アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
Come, come, whoever you are.
おいで、おいで、あなたがなんであろうと。
c0001023_15361899.jpg

Come, come, whoever you are,
Wanderer, idolater, worshiper of fire,
Come even though
you have broken your vows a thousand times,
Come, and come yet again.
Ours is not a caravan of despair.

あなたが、たとえ千の誓いを破っても、
おいで、おいで。
何度でも。

(Jalal ad-Din Muhammad Balkhi-Rumi)
by asian_hiro | 2007-12-22 15:50 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(2)
Commented by EMI at 2007-12-23 01:48 x
今夜ね、初めて会ったオジサマに全て心を読まれました。。
チョット話しただけなのに、まるで私のパパみたいに、手を握ったら懐かしい感じで。。全てを打ち明けて楽になりたかった。。
でも出来なくて、「貴方は心を閉ざしてるね、もっと殻を破らなきゃ」って言われちゃいました。。ホントは涙が出るほど嬉しくて、頼りたくて、でも出来なくて。。。久し振りに自分本位で話を聞いてくれた人だったのに。。
嫌な顔一つせずに、親身になって聞いてくれた。。。そんな人に甘えられなかった理由は。。。やっぱり信じる事が出来なかったからなんだ
Commented by asian_hiro at 2007-12-23 04:49
>EMIさん
なんとなく、わかる気がする。
全部話してしまえばいいのに、なぜかストップをかけちゃったりするんだよね。
わたしもそうです。
だけど、きっといつか話せるときがくるでしょう。
必要以上に自分を責めたり、後悔したりすることなく
自然のペースで、そんな日を待ちたいですね。
<< ameen's ove... ガーリックジェリー >>