼れる人かどうかは疑問ですが、
頼るのがヘタだということは、認めます。
だから、逆に頼って欲しいなと思うのかもしれません。
胸を貸してもらったり、貸したり、
そういうことがお互いにできる関係っていいですよね。
Commented by asian_hiro at 2008-01-30 12:55
>鍵コメントさん
その言葉を言ってもらえただけでも、
書いてよかったなと思えます。
鍵コメントさんのところも
雨のち晴れになりますように!
Commented by asian_hiro at 2008-01-30 13:00
>jijiさん
現実に会う、会わないではなく
そのひとがそこにいるという存在感に
いつも、はげまされます。
jijiさんとも、まだ一緒にお酒を飲んでいないし、
そういうやり残したことのひとつひとつも、
いま、わたしにとってのエネルギーになっています。
帰ったらマレー料理にも行きたいね!
<< エネルギー マフィン >>