アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
クリームチーズとトマトのサンド
朝を、しっかり受け止める。
c0001023_1045317.jpg

夜の日本を伝えるメールを読んだあと、
朝のニューヨークを散歩したからかもしれない。
やっぱり地球は丸いのだということや、
太陽はこの世界にひとつしかないのだということや、
わたしたちは、いつでも朝を手渡していくのだということが、
これ以上ないってほど、リアリティを伴って心にしみた。

クリームチーズとグレープトマトを、
ZOPFのヨーグルトライにサンドして、朝ごはんに。
クリームチーズは、(少しだけ)かにの身も入った贅沢バージョン。
これで、ヨーグルトライもおしまいだけど、
おしまいはいつでも、なにかのはじまり。
再びこのパンに会うまでの、
はじめの一歩を踏んだのだと思うことにしよう。
by asian_hiro | 2008-01-13 11:09 | ニューヨーク生活・グルメ | Comments(8)
Commented by at 2008-01-13 12:36 x
ヨーグルトライ、おいしそうですね。
それにトマトの赤がとても奇麗で
眠気を帯びた眼もこれを見るとぱっちり冴えそうです。

そうそう。
昨日、ベーグルを食べてEss-a-bagelを思い出し、
NYに行ってみたいと思いました。
Commented by EMI at 2008-01-13 18:11 x
今晩は!!今日は休日でパンを食べない一日でした。でもその代わりに大好きな10穀米を食べました。。
なんか、hiroさんのページで悩み?というか愚痴ってスミマセンでした。
でも、それ以上に嬉しかったのです。そんなメールにお返事を頂いて。
やっぱり全てを受け止めようと思いました(笑)だって、心の広い女性になりたいし、自分の考えが全てではないからね。
最近本気で転職を考えていたので、今日思いきって一箇所応募に踏み切ってみました。。これからの私にワクワクしています。
hiroさんアリガトウです
Commented by asian_hiro at 2008-01-14 12:06
>禅さん
八百屋でグレープトマトを買ったときから、
最後のヨーグルトライはこれだなって心に決めました。
クリームチーズとも相性がよく、
とてもおいしかったですよ。
エッサベーグルを食べに、ぜひ、遊びに来てください!
ひぃちゃんは、まだ食べられないと思うけれど、
小さくてかわいいミニサイズのベーグルもありますよ。
Commented by asian_hiro at 2008-01-14 12:08
>EMIさん
わたしも日本では十穀米です。
これに慣れてしまうと、白米じゃ物足りなくなりますよね。
転職のこと、なにか新しい一歩を踏み出すと
それだけで世界がガラリと変わって見えますよね。
うまくいくことを祈っています!
Commented by hearty at 2008-01-15 11:51 x
hiroさま
昨日の東京はとってもとっても寒かったです。
でも寒いとうれしいのはなんででしょう。

地球は丸い
谷川俊太郎さんの詩を思い出しました。
物理的な距離はさほど重要でなく大切なのは心の距離かと思う昨今。

いくら近くにいてもまったく通じ合わない人、そこにいるから一緒にいるだけでそこを離れてしまえば好んで会おうと思わない人の方がたくさんかもしれない、、、、しかし世界のどこにいても互いを思いやることのできる誰かの存在に救われている。
hiroさんのzopfのパンをみるにつけ、そういう誰かの存在を感じて心がほっこりいたします。いつもステキな日記ありがとう。

Commented by asian_hiro at 2008-01-15 12:46
>heartyさん
わたしはずっとひとりで旅ばかりしていたので、実際に「会う」「会わない」よりも、こころの距離ばかり気にしているような感じがします。
あるひとにとっては、それが「ひとに対して無頓着」であるように見えたり、また、あるひとにとっては、「ひとに固執しすぎる」ように見えたりするそうです。
でも、ひととの距離の計り方は様々なので、いちばん自分が心地よいと思う距離感を保っていければいいのかなと思っています。
ZOPFのパンは大好きだし、食べたいときに食べられない距離で生活していることをちょっと歯がゆく思ったりもするけれど、いまも日本のあの町で、あのパンがたくさんのひとを幸せにしているのだと思うと、それだけでうれしくなります。
…って、別にわたしがパンを焼いているわけではないのに、厚かましいかもしれませんが(笑)
Commented by hearty at 2008-01-16 18:49 x
hiroさま
こころの距離ばかり気にしているような感じがするのですね。
ひとりで旅ばかりしていらしたから?
今hiroさんはニューヨークにいらっしゃるようですが、そこもtemporaryなのかなあとか、やはりアジアがお好きなのかなあとか、でも日本が好きで、ZOPFが好きで、、、
でも本当はいる場所なんてどこでもかまわないけれど、こころはいつもそこにあるということ?
それともそれとも???????
勝手にいろいろ想像してみたところです。
そうそう。
距離の計り方は様々なんでしょうし、自分が心地よいという距離感を保つこと、、、私もそれでいいんだと思いますよ。
Commented by asian_hiro at 2008-01-17 10:58
>heartyさん
わたしは今までたくさんの国を訪ねたと思っていますが、
それでも、やっぱりいちばん好きなのは日本です。
というより、日本だけは当然ですが
好きとかキライとかの次元じゃないんですよね。
それと比較すること自体、無理なんだなあと思います。
heartyさんのコメントを読んで、自分自身の立ち位置を
もう一度、考えてみようと思いました。
<< ヒヤシンス HERSHEY’S >>