アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
夕焼け
一日のおわりの、虹色。
c0001023_10575925.jpg

インドの山奥にある、小さな村にいたときは
見晴らしのいい丘に登って
毎日、夕焼けを見ていたよ。
草の上に寝転んで太陽が沈むのを待ちながら
空をぼんやり眺めては、つらつらと日記を書いて。
やがて、太陽がゆっくり、ゆっくり消えていくと、
空が、七色に染まってさ。
ぐるりと360度、地平線と平行して
ホント、見事なまでの虹色に変わるんだ。
遠くでは、煮炊きをする煙が見えたり
太鼓や笛の音が風に乗って流れてきたり。
おおいみんな、今日もいい一日だったよね、
あしたも、きっといい一日になるよねって
大きな声で、話しかけたい気持ちがした。
太陽は、毎日毎日こうやって
きれいな虹を残してくれていたんだね。
そんなこと、
いままで、まったく気づかなかったよ。


今日、いつもの町から遠回りして帰ろうと
ひとつ、となりの駅をめざして歩いていたら、
前も、うしろも、
右も、ひだりも、
とてもきれいな夕焼けだった。
たぶん、空はこのあと虹色に包まれたんだろうと思いながら
わたしは、地下鉄の駅へ続く階段を下りた。
by asian_hiro | 2007-11-04 11:16 | ニューヨーク生活・散歩 | Comments(6)
Commented by みい at 2007-11-04 16:45 x
きれーい!
夕焼けなんてしばらく見てないなぁ・・・
私、中途半端な田舎の小さい山に住んでます
この街があまり好きになれず都会に憧れてばかりいますが
きっとあの裏の山に登ったらきれいな夕焼け見れるかな?
なんてちょっと思いました
灯台下暗し・・・なんて言うけど随分長くこの街に住んでいますが
良さがちっともわからない。遠くからわざわざ訪れる人もいるみたいのに
Commented by tabijitaku at 2007-11-04 19:10
夕焼けを見ていると世界の空って繋がっているんだな、と当たり前のことに気づきます。ところでこれ知ってますか?http://ja.wikipedia.org/wiki/のっぽパン
Commented by じじ at 2007-11-05 10:10 x
太陽は毎日、涙がにじむような清々しさで現れて、
すべてに感謝できるような暖かさで沈んで、
その度毎回違う空の色をみせてくれるのに、
晴れてれば毎日毎日そんなすばらしいを拝めるのに、
見るのなんて年に1度がいいとこで、
昼間の空の美しさを感じる多くの機会も逃して、

それが不満というわけではないけど、
非常に非常にもったいないっていつも思っています。

ビバ!遠回りの帰り道!
Commented by asian_hiro at 2007-11-05 12:24
>みいさん
どんなところにみいさんが住んでいるのか
想像するのが難しいけれど、
でも、きっとすてきなところなんでしょうね!
きっと、地元の良さにハッと気づく瞬間がありますよ。
わたしも、なんてことのないふつうの町でしたが
ああ、とてもいいところだったなって懐かしく思うことが
たくさんあります。
Commented by asian_hiro at 2007-11-05 12:24
>tabijitakuさん
そう、世界ってホントにつながっているんだとか
地球ってホントに丸いんだとか、
改めて実感しますね。
のっぽパン、知っていますよ!
でも、食べたことはないのです。残念ながら。
こっちにも売っていないし(笑)
Commented by asian_hiro at 2007-11-05 12:26
>じじさん
もったいない、って思うだけでもいいんじゃないかな。
たいせつなのは、それに気づいているっていうことだと
思います。
どうしても、旅先の夕日が印象に残ってしまいがちだけど、
本当は、東京でもどこでも同じ夕日が見られるのにね。
わたしは、あのビルから眺める夕日や朝日や月や星も
結構、好きでしたよ。
ホントになつかしいな。
<< 朝のベーグル カップケーキ >>